アッパーマス層に到達!!!会社員が成長株と配当株の米国株と日本株でお金持ちを目指します。

アッパーマス層に到達!!!会社員が成長株と配当株の米国株と日本株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: インベスタービジネスデイリー(IBD)

1、 Johnson & Johnson (JNJ)
2、Merck (MRK)
3、UnitedHealth,
4、BJ's Wholesale Club (BJ)
5、Dollar Tree (DLTR),
6、Northrop Grumman (NOC) 
7、Quanta Services (PWR) 
が注目の銘柄になります。
 
BJ's Wholesale Club (BJ)ですが、67の買いポイントでカップウィズハンドルを形成
しています。



無題
注目です。

引き続き厳しい状況にある米国株ですが、
以下の銘柄は買いレンジにあるようです。

1、UnitedHealth (UNH) 
2、Centene (CNC) 
3、Humana (HUM)
4、Option Care Health (OPCH) 
5、Shockwave Medical (SWAV)

UnitedHealth (UNH) はガイダンスも良く、株価も5%上昇しました。
カップウィズハンドルを形成し、 518.80 の買いポイントのちょうど上に位置しています。
50日移動平均線より上にきており、強いパフォーマンスをだしています。


無題

注目です。


 

 Cross Country Healthcare (CCRN) はAMN Healthcare Services (AMN)の
仲間入りを果たしました。

Cross Country Healthcare (CCRN) はダブルボトムを形成して
24.6の買いポイントを再度取り戻しました。買いゾーンは26.3までとなっています。


無題

ダウントレンドの銘柄ではなく、このようなブレイクアウトしている
銘柄に注目です。

今年はインデックスは下げていますが、中には堅調な銘柄も
あります。以下がNYEでの買いの銘柄になります。



 1、AbbVie (ABBV)
 2、ブリストルマイヤーズ(BMY)
 3、KBR(KBR)
 4、Flex LNG (FLNG)
 5、ハーシー(HSY)

になります。
例えば、ハーシー(HSY)はディフェンシブ銘柄ですが
2021年3月のブレイクアウトポイント
155.59を超えてから、49%上昇しています。

無題

注目です。

S&P500から60%で、債券で40%のポートフォリオを組むのが
かなり安全といわれていました。

 
しかし、22年は以下のようなパフォーマンスで悪いです。



無題

このようなポートフォリオでも長期的でやるとよいようです。

2022年はインフレ懸念やFRBの鷹派など
マーケットは難しくなっています。

このような時こそ、よい銘柄を選ぶのが大事になっています。

今注目すべき5つの銘柄は以下の5つです。

1、Northrop Grumman (NOC)
2、Dollar General (DG)
3、BYD (BYDDF)
4、Sociedad Quimica Y Minra (SQM) 
5、Vertex Pharmaceuticals (VRTX) 


 無題

2022年に18%上昇しているということからも
注目です。
無題

インフレ時に間違ったアセットクラスを持っていると資産も減っていくようですが、
インフレ時には石油関連と新興国株が伸びやすいと過去のデータが
あるようです。



 無題

注目です。

投資の世界でも、バトルの世界でも一番といっていいほど大事なのは
ダメージコントロール、すなわち損切りとなります。

損切りは8% -10%くらいで設定しておいたほうがいいようです。
上昇マーケットの時は15%もありかもしれませんが、2022年はそれは
ないとおもいます。
損切りを好きな人はいません、しかしロスは少ないほうがいいです。


下の図でもわかるように買いねの8%のロスだけだったら、そこから
8.7%あがれば、取り戻すことができますが
50%株価が下がった場合はそこから100%上げなければ、ロスをとりもどす
ことができません。それがどれだけ難しいかというと、あなたは100%上昇した
株をあなたはいくつみつけることができましたか??


