会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: AAPL,FB,GOOG等

インベスタービジネスデイリー(IBD)によると、
1月11日週で注目すべき、Buyシグナルが点灯しているのは

1、アップル(AAPL)
2、テンセント(TCEHY)
3、チポトレメキシカングリル(CMG)
4、ダナハー(DHR)
5、リプリジェン(RGEN)
の5つの銘柄のようです。
これらは底を形成しつつあるか、またはBuyゾーンのようです。

アップル(AAPL)、チポトレメキシカン(CMG)はIBDのリーダーボードの銘柄で、
ダナハー(DHR)はIBD50の銘柄の1つのようです。

アップル(AAPL)ですが、 138.89のBuyポイント でカップウィズハンドルのハンドルを
形成し、8日(金)では131.61で終わりました。
株価はリカバリしつづけ、21日平均線のやや上くらいをいっています。
リスクをとれる投資家は21日平均線近辺で買い、ダウントレンドを抜けるのを
まつことも可能です。
RS(Relative Strength)ラインは80を記録しましたが、9月からは落ちています。

12月には過去最高値を記録していますが、アンティトラストの逆風もうけています。

無題

注目です。

 https://www.investors.com/news/apple-stock-chipotle-lead-5-top-stocks-flashing-buy-signals/

アップル(AAPL)株価が上昇基調です。
代替エントリーポイントは125.49になります。

日経アジアでアップル(AAPL)のiPhone生産数を30%あげて
96 millionユニット生産すると報道がありました。
また2021年には230 million ユニットにする予測もたてました。

早めに拾うならば$120のエントリーポイントのようでした。
アップルはまだ最高値より8%低いところにあり、今年は今までは
65.7%の上昇をしています。


無題

アップル(AAPL)株価
無題


フェイスブック(FB)関連の記事をまとめました。これからも注目です。

2020年12月8日


2020年11月1日


2020年8月8日


2020年6月30日


2020年6月29日

2020年6月12日


ジム「さっき言っていたサークルだけど、俺なら、ペプシコ、AMD,ペイパル、
NVIDIA、フェイスブック(FB)、アップル(AAPL)、ブロードコム、ナイキだ
これらをサークルするように下がれば、買い続ける、サークルだ!!これらが
経済わるくても、投資家の期待に応える売上を計上してくる会社だ!!」

2020年6月7日


2020年5月15日

著名なビル・ミラーのファンドのトップ10にフェイスブック(FB)
は入っています。

2020年3月31日


2020年3月27日


2020年3月23日


2020年1月13日
 

過去S&P 500で4つの企業が企業価値100兆円に到達しました。
今最も注目されているといっていもいいのは5番目に100兆円
に達しそうな銘柄です。

無題

アナリスト達はフェイスブック(FB)は次の12か月以内で13%の株価上昇余地
があるとみています。それが正しければだいたい90兆円になるので、
5番目の100兆時価総額の会社になる最有力候補といえるでしょう。

2018年8月まで、アップル(AAPL)が100兆円に達する前まで、それは
ただのイマジネーションでした。

株を持ち続けるのは簡単ではありません。アップル(AAPL)でさえ、3月の
暴落で時価総額100兆円を一時切りました。しかし、今は200兆円になっています。

以下が株価上昇余地になります。フェイスブック(FB)は強気で13%の上昇余地を
みこまれています。

 無題
注目です。

https://www.investors.com/etfs-and-funds/sectors/sp500-likely-fifth-1-trillion-company-upside-analysts/


11月第3週は力強いマーケットラリーが続きました。
無題

ダウとナスダック共に、最高値を更新しました。
しかし、より資金の多く、安全性の高いメジャーなインデックス対して、
投機的で強気なセンチメンタルと乖離が見られました。

11月今週の見どころとしては
アップル(AAPL)、クラウドストライク(CRWD)、ニオ(NIO)、ズームビデオ(ZM)
が注目の銘柄になります。

クラウドストライク(CRWD)とズームビデオ(ZM)は今週決算を発表
する予定です。

テスラ(TSLA)のライバルのニオ(NIO)は毎月の納品台数を発表します。

アップル(AAPL)は最大のメガキャップとして$1.98 trillionありますが、注目です。

クラウドストライク(CRWD)株価は先週3.5%上昇して、150.83
になりました。Buyポイントは154ですが、近づいています。
早期のエントリーポイントとしては11月19日の50日移動平均線にリバウンド
してきたときでした。そして、そのご50日移動平均線より上にいきました。
144.39という別のエントリーポイントをクリアしました。
今週現地の木曜日の夜に決算ですが、ズィースケーラ(ZS)とオクタ(OKTA)
とともに注目になります。

