会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: OKTA,ZS,Docu,Crwd,ZM etc

セールスフォース(CRM)が第4四半期決算を発表しました。

EPS 予想  56cent        結果 66cents
売上 予想 $4.76 billion 結果 $4.85 billion

と、マーケットの予想を超えました。

2020年のガイダンスですが、
2020 1Q 
EPS  マーケット予想 70centsにたいして、会社予測 70-71 cents
売上 マーケット予想 $4.83 billion  会社予測 $4.875 billion to $4.885 billion

と同時に共同CEOの Keith Block が辞任すると発表しました。マーケットは
より強い会社予測を予想していたため株価は時間前で下げているようです。

セールスフォース・ドットコム(CRM)株価  26日時間前

無題

(ヤフーファイナンス)

 

2月21日(金)終了時点の米国株ポートフォリオと資産を公開します。
ズーム(ZM)株価は好調です。
コロナウィルスの懸念からやはり金曜日は下げることが多いようです。
2月14日(金)はナスダック0.2%上昇、ダウ-0.09%と下降しました。
2月7日(金)1月31日(金)、2月14日(金)、2月21日(金)とほぼ下落しました。
金曜日にとりあえず売って、週末どうなるか見極めたいというのが
多いようです。

無題


2月14日(金)から、ポートフォリオは変更しました。決算を達成できないと発表したアップル(AAPL)を売り、決算良かったドミノピザ(DPZ)とリフト(LYFT)とズーム(ZM)をさらに追加しました。
ポートフォリオの資産額の推移ですが、
2019年
11月1日(金)$138,559
12月13日(金)$144,771
2020年
1月3日(金) $148,492
1月31日(金)$154,468
2月7日(金)  $162,441
2月14日(金)$166,847
2月22日(金)$167,135 


無題



11月1日から2月22日までみると、$167,135 - $138,559で 
$28,576=3,114,714円(1ドル109円換算)増加しています。約20%増えたことになります。
このまま引き続き、資産を増やしていきたいと思います。これだから、米国株投資は
やめられません。
しかし、新年からイラク戦争懸念
、コロナウィルスの恐怖といろいろあり、決して簡単な相場ではありませんが、
決算の良いもの、ストーリーのあるものに絞って投資して、持ち続けています。
その他のブロガーの方でも、ドキュサイン(DOCU)いいよ、オクタ(OKTA)買いだと
いいつつ持ち続けてなかったため、利益とれなかった場合もあるようなので、
持ち続けるというのも、我慢が必要です。

ポートフォリオと銘柄選定ですが、
 ■ 配当株約10%と成長株90%の割合になっています。
 ■ テスラ(TSLA)いい決算だしてきて、期待しています。
 ■ ズームビデオ(ZM)はコロナウィルスの影響で逆に上昇中です。
 ■ DISはディズニープラスの配信サービスに期待しています
 ■ 調子のいい株:ズーム(ZM)、ドキュサイン(DOCU)、オクタ(OKTA),マスターカード(MA)
 ■ 調子のよくない株:ディズニー(DIS)、スターバックス(SBUX)
 ■ FINTECHはやはりかなり有望なものと期待しているためマスターカード(MA)いれてます。
 ■ 日本では知られてないですが、プラネットフィットネス(PLNT)はいい銘柄だとおもいます。
  地味に株価上昇しています。


無題



ズームビデオコミュニケーション(ZM)が17%占めています。

2020年2月14日(金)時点のポートフォリオ


2020年2月7日(金)時点のポートフォリオ


2020年1月31日(金)時点のポートフォリオ



2020年1月17日(金)時点のポートフォリオ


2020年1月3日(金)時点のポートフォリオ


2019年8月末時点のポートフォリオ

新型コロナウィルス関連として最も注目されている米国株の一つに
ズームコミュニケーション(zoom communication video=ZM)があります。
以前と比べてもズーム(ZM)の情報は増えています。


