ビットコイン(BTC)の価格がボラティリティあるように
マラソンデジタル(MARA)株価もボラティリティがあります。
この記事ではマラソンデジタル(MARA)が買いかどうか
検討しています。
マラソンデジタル(MARA)はデジタルアセットテクノロジーの会社で
ブロックチェーンのエコシステムやデジタルアセットの製造に
フォーカスしている会社です。
4月26日から、マラソンパテントからマラソンデジタル(MARA)に社名を
変更しました。

無題

株価テクニカル分析
マラソンデジタル(MARA)は弱気のヘッドアンドショルダーパターンを4月上旬に
形成しつつありました。しかし、株価はその後崩れ新しいパターン形成とは
なりませんでした。

ビットコイン(BTC)と相関関係にあり、ジェットコースターの株価の
値動きになっています。
$57.75が最高値となっています。50日移動平均線を割っていますが、
200日移動平均線でサポートを見つけているようです。

relative strengthは上向きで、 99のレーティングとなっています。

マラソンデジタル(MARA)株価
無題
5月24日には執行役員会長のMerrick Okamoto はテスラ(TSLA)
のイーロンマスクやそのほかCEOのグループと会談し、ビットコイン(BTC)マイニンググループで
はエネルギーの使い方の透明性やサスティナビリティについて話しました。

株価は4月につけた高値より半分になっており、リスクの高い銘柄となっています。

結論としては、買いポイントを伴った、新しいパターンを形成していないので
マラソンデジタル(MARA)は買いではないようです。しかし、変化が
起きるかもしれないので、注目すべき銘柄のようです。

注目です。

 https://www.investors.com/news/marathon-digital-mara-stock-buy-now/?src=A00220