無題


 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-stock-market-rally-signals-apple-stock-nio-zoom-in-focus/

9月の最高値からアップル(AAPL)、そのほかのビッグハイテク株は
それほど上がって上がっていません、しかし、ダウ、ナスダックなどは
最高値更新をしています。

無題

インベスタービジネスデイリー(IBD)ではこれらのハイテク株が
一息ついている間でのちょうどよいエントリーポイントになるのではないか
と検討しています。今後ブレイクアウトする可能性もあるようです。

アップル(AAPL)株価は現在50日移動平均線をためしており、新しいベースを
形成しつつあります。Buyポイントは125.39となっており、まだ16%
届いていません。

無題

しかし、ETFに目をむけてみると
Technology Select ETF(XLK)のほうは127.82 のBuyポイントより4%のみしたなので、
もうエントリーしてもよいそうです。
無題
このようなETFはアップル(AAPL)がブレイクアウトした場合にも
恩恵をうけることができるので、ETFを持っておくのも一つの方法のようです。

注目です。

https://www.investors.com/etfs-and-funds/etf-leaders/apple-stock-sets-up-new-buy-point-early-way-to-get-in/

著名な投資家ジム・クレイマーがグーグル(GOOG)
について語りました。

無題

アルファベット(GOOG)の2020年の第3四半期は以下のようでした。
売上予想 $42.8 billionに対して、結果  $46.2 billionで予想を上回りました。
EPS予想 $11.21に対して 結果 $16.40 で予想を上回りました。
グーグルクラウド売上予想 $3.3 billionに対して、$3.4 billionでした。 (昨年同期比45%の成長)

ジム・クレイマー
「今回のグーグル(GOOG)の決算は今までみてきたなかで、最高だった。
売上、グーグルクラウドもとんでもなく調子いいよ。ユーチューブは
利益をたたきだしている。」

アルファベット(GOOG)株価
無題

注目です。

 

フェイスブック(FB)が10月29日(木)に決算を
発表しました。

 無題


売上予想 $19.82 billionに対して、結果  $21.5 billionで予想を上回りました。
EPS予想 $1.91に対して 結果 $2.71 で予想を上回りました。

9月のデイリーアクティブユーザ(DAU)は1.82 billionで前年より
12%アップしました。

2020年第4四半期のアド売上は予想より成長率がいいと発表しました。
しかし、2021年に関しては不明確な部分が多いと強調しました。
例えば、ヨーロッパの規制などを上げました。
今後も注意してみていくとのことです。



フェイスブック(FB)株価
無題

注目です。


著名な投資家ジム・クレイマーがネットフリックス(NFLX)
について語りました。

無題

10月20日の決算でネットフリックス(NFLX)は
第3四半期の利益の予想と新規購入者のガイダンスにとどきませんでした。
新規購入者のガイダンスは 2.5 millionとしていましたが、 2.2 million
でした。

ジム・クレイマー
「ネットフリックス(NFLX)は私のマグニフィセント・セブン銘柄に
はいっている銘柄だ。
一時的にマーケットでは悪い反応がでるだろう、そして一息つく形になる。
価格戦略についてはフレキシビリティがある。ネットフリックス(NFLX)
はBuyだよ。
株価は回復に向かうよ。」


ネットフリックス(NFLX)株価
無題


注目です。

FAANGというのがあります。
フェイスブック(FB)
アップル(AAPL)
アマゾン(AMZN)
ネットフリックス(NLFX)
アルファベット(GOOG)のことです。

また、ホットな銘柄群としてTIPSというのもあります。
TIPSとは
テラドックヘルス(TDOC)
インテゥイティブ サージカル(ISRG)
ピンタレスト(PINS)
スクエア(SQ)になります。

 無題

モートリーフールの記事では今年から特に今を象徴するようになった
銘柄群 ZARPというのにフォーカスすべきだといっています。

ズームコミュニケーション(ZM)
アマゾン(AMZN)
ロク(Roku)
ペロトンインタラクティブ(PTON)になります。

ズームコミュニケーション(ZM)株価
無題

注目です。



Capitol Hillでのアンティトラストの懸念が和らいだことで
10月12日(月)のメガハイテク株 FAAMGの株価は上昇しました。


無題

 
マイクロソフト(MSFT)ですが2.59%の力強い上昇をみせています。
今回の調整で高値から15%の調整を見せていますが、
次のBuyポイントは通常であれば、$232.92ですが、直近のトレンドから
早めにのるのもありなようです。