 無題


例として、ユニティ(U)ですが、一度ブレイクアウトしていますが、
そこから急落した時、損切りしていれば、そこでおわりで
最小限のロスで押さえられることができました。


無題


投資の難しいところはベアマーケットの後にチャンスが多く到来するということです。
しかし、多く負けてしまった投資家はその時に投資する資金がないか、また負けたくないという
ことで投資できません。そこからも負けは回数は多くとも、小さく、して
大きく勝つということが重要のようです。


伝説的なウォーレンバフェットも完璧ではないようです。


 無題


特に負けているのが以下の銘柄になります。

無題



今買い候補にいれられる銘柄は5つあるようです。

Apple (AAPL), Raytheon Technologies (RTX), Shell (SHEL), Cheniere Energy (LNG) 、 Marriott International (MAR) になります。


マリオット(MAR)ですが、カップウィズハンドルで買いゾーンの範囲にあります。
公式な買いポイントは179.40となっています。

株価は5週間上がった結果、移動平均線より上で推移してきました。

無題


 注目です。無題

ウォールストリートのアナリスト達は比較的3月のアップル四半期決算
についてサプライチェーンの不安定さや、マクロエコノミックの先行きに不安があるものの
楽観的でいるようです。
アップル(AAPL)株価はマーケットセルオフでも比較的、株価を保っているようです。

バンクオブアメリカ(BAC)のアナリストはアップル(AAPL)株価を
215ドルに設定しています。

また、アップルは $70 billionの自社株買いを承認すると規定していて、
配当も5%上げると見込んでいます。

無題


注目です。





 

ワンオーク(OKE)株価ですが、インベスタービジネスデイリー(IBD)の
Stock of the Dayになっています。
4月19日(火)に下落して 72.17 になっていますが、
買いポイント 72.47 

ワンオーク(OKE)株価は21日移動平均線に支えられていて、3%以内が
買い範囲となります。



無題

SR(Relative Strength)Lineも高く、マーケットボラティリティが高いなかでも
株価が支えられています。

また、5%以上の高配当の株ともなっています。

注目です。


現在タフなマーケット環境が続いていますが、
株価で買いポイントの近い5つの銘柄があります。

1つめはファイザー(PFE)
2つめはレイセオン(RTX)
3つめはフォーティネット(FTNT)
4つめはレイモンドジェームス(RJF)
5つめはエドワードライフサイエンス(EW)になります。

 無題
レイセオンテクノロジー(RTX)はヨコヨコが6週間
つづいていたなかで
 104.44 の買いポイント周辺に位置しています。

注目です。

2022年1月18日に記事にしたアルトリア(MO)のリラティブストレングス(RS)
が改善されているですが、その後4月までですが、株価は上昇しています。


アルトリア(MO)は長い底値ベースから、買いポイント52.69 
を超えてきているのでテクニカルでは買いとなっています。

無題


しかし、インベスタービジネスデイリー(IBD)では成長が
25%以上ある会社をすすめているので、5%,6%の成長のアルトリア(MO)は
堅実ではあるが、
基本おすすめにはしていないようです。


 

RS(リラティブストレングス)が80以上を超えている銘柄に
投資していくのがオニール流ですが、クラウドストライク(CRWD)の
株価は最近強さをみせています。


 無題
クラウドストライク(CRWD)の
株価はハンドルなしのカップを形成しています。エントリーポイントは
298.58で、売買ボリュームが40%以上平均より上でここを超えてブレイクアウトできるか
どうかが注目です。


無題


株価の指数は下げていますが、
金利上昇期待で上がっている銘柄もあります。
レイモンドジェームスファイナンシャル(RJF)の株価です。
ファイナンシャルサービスを提供するこの会社はナスダックが
21日移動平均線よりも下に推移しているのと対照的に、21日移動平均線
より上にいっています。

カップウィズハンドルを形成中で、アーリーエントリーの110.27を超え、
公式的な買いポイント114.10の近くまできています。


 無題

注目です。

ボラティリティが高いマーケットが続いていますが、
良いパフォーマンスをしているETFもあるようです。

以下がベストのパフォーマンスをしているETFになります。


無題


注目です。
 

3月22日に50日移動平均線に戻ってきてから2%近くインデックスが
あげたのは今回で4回目になります。
テスラ(TSLA)、アマゾン(AMZN)などが貢献しています。
この新しいアップトレンドですが、以外なことに
ブレイクアウトは多くありません。


