株の買うのもそうですが、売りのタイミングというのも
むずかしいものと思います。記事で売りのためのルールというのがありました。

無題

なぜ売りのルールが必要か?
株を買ってから、多くの投資家が出口戦略を持っていません。そのため、リターンが
振るわないことがおおくあります。ここでのルールは過去から証明された違いを
だすためのルールです。

損をある程度におさえましょう。

7から8%を目安に下がったら損切りしましょう。どんな良い銘柄だとしても
ブレイクアウトしてから、下がることもあります。そして買った銘柄が8%以上下がったときは
エントリーしたポイント、銘柄、マーケットの地合いのどれかが悪かったということになります。

売買益確定のしかた
持っていた銘柄が上がったときは、嬉しいものです。しかし、利益を確定するのには
どれくらいもっていほうがいいのでしょうか?アップトレンドのマーケットの時は
20%-25%で一旦利確するというのも有効な手段のようです。

8週間ホールドルール
勝った銘柄が突然20%以上値上がりしたという時は、マーケットでの勝者になるための
ものをもっていたということです。8週間ホールドルールというのはマーケットの勝者を
見分けるのを手助けします。3週間以内でも20%以上あがった銘柄は、
少なくても8週間ホールドするのが有効なようです。


 https://www.investors.com/ibd-university/how-to-sell/