アッパーマス層に到達!!!会社員が成長株と配当株の米国株と日本株でお金持ちを目指します。

アッパーマス層に到達!!!会社員が成長株と配当株の米国株と日本株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: インベスタービジネスデイリー(IBD)

先週テスラ(TSLA)株価は200日移動平均線、50日移動平均線に戻ってきました。
公式の買いポイントは1,208.10で、早期エントリーは 1,150になっています。


無題

アップル(AAPL)株価ですが、50日移動平均線にもどってきました。
公式な買いポイントは176.75 ですが、火曜日の引け値でもアーリーエントリー
は可能です。
無題
注目です。

石油銘柄ですが今までマーケットを引っ張ってきましたが、
今後はどうなのでしょうか?

無題

the SPDR S&P Oil & Gas Explorers & Producers ETF (XOP)を例にとると
⑧で下げていますが、21日移動平均線でサポートラインがあり
反発しています。マーケットが現在アップトレンドであり、
株価がもどっていることを考えると無視できないトレンドです。
マーケットがアップトレンドで、このような戻りをとることは
有効な一つとなっています。

注目です。





 

利上げとともに株価も上がることもあるようです。


無題

以下が利上げの時に強い銘柄になります。

Top S&P 500 Stocks As Rates Soar

Outperformed the S&P 500 in all four past rate hiking periods and gained 70% or more

CompanySymbolYTD stock % ch.Stock average gain during rate hikes*Sector
Advanced Micro Devices(AMD)-20.2%277.4%Information Technology
Apple(AAPL)-10.9%113.7%Information Technology
Trimble(TRMB)-22.6%93.6%Information Technology
Adobe(ADBE)-22.5%93.2%Information Technology
Corning(GLW)-0.6%80.9%Information Technology
Amphenol(APH)-14.5%73.9%Information Technology
Lam Research(LRCX)-29.0%72.3%Information Technology
Bio-Techne(TECH)-19.0%71.8%Health Care
 Sources: LPL Financial, S&P Global Market Intelligence. * - hiking periods from Dec. 16, 2015-Dec. 19, 2018, June 30, 2004 - June 29, 2006, June 30, 1999-May 15, 2000 and Feb. 4, 1994 - Feb. 1, 1995

注目です。
 

14日(月)のセルオフから、マーケットはリカバリをし、
フォロースルーディを迎えて2020年以来のベストな週を迎えました、それに加えて
強気のサインをだしている銘柄も増えてきました。


 無題

ANET stock, Juniper Networks (JNPR), Nvidia (NVDA), Broadcom (AVGO)
Palo Alto Networks (PANW) などが買いポイントに近いです。


ANET stockですが
木曜日に50日移動平均線にもどし、金曜日に上昇しましたが、まだ
買いの範囲内です。
公式な買いポイントは148.67となっています。
無題

注目です。

フォロースルーディがでたため現在マーケットはコレクションから
アップトレンドへ転換しました。フォロースルーディについては
以下リンクをはっています。


 JNPR stock 、 Arista Networks (ANET)ともに50日移動平均線へ近づいており
アーリーエントリーできるまで近くなっています。
 Devon Energy (DVN)は50日移動平均線から強気に戻ってきています。

テスラ(TSLA)ですが、いくつかの平均線を取り戻しましたが、まだはっきりとした
早期エントリーはしめしていません。

テスラ(TSLA)の公式なエントリーポイントは1,208.10です。
早期エントリーは1,150となっています。底値固めをして、ベースを
つくることがのぞまれています。

無題

マーケットがアップトレンドでいくつかエクスポージュアを増やすのは
良いですが、慎重にとインベスタービジネスデイリー(IBD)は言っています。

また、ある特定のセクターに集中投資するのも良くないようです。



フォロースルーディについて
https://www.investors.com/how-to-invest/investors-corner/what-is-a-follow-through-day/


バンクオブアメリカ(BAC)の株価のRelative Strength Rating (RSR)
が64から、 76へと上昇してきています。
過去の事実からいくとRelative Strength Rating (RSR)が80以上の
ものに投資すると大幅な上昇がとれることが
多いといえます。