ブレイクアウト銘柄としてはCoherent (COHR)株価などが
あります。
無題

注目です。



 

ここではアップル(AAPL)の株価を例にブレイクアウトした銘柄を
買っていくのがどうして投資で利益につながるかを説明していきます。

分割前アップル(AAPL)株価2019年のチャートですが、7月31日にピークをつけて
フラット(底値)ベースを形成しました。①
そして、買いポイントは 221.47でした。②
売買ボリュームも平均より68%上でした、そしてここで買っていれば、
その後③でいくらか株価が下がりましたが、売りシグナルはでていませんでした。
その後、アップルは4か月で約50%上昇しました。


分割前アップル(AAPL)株価2019年
 無題

株価分割後のアップル(AAPL)株価
無題




3月28日では
 Tesla (TSLA), Constellation Energy (CEG) 、カーニバルクルーズ (CCL)の株価が
S&P 500の中でもトップの銘柄でした。
負け組の銘柄ではディズニー(DIS)、Discovery (DISCA), Mosaic (MOS) 
などでした。

テスラ(TSLA)は連続で株価が回復していて、
公式買いポイントは1208.10となっています。


無題


Constellation Energy (CEG)は最初のベースを形成してからの
ブレイクアウトをしています。

無題


注目です。

マーケットラリーもあり、金利も上昇しているので
JPモルガン(JPM)は買いなのでしょうか?


 無題


結論から言うと今はまだベースができてないので、買いではないようです。

また、銀行株は一般的なマーケットよりパフォーマンスが
落ちる点もわすれてはならないようです。

無題




マーケットラリーは拡大しました。ナスダック、 S&P 500は200日移動平均線を
取り戻しています。
このようななかで注目銘柄は以下の5つになります。

1、Nvidia (NVDA)
2、 Adobe (ADBE) ーガイダンスが弱かった
3、KB Home (KBH) ーセルオフがあった
4、Nike (NKE) ー見通しを上げた
5、Tesla (TSLA) ーベルリンでモデルYを納品開始


無題


KBHですが、住宅ローン金利の上昇もあり、株価も下がっています。

無題



 

マーケットラリーは続いているようです。
注目すべき株価と買いポイントの近い銘柄は
アップル(AAPL)、Shell (SHEL) 、Brown & Brown (BRO) 、
Marriott International (MAR) 、Juniper Networks (JNPR)のようです。



無題


アップル(AAPL)は50日移動平均線にもどって、トレンドラインを
作ってから、早期エントリーも先週から可能でした。
ダブルボトムを形成していて、公式の買いポイントは176.75
となっています。
 無題
注目です。

S&P 500は強き相場3年目になっています。
アナリストは既にブルマーケットの意外な勝者をみつけています。

50%以上の株価上昇余地をアナリストが見込んでいるリストは以下になります。

Analysts' Top Picks For Third Year Of The S&P 500 Bull Market

CompanySymbolStock % ch. during bull so far*SectorAnalysts' implied upside**
Bath & Body Works(BBWI)399.3%Consumer Discretionary70.1%
General Motors(GM)141.3Consumer Discretionary66.0
DISH Network(DISH)56.4Communication Services65.8
PayPal Holdings,(PYPL)32.3Information Technology54.9
Under Armour(UAA)107.5Consumer Discretionary54.0
PVH(PVH)153.9Consumer Discretionary53.7
Meta Platforms(FB)42.6Communication Services53.6
Caesars Entertainment(CZR)773.0Consumer Discretionary52.4
Penn National Gaming(PENN)435.0Consumer Discretionary51.2
D.R. Horton(DHI)150.3Consumer Discretionary50.8
IPG Photonics(IPGP)3.6Information Technology50.8
Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence, CFRA, * - from March 23, 2020 to March 23, 2022, ** - to analysts' 52-week price target


注目です。

インベスタービジネスデイリー(IBD)の長期リーダー銘柄 です。
これらは知っておいて損はないとおもいます。

 無題
注目です。

↑このページのトップヘ