マイクロソフト(MSFT)株価
無題

トゥイリオ(TWLO)ですが8セッション中、7セッションも上昇していると
いうとんでもない銘柄です。IBDではこの銘柄に注目していますが、
現在ははいらないほうがいいと言っています。理由は以前のBuy
ポイントからすでに5%以上上昇しているからです。、しかし、売りかというと
売りではなく、持っているならホールドと言っています。

トゥイリオ(TWLO) 株価
無題

注目です。

https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/faamg-stocks-surge-unitedhealth-breaking-out-is-it-time-to-sell-twilio-stock-or-keep-holding/?src=A00220

マイクロソフト(MSFT)、アルファベット(GOOG)ともハイテクの
巨人です。
この2つのどちらが、投資家により多くのリターンを
もたらすのか、モートリーフールのこの記事は分析しています。

 無題


1、マイクロソフト(MSFT)
まず、マイクロソフト(MSFT)について考えてみます。
まず時価総額が$1.6 trillionととんでもなく大きく、アップル(AAPL)に次ぐ
第2位の時価総額を持つ企業ということ。
次に、PCやPC関連で苦戦していましたが、新しい経営陣になりクラウドビジネス
に移行し、アマゾン(AMZN)につぐクラウドビジネスをもつことになりました。

今年の利益は12%の成長を、2021年には14%の成長を見込んでいます。

キャッシュも贅沢です。 $136.5 billion の流動性資産をもっていて、前期の
配当コストは$3.9 billionなので、まったく配当後の流動性を心配する必要はありません。

マイクロソフト(MSFT)株価
無題



2、アルファベット(GOOG)
アルファベット(GOOG)についてはどうでしょうか?
アルファベット(GOOG)は検索エンジンでリーダーになりました。マイクロソフト(MSFT)が
競争しましたが、検索エンジンではリーダーにはなれていません。
クラウドについては3位となっています。
その他の分野を伸ばそうとWaymo とライフサイエンス分野で Verily Life Sciences
が立ち上がりました。
利益に関しては2020年には10%超の下落がみられ、2021年には28%の上昇を期待されています。
流動性資産に関しては、これも強く$121 billionあります。
広告にたよらず、新しい分野を成長させるには十分な資金もあります。
配当は出していません。

アルファベット(GOOG)株価
無題


どちらのほうがBuyなのか?
記事ではマイクロソフト(MSFT)とアルファベット(GOOG)ともに長期で
投資するならば、どちらでも良いが、パンデミィックの状況を考えると
マイクロソフト(MSFT)に軍配があがるようです。
アルファベット(GOOG)は広告収入に多くを頼っているのもマイナスのようです。

アルファベット(GOOG)はパンデミィックが終われば、戻しは
その他よりも早い気がしますので、そこは注目とおもわれます。




著名な投資家ジム・クレイマーがマーケットについて
語りました。

 
無題

ジム・クレイマー
「今のマーケットをよく観察すると、少数の勝ち組と
多数の負け組にわかれている。
今経済はひどい状態だ。少数の勝ち組はアップル(AAPL)、
アマゾン(AMZN)、テスラ(TSLA)などだ!!」

「GM、航空会社、そして多くの上場していない中小企業は苦しんでいる。」

「セールスフォース(CRM)は2021年の夏まで在宅勤務を決めた。
そういう流れから、まだまだ在宅勤務の銘柄は有望だ。
ズーム(ZM)、サイバーセキュリティ関連はますます重要になる。」

アップル(AAPL)株価
無題


注目です。

8月10日(月)からの週で注目すべきは
以下5つの銘柄になるようです。



無題

1、マイクロソフト(MSFT)
2、アマゾン(AMZN)
3、グーグル(GOOG)
4、アドビ(ADBE)
5、サービスナウ(NOW)


このなかで、マイクロソフト(MSFT)、アマゾン(AMZN)
、グーグル(GOOG)は時価総額100兆円越えの企業になりますが、
アドビは$216 billionとサービスナウ(NOW)は$82 billionとまだまだ小さいです。


サービスナウ(NOW)は最近の3週間での上げ下げで、454.80で
のバイポイントを持っています。

現在は10週の平均線を試しているような形だそうです。

サービスナウ(NOW)は在宅銘柄でタスクを自動化したりすることで
労働者をサポートしています。(インシデント管理等)


サービスナウ(NOW)株価
無題

注目です。

 https://www.investors.com/news/technology/microsoft-amazon-stocks-to-watch-buy-zones/?src=A00220&yptr=yahoo