無題

しかし、まだバンクオブアメリカ(BAC)は買いではないようです。
理由は50日移動平均線、200日移動平均線より下で推移しているので、
底値固めをしてベースが形成され、ブレイクアウトした時が買いのようです。

注目です。

3月15日(火)の株価上昇は印象的でしたが、まだ
マーケットは不安定です。
そのなかでセクターローテーションが起こっており、
下げているセクターは
エネルギー、マイニング、シッピング関連の銘柄はローテーション
からはずれているようで、株価は下落しています。

株価が上昇しているのはエアライン、レジャー関連、そして
底固いのがヘルスケアセクターになり、
その中でもCVSヘルス(CVS)株価は強さを見せています。

無題
注目です。

 

株価が下げているマーケットでも以下の5つの
メディカル銘柄は強さを保っているように思えます。


1.UnitedHealth ユナイテッドヘルス(UNH) 
2.Vertex Pharmaceuticals (VRTX)
3.Steris (STE)
4.HCA Healthcare (HCA)
5.ICU Medical (ICUI) 

UnitedHealth ユナイテッドヘルス(UNH)ですが50日移動平均線に戻ってきています。
501.03の買いポイントでのダブルボトムのチャートになっています。

無題

注目です。




1990年代以来で割安な銘柄の株価が伸びています。
以下がS&P500での10の銘柄になります。

Top S&P 500 Pure Value Stocks This Year

CompanySymbolStock YTD % ch.SectorDividend yield
Mosaic(MOS)50.4%Materials0.81%
Marathon Oil(MRO)43.1Energy1.22
Baker Hughes(BKR)36.8Energy2.31
Exxon Mobil(XOM)36.3Energy4.34
Chevron(CVX)33.9Energy3.64
Kroger(KR)29.9Consumer Staples1.52
Organon(OGN)26.8Health Care2.87
Archer-Daniels-Midland(ADM)22.7Consumer Staples1.95
Marathon Petroleum(MPC)20.9Energy3.00
Leidos Holdings(LDOS)20.8Industrials1.37
 Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence


S&P 500のなかで8つの配当株、PM,MO、エネルギー、生活必需品などの
以下の配当株は今年マーケットは下がっていますが、
株価はあがっています。



無題


無題

注目です。

今投資家はFAANGよりも、ハイテク銘柄よりも、インデックス
よりもあがっている銘柄に注目しているようです。

それは以下のようです。

無題

例えば、Deere & Co (DE)ですが、
昨年は50%以上あがり、S&P500がマイナスの2022年でも13%上昇しています。
無題

注目です。

マーケットラリーは火曜日も続きました。
まずアップル(AAPL)ですが、カップベースでの買いシグナルをだしています。
50日移動平均線より上に上がってきたことにより買いになっています。


早期エントリーとして、買いシグナルが点灯しているのは
 MGM Resorts (MGM)、ヒルトン(HLT)、ハイアット(H)、マリオット(MAR)
になります。来週に決算発表があります。


無題

注目です。

S&P500になっているもので、
半値になっている銘柄です。

 
CompanyTicker52-week high dateStock % ch. from highSector
Penn National Gaming(PENN)3/15/2021-70.0%Consumer Discretionary
ViacomCBS(VIAC)3/15/2021-65.5Communication Services
Moderna(MRNA)8/10/2021-62.5Health Care
Discovery(DISCA)3/19/2021-62.1Communication Services
The Gap(GPS)5/18/2021-54.7Consumer Discretionary
Twitter(TWTR)2/25/2021-53.8Communication Services
Enphase Energy(ENPH)11/22/2021-51.9Information Technology
Biogen(BIIB)6/7/2021-50.1Health Care
 Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence

年初から株価は下落していますが、
Ashland (ASH)は消費者向けのマーケットに化学物質などを提供しています。
利益は22年には27%上昇するとアナリストはみています。

