会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

タグ:株価

オクタ(OKTA)ですが、
アナリスト11人がBuy,7人がHold、一人がSellの評価になっています。
平均目標株価は$137になっています。



無題
(marketBeat)

Oktaはアナリストの間で話題になっています。
ゴールドマンサックスはOktaの目標株価をあげて、$141.00にしています。
12月6日にはJPモルガンがオーバーウエイトで目標株価を$151.00にさげています。
BMO Capital Marketsは目標株価を135.00 に下げています。

これからも目が離せないOKTAですね。

クラウドストライク(CRWD)は株価 時価総額約 $11 billion
のサイバーセキュリティ会社です。米国株のCRWDは2018年に一時株価$100までいきましたが、
$50あたりをうろうろしていました。



12月のセルオフで売った投資家は後悔しているだろうといっています。

売った理由は$100でうれなかったので、後悔しながら売っただろうといっています。
12月5日に固いガイダンスを出したのに、12月にそれでも売られたのは
バリュエーションが高いと思われていたためのようです。売上に対して20倍にもなっていたし、時価総額も
$11 billion近かった。

最近のよい傾向はボトムは$45で形成され、1月になってボリュームも増えてきたことのようです。
Stifel Nicolaus社はQ3決算のあとCRWDの目標株価を$90にしました。
Q3での重要指標
ARR(Annual Recurring Revenue=毎年決まって発生する1年間の売上) 
実績 $501.7M Stifel 予想 $465.2M
売上
実績 $125.1M  Stifel 予想$119M
サブスクリプションの売上
実績  $114.2M  Stifel 予想  $108.5M

Stifelのアナリストはクラウドストライクはまたまた良い決算をだしたといっています。
バリュエーションが高いと思われる恐怖心か、競争からくるプレッシャーで良い決算が
寝かしつけられたといっています。

クラウドストライクのFalconは政府のクラウドに強みがある。
最も弱いところの例は2018年のアトランタで起こった政府や公共事業へのサイバー攻撃などがある


クラウドストライクはすでに政府系機関と動いていて政府系クラウドFalconとして
インダストリーで最初のセキュリティーサービスやITソリューションを提供していた。

 そのため、ゴールドマンサックスなども顧客になっている。

決算と強みとも両方あるので、crwd株価注視しましょう。


ポチっといただけると励みになります !!
↓↓↓
にほんブログ村 投資ブログへ
ブログ村

オクタ(OKTA)はクラウドをつなぐアイデンティティーのサービスを提供する
会社ですが、OKTA株価は2019年はだいたい80%の値上がりをしています。





しかし、投資家のなかにはハッピーでない方々もいるようです、
理由は52週でつけた高値より20%は低い価格で現在取引されている
からです。
OKTAは割安の株価ではありません、来年の売上の26倍だし、純資産の
35.4倍だからです。
しかし、そういう割高感を正当化する成長性はあります。
第3四半期は売上は45%の伸びで、サブスクリプションの売上は48%伸びています。
さらにサブスクリプションの売上のバックログは$1 billionを超えました。

結論的にはOktaのマネジメントは今後数年は売上を30%以上で伸ばしていき、キャッシュフローの
マージンも20%以上伸ばしていかなければ、投資家は絶望するだろうと
いっています。
キャッシュフローは売上の7%しかしめていないので、伸びる余地はまだまだあるようです。

Okta株価は9月には$100近辺でしたが、12月には$120近辺まで戻しております。
記事では以下の3つの理由からOktaの株価の強さは続くだろうといっています。

1、バリュエーションが割安である
2、会社を取り巻くファンダメンタルが改善している
3、テクニカルでは株価のアップトレンドをサポートしている




1、バリュエーションが割安である
Oktaはidentity access management (or IAM) マーケットのリーダーであり、
IAMに使われた費用は2018年は$9.9 billion といわれているが、これは今後さらに
成長を見込まれている。それらの成長をみこんで、2030年にはEPSは$11に
なると仮定するとソフトウエアの平均35の見込みEarings計算を10%のディスカウントで
計算すると2019年には$150になるので、バリュエーションとしては割安になる。

2、会社を取り巻くファンダメンタルが改善している
2018年は貿易戦争激化のため、会社の投資は少なくなっていたが
貿易戦争が緩和されれば、カスタマーである会社はよりIT投資するようになるだろう

3、テクニカルでは株価のアップトレンドをサポートしている
テクニカルでいうと下落トレンドはおわっていて、新しいトレンドを形成するはじめのようです。

注視しましょう。
投資の最終判断は必ずご自身で。

ID マネジメントのリーダ的存在 オクタ OKTAですが、investorplace.comで
面白い記事があったので紹介させていただきます。




オクタの株価は9月9日(月)に下記のように約10%急落しています。

1

記事ではクラウドITコンピュータはまだ成長期なので、オクタはその恩恵をうけて成長してきた。
このような急落があるときは通常決算がマーケットの予想より悪かったときか
その業界でなにか問題がみつかったときだが、オクタにはそれはあてはまらない。
2週間前の決算ではよい数字をだしている。
売上も予想$131 millionに対し、$140.5 millionとこえている。
おそらくこの辺の急落の合理的な理由は誰にもわからず、もしかするとグロース株から
割安株に資金がながれているのではないかと記事はいっています。

このような資金のローテーションがあり、急落しているというのは
マーケットがオクタの株価に対して過大評価していたのを訂正しようとしているサインとみて
記事ではしばらくは近づかないほうがいいかもといっています。しかし、逆にオクタにたして
強気な投資家はもしかしてよい買場とみているかもしれないと記事はいっています。

注視したいとおもいます。

オクタ(OKTA)はクラウドの複数のIDを管理している、いわゆるシングルサインオンを提供している
会社でです。以下のように決算を発表しました。

2020 2Q
■ EPS -$0.15 マーケット予想 -$0.10
■ 売上 $140.5 billion 
■ 新規追加 カスタマー450 、合計で7,000カスタマー

決算後は成長への懸念からか、株価は下げてます。しかし、ID管理ではリーダーですので
注視したいとおもいます。

Okta株価
3




↑このページのトップヘ