フェイスブック(FB)ですが、7月に大企業のボイコット
のニュースが続きました。
ボイコットに参加した企業では以下のような有名な企業も含みます。
Coca Cola (KO), Best Buy (BBY), Starbucks (SBUX), Ford (F), Verizon (VZ), Clorox (CLX), lululemon athletica (LULU) などがあります。

 無題

ニュースを注意深くみていた投資家ならば、
恐らく、それで株を売ったか、あえて買わないでしょう。

しかし、記事では6月、7月のチャートパターンを分析し、
チャートは逆三尊を形成しており、
悪いニュースが続くにもかかわらず、強気トレンドが
続く可能性があるといっています。チャートからは$290の可能性も
あるということです。


無題

7月30日には好決算を発表し、
その後どうなるか、注目すべきといっています。


アップル(AAPL)が第2四半期の決算を発表しました。これを受けて
時間外ではAAPLの株価は約1パーセント上昇しています。

EPS 予想$2.04に対して、結果$2.58(18%アップ)
売上 予想$52.3 billionに対して、結果$59.7 billion(11%アップ)



CFOが語ったところだと、Apple Watchの75%が新規購入者で、
IPad,Macの半分は新規購入者でした。

無題



CEOのティムクックは4月にリフレッシュされたiPhone SEが前期で売上の伸びを増やし、
アンドロイドユーザからの乗り換えも助成したとコメントしました。

アップル(AAPL)株価
無題

注目です。

ネットフリックス(NFLX)が第2四半期の決算を7月16日(木)に
発表しました。

 無題

EPS予想 $1.83 に対して 結果 $1.59と予想に届きませんでした。
売上予想  $6.08 billionに対して、結果$6.15 illionで予想を上回りました
会社予想7.5Mに対して、10.1M人のグローバル購読者を獲得しました。

第3四半期の購読者増加ガイダンスは
マーケット予想 5M人 に対して、会社予想 2.5M人とマーケット予想を下回りました。

とEPSと主にガイダンスが良くなかったため、株価は急落しました。

しかし、記事ではネットフリックス(NFLX)株価はすでに60%以上上昇していたために
短期的投資家が利益確定をおこなっただけで、長期的には心配ないと言っています。

無題


注目です。



多くの人が外出を控えるなか、ストリーミングサービスというのが
ますます重要になっていることに疑いはない
でしょう。

ストリーミングサービスの戦争ですが、1月から6月まで
まとめた結果は以下のようになっているようです。

 無題
Yahoo.finance

ユーザがどのくらいの時間、各サービスを使用したかの時間ですが、
やはり、
ネットフリックスが1位、2位はアマゾン(AMZN)、3位は僅差でHULU
そして、4位はディズニープラス(DIS)、で5位はアップルTV(AAPL)
となっています。

特筆すべきことは、アップルが徐々にあげています。
これは“Defending Jacob”のおかげの用です。

無題

“Defending Jacob”はクリス・エバンスが主演で子供をまもる
検事のドラマです。

ストリーミングサービスの戦争ますます注目です。

ネットフリックス(NFLX)株価は7月10日(金)に$555.88で最高値を
更新しました。
新型コロナウィルスも落ち着くという考えから、ネットフリックス
の勢いにも陰りがさすだろうという考えの投資家も多くいたようですが、
ネットフリックス(NFLX)株価のモメンタムはまだ続くかもしれません。

 無題

アナリストはネットフリックス(NFLX)はコンセンサスの予想を超えてくる
だろうと強気でおり、購読者の12.5 million の追加を予測しており、ガイダンスの
 7.5 millionを超えてくるだろうと言っています。

ゴールドマンもこのような第2波の警戒からも映画館いく人も減り、
みなネットフリックス(NFLX)にくると予想しており
強気になっています。


ネットフリックス(NFLX)株価
無題


ますます注目です。


ハイテク株の王者と言ってよいと思いますが、
マイクロソフト(MSFT)の目標株価をウエドブッシュ証券が
上げました。
無題
目標株価は現在$240から$260へあげました。
「多くの企業がデジタル化を加速している。その恩恵をマイクロソフト(MSFT)は
おおくうける。」
ということです。

ナスダックは16.9%、ダウは-8.7%と比べて、株価は年初来35.0%
上昇しています。ますます注目です。

マイクロソフト(MSFT)株価
無題





フェイスブック(FB)の広告をボイコットする企業は増えています。
そして、フェイスブック(FB)の株価も急落しました。


 無題
しかし、アナリストはボイコットは長期的なメジャーリスクには
ならないと考えています。
ボイコットの動きはフェイスブック(FB)そして、フェイスブック(FB)が
もっているインスタグラム、ワッツアップアプリにヘイトスピーチと
差別のポストを限定するのが狙いです。


