10年国債利回りはグローバルの経済成長懸念で、
引き続き低下しています。
先月のテスラの納品台数は強い数字を見せました。

7月7日(水)のS&P 500とナスダックは最高値を更新しながら、
少し上がりました。FRBの議事録でいくつかのサプライズが
ありながらも、原油価格と国債利回りは引き続き低下しています。

アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、アマゾン(AMZN)が
マーケットを牽引しましたが、8日(木)の先物では下落しています。

ペイパル(PYPL)はカップウィズハンドルからブレイクアウトして、
297.13をつけました。6月17日の早期の買いポイント 277.96から
上げてきました。


ナスダックは50日移動平均線より5.5%上に推移して、またナスダック100は6.8%上を
推移しています。それが一旦の調整の懸念をあげています。また先物は下げています。

無題


無題