投資家のなかには今サイバーセキュリティ銘柄に食指を動かすのが
今ちょうどいい時期だと思う人もいるかもしれません。
ミート製造者のJBSや医療のパイプラインにランサムウェアが攻撃している
ニュースがでています。

サイバーセキュリティ会社は今世界中で競争しています。
ランサムウェアの攻撃はソフトウェアKaseya VSAを使用している
企業を集中攻撃しています。KaseyaはFireEye (FEYE)と契約し、サイバー攻撃
を調査中です。

ビットコイン(BTC)の登場もランサムウェア攻撃の数が増えたことと結びつきます。
ランサムウェア攻撃や、悪意のあるソフトウェアはビットコイン(BTC)が
支払われるまで、消去できない場合もあります。


 無題

サイバーセキュリティのマーケットは2021年に11%増えて、
$73.54 billionまで成長すると言われています。
また、あるアナリストはサイバーセキュリティの上昇が企業の予算枠を増やしている
のでより大きいサイバーセキュリティの契約が交わされつつあるといっています。

インベスタービジネスデイリー(IBD)での Composite Ratings が85以上ある
企業ではFortinet (FTNT) stock, CrowdStrike Holdings (CRWD), Proofpoint (PFPT) Mimecast (MIME)  Palo Alto Networks (PANW) などがあります。
 Composite Ratings はインベスタービジネスデイリー(IBD)が採用している
レーティングで、企業のファンダメンタルやテクニカル分析での強さがわかります。

その他ではTenable Holdings (TENB)、Rapid7 (RPD) があります。

無題


注目です。

https://www.investors.com/news/technology/cybersecurity-stocks/?src=A00220