JPモルガンのアナリストDoug Anmuthは
「売上は減るが、売上の数字へは重要な影響をあたえるリスクとはみていない」
「マーケターによっては今が価格が安くなるので、デジタルの広告へはいい機会とみるものもいる。」
JPモルガンは現在フェイスブック(FB)の目標株価を$245にしています。

3月の底値から40%上げてきましたが、セルオフのため、先週12%下げ、
フェイスブック(FB)の時価総額は$80 billion減りました。


無題

この時価総額の減少は売上の減少よりも大きいだろうとアナリストは言っています。
ボイコットはまた、今回が初めてのことでなく、長く続くものでもないようです。

また、フェイスブック(FB)が発表した問題への変更により、広告主の懸念も
和らぐと思われます。

また、アナリストはまだまだフェイスブック(FB)が好きなようです。

注目しましょう。


26日(金)はブル派にはきつい一日でした。
その中でもフェイスブック(FB)は多くの会社がフェイスブック(FB)
の広告をボイコットを表明して、フェイスブック(FB)の株価も急落し、
まさに顎にパンチをもらった感じでした。

パンデミィックの広告減少だけでなく、売上への新しいリスクとなりました。

以前の高値$225 を出発点として、フェイスブック(FB)はこの値段付近で
サポートとして維持してきました、そして$240が上値の抵抗線となっていました。

しかし、今$225を割ってしまったので、5月の底値$215に向かっています。
短期では$217付近の50日平均線を保つことができるかどうか、保てなかったら、
$200-$205のエリアまで向かうかもしれない重要な局面になります。

そのほか、200日移動平均線もサポートがあります、上値局面としては
50日移動平均線をこえて、$225に再度到達するかどうか見る必要があります。
$225が抵抗するようならば、短期的にはよくないサインのようです。


ファイスブック(FB)株価 青50日移動平均線、赤200日移動平均線、緑20日移動平均線
 無題

注目しましょう。


無題


フェイスブック(FB)は最大下落38.8%してから
過去最高を記録しました。

フェイスブック(FB)は長期投資に向いている理由として3つ
あげています。

1、バランスシートが強いこと
2、ユーザ使用率が高い
3、フェイスブックがソーシャルメディアで王道をとっていること

のようです。

無題
 
1バランスシートが強いことについて、
不景気のときはバランスシートが強い会社に投資するのが
有効ですが、グーグル(GOOG)やマイクロソフト(MSFT)が
あげられることが多いですが、フェイスブック(FB)も強いです。
現金相当は$54.8 billionあります。短期的借金は$900 millionしかありません。
人によってはバランスシートだけでもフェイスブック(FB)はBuyという人もいます。


2、ユーザ使用率が高いについてですが、
パンデミィックの中では広告費用の減少が懸念されました。
しかし、ユーザー使用数とアクティブ率は劇的に上昇しました。
アクティブ率は劇的にあがりましたが、広告はそれにともなって
上昇はしませんでした。しかし、長期的にみるとこれは
種をまいている、一時的な痛みをともなう次へのステップと
いえます。

3、フェイスブックがソーシャルメディアで王道をとっていること
については、みなさんご存じだとおもわれます。収益率にかんしても、
フェイスブックの収益率は
素晴らしいです。グロスマージンは83.4%、オペレーティングマージンは 33.9%です。




フェイスブック(FB)株価
無題

yahoo finance.com

ナスダック指数ですが、アマゾン(AMZN)とマイクロソフト(MSFT)等のStay at home銘柄に牽引され年初来プラスに転換しました!!

2月19日から3月23日の大暴落から、ハイテク主に構成されているインデックス
のナスダックですが、アマゾン(AMZN)とマイクロソフト(MSFT)の強いリバンドに
牽引されて30%リバンドしました。その他のStay at home銘柄も貢献しました。

Bright Tradingのトレーダーによると今の現象は1999年の時と似ており、その時ウェブ
だったら、ホットだったけど、今はなんでもオンライン専門で売っているというのが
ホットな銘柄になっているということです。


 無題
yahoo.finance



アップル(AAPL)のCEOティムがバフェットにiPhoneの使い方を教えたが駄目だったようです。
バフェット率いるバークシャーハサウェイ(BRKB)の持ち株です。

無題
 
https://finance.yahoo.com/news/warren-buffett-tim-cook-teach-him-how-to-use-apple-iphone-120118959.html


↑このページのトップヘ