株価は8週間の底値固めを得て、110.84の買いポイントより5%低いところにあります。 
8月から株価はゆるやかに回復しており、50日移動平均線より
上で推移しているので、調子は悪くないです。
 無題
無題
注目です。


先週はS&P500,ダウ、ナスダックともわずかならがに上昇しました。
S&P500,ダウは最高値更新、ナスダックは高値に近い位置にいます。

無題


注目はEV車銘柄のテスラ(TSLA)、ニオ(NIO)、シャオペン(XPEN)になります。

テスラは1,119.10 を買いポイントとする
ダブルボトムを形成しつつありますが、納品台数により
チャートはかわるかもしれません。
無題

その他の注目としてはデータドッグ(DDOG)がありますが
今ハンドル部分を形成中です。公式な買いポイントは 186.38 となっています。

無題

 注目です。

FEDの決定待ちでダウ、ナスダック、S&P 500は方向性なく
先物は動いています。
ナスダックは50日移動平均線より下に行ってしまいましたが、1日の安値よりは上を
行く形となりました。

テスラ(TSLA)は最近の安値に達しました、グーグル(GOOG)は頑張っているかもしれません、
一旦は50日移動平均線を割りましたが、こらえたようです。
エヌベィデアとAMDは抵抗線を守り切ったようです。


無題
グーグル(GOOG)株価は1.3%下がって、 2,878.14になりました。
50日移動平均線よりやや下になっています。先週やっと50日移動平均線を取り戻したばかりでした。
現在買いポイント3,019.43のフラットベースを形成中です。

無題
注目です。

マーケットラリーは起こっていますが、マーケットがまた
ひと息つく懸念もあります。それまで投資家は注意深くしていたほうが
良いようです。

 
今週とくにちゅうもくすべきは、
アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、アドバンストマイクロ(AMD)
、NXP Semiconductors (NXPI)、アドビ(ADBE)
のようです。


現在 NXP Semiconductors (NXPI)は
買いポイント  227.60
のわずか下を推移していますが、マーケットトレンドがアップトレンドになれば
カップウィズハンドルを形成しているので注目のようです。
無題

注目です。

今年50%以上上昇してから、11%以上さげている銘柄は以下になります。

注目です。


 
CompanyTickerYTD stock change% change from highDate of 52-week highSector
Moderna(MRNA)188.6%-39.4%Aug. 10Health Care
Generac Holdings(GNRC)78.7-22.5Nov. 2Industrials
Mosaic(MOS)50.5-19.9Oct. 20Materials
Occidental Petroleum(OXY)71.3-17.1Oct. 26Energy
Nucor(NUE)102.2-16.5Aug. 13Materials
APA(APA)84.5-15.9Nov. 8Energy
DexCom(DXCM)51.5-15.0Nov. 18Health Care
Gartner(IT)98.8-13.7Nov. 2Information Technology
CF Industries(CF)53.2-12.9Nov. 18Materials
Tesla(TSLA)53.7-12.8Nov. 4Consumer Discretionary
Fortinet(FTNT)110.8-11.9Nov. 8Information Technology
EOG Resources(EOG)73.6-11.9Nov. 8Energy
Marathon Oil(MRO)133.6-11.4Nov. 8Energy
Simon Property Group(SPG)78.1-11.3Nov. 18Real Estate
S&P 500 21.9-2.7
Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence

12月は通常S&P 500の株価は底堅いです。
1950年以降だと12月は1.5%上昇しています。


マイクロソフト(MSFT)は12月通常マーケットをビートしているようです。



無題
以下が注目の銘柄になります。
 

Top S&P 500 Stocks In December

They beat the market during the month in each of the past five years

CompanyTickerSectorDec. 2016Dec. 2017Dec. 2018Dec. 2019Dec. 2020Dec. Avg.
CF Industries(CF)Materials8.8%13.5%3.1%3.3%3.8%6.5%
Hilton Worldwide(HLT)Consumer Discretionary8.5%3.0%-5.0%5.6%7.4%3.9%
Marriott International(MAR)Consumer Discretionary5.0%6.9%-5.6%7.9%4.0%3.6%
Sysco(SYY)Consumer Staples4.0%5.2%-7.0%6.2%4.2%2.5%
Microsoft(MSFT)Information Technology3.1%1.6%-8.4%4.2%3.9%0.9%
S&P 500 1.8%1.0%-9.2%2.9%3.7%0.0%
Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence




ホリデーシーズンが始まりましたが、終わりは特に、小売り、エネルギー、旅行関連の
銘柄にとっては酷い週でした。そのなかでも
カナダのトラック会社のTFI International (TFII)は耐えた銘柄でした、
10週移動平均線のサポートもあり、堅調でした。
ライバル会社のArcbest (ARCB) もパフォーマンスは悪くありませんでしたが、金曜日には
急落しました。

 無題

TFI International (TFII)は10月28日に決算をおえて、116.60のエントリーポイントでの
カップベースを形成し、 120.18を記録してから、その後はヨコヨコになっています。


無題


注目です。

アップル(AAPL)のセルオフがありましたが、インベスタービジネスデイリー(IBD)
ではダウのベストの買いとウォッチリストを作成しています。

無題


 以下が注目すべき銘柄になります。

Best Dow Jones Stocks To Buy And Watch

Company NameSymbolClosing Price2021 YTD Performance
American Express(AXP)173.78+43.7%
Apple(AAPL)149.80+12.9%
Disney(DIS)169.07-6.7%
Goldman Sachs(GS)413.35+56.7%
Merck(MRK)88.05+12.9%
Microsoft(MSFT)331.62+49.1%
マイクロソフト(MSFT)ですが
買いポイントの
305.94を超えて、きていましたが、現在一息ついているようです。

無題

次の買いに入る前に、マーケットトレンドがアップトレンドなのか調整中なのかいインベスタービジネスデイリー(IBD)のトレンドをチェックするのが良いようです。

注目です。

ハイテク銘柄は下げ、22日はミックスしたパフォーマンスでした。

ジョーバイデンによるパウエル議長の再任の発表がありましたが、
10年債の金利は1.58%から1.63%へ急上昇しました。

無題

強かったセクターは銀行株、そして、ニューコア(NUE)でした。

 119.42のエントリーポイントでカップウィズハンドルを形成しています。


無題
注目です。

EVマーケットは引き続き熱いです。
リビアン(RIVN)、ルシード(LCID)は引き続きマーケットを
牽引し、Xpeng(XPEV)、リオート(LI)は現在買いとして
行動可能になっています。


 無題



リオート(LI)は34.93 の買いポイントでカップウィズハンドルを形成中です、そして
50日移動平均線よりリバウンドしてきたので、アーリーエントリーの
シグナルをだしています。


無題

今のような状況では買いエントリーポイントから上がってから買うのではなく、
50日移動平均線よりリバウンドした時のように早めにエントリーするのが良いようです。

注目です。

株を単に買うのは簡単ですが、いい銘柄を選ぶのは簡単ではありません。
ウォッチリストのなかで、インベスタービジネスデイリー(IBD)が
あげている5つの銘柄は以下になります。

1、Alphabet (GOOGL),
2、Airbnb (ABNB)
3、Target (TGT),
4、Dick's Sporting Goods (DKS)
 5、Eli Lilly (LLY) 



ターゲット(TGT)ですが、262.61
の買いポイントでカップウィズハンドルを形成しています。

無題


DKSは140.95 
の買いポイントを持っています。

無題
注目です。

今日のダウは先物で少し上がっています。
決算発表後の株価の注目としてはディズニー(DIS)、アファーム(AFRM)、SOFI
などがあります。そして、テスラ(TSLA)も注目です。

アップホールディング(UPST)は水曜日に売られました。
アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、グーグル(GOOG)も売られました。

リビアン(RIVN)は29%も上昇し、100.73までいきました。
時価総額はGMと同じくらいで、フォード(F)より上になっています。


無題

本日の株価をみて、上がっていくなら、ホールドしていくのか、調整に向かっていくようなら、
利益を確定していくのか
検討していくのがいいようです。

↑このページのトップヘ