無題
(Yahoo Finance)

新型コロナウィルス銘柄として注目されていて、最近株価もズームハイアー(
higher)されていて、いろいろな思惑で売買されている
と言っています。


無題

また、下の図のようにズームコミュニケーション(zoom communication video=ZM)の
株価はカップ・ウィズアウト・ハンドル(取っ手のないカップ)=カップベースシェイプ
になってきていると言っています。また、株価は急騰してきたので、プルバックが
あるかもしれないが、ハンドルを形成する可能性があると言っています。
3月4日のマーケットクローズ後に決算あるので、それにより今後が大きくされるそうです。

無題

カップ・ウィズアウト・ハンドル(取っ手のないカップ)の例 -グーグル(GOOGL)
無題





ズームコミュニケーション(ZM)のNECによる紹介


クラウドのセキュリティ会社のゼットスケーラー(ZS)が2020年の第2四半期の結果を発表しました。
EPS 予想  3cent        結果 9 cents, 
売上 予想 $99 million 結果$101.2 million 

と、マーケットの予想を超えました、しかし

2020年のガイダンスですが、
2020 3Q 
EPS  マーケット予想 4centsにたいして、会社予測 1-3 cents
2020 Full Year 
EPS  マーケット予想 15centsにたいして、会社予測 14-16 cents
Billingsマーケット予想 $506.5 millionにたいして、会社予測$512 million から $517 millionの間

2020 3QのEPSガイダンスが、マーケットの予想より悪いので、マーケットは落胆したようです。



ゼットスケーラー(ZS)株価 2月21日の時間外取引で急落しています。

 無題




2月14日(金)終了時点の米国株ポートフォリオと資産を公開します。
ズーム(ZM)株価、ドキュサイン(DOCU)株価、オクタ(OKTA)株価は好調です。
コロナウィルスの懸念からここ一か月くらいは金曜日は下げることが多いようです。
2月14日(金)はナスダック0.2%上昇、ダウ-0.09%と下降しました。
ナスダックだけプラスをなんとか維持できたようです。
2月7日(金)1月31日(金)とコロナウィルスの懸念と調整で
金曜日にとりあえず売って、週末どうなるか見極めたいというのが
多いようです。

無題


2月7日(金)から、ポートフォリオは変更しました。アップル(AAPL)をちょっと
売り、トレードデスク=The Trade Desk(TTD)を追加しました。

ポートフォリオの資産額の推移ですが、
2019年
11月1日(金)$138,559
12月13日(金)$144,771
2020年
1月3日(金) $148,492
1月31日(金)$154,468
2月7日(金)  $162,441
2月14日(金)$166,847


無題


11月1日から2月14日までみると、$166,847 - $138,559で 
$28,288=3,083,392円(1ドル109円換算)増加しています。約20%増えたことになります。

このまま引き続き、資産を増やしていきたいと思います。これだから、米国株投資は
やめられません。
しかし、新年からイラク戦争懸念
、コロナウィルスの恐怖といろいろあり、決して簡単な相場ではありませんでしたが、
決算の良いもの、ストーリーのあるものに絞って投資して、持ち続けています。
その他のブロガーの方でも、ドキュサイン(DOCU)いいよ、オクタ(OKTA)買いだと
いいつつ持ち続けてなかったため、利益とれなかった場合もあるようなので、
持ち続けるというのも、我慢が必要です。

ポートフォリオと銘柄選定ですが、
 ■ 配当株約10%と成長株90%の割合になっています。
 ■ テスラ(TSLA)いい決算だしてきて、期待しています。
 ■ ズームビデオ(ZM)はコロナウィルスの影響で逆に上昇中です。
 ■ DISはディズニープラスの配信サービスに期待しています
 ■ 調子のいい株:ズーム(ZM)、ドキュサイン(DOCU)、オクタ(OKTA),マスターカード(MA)
 ■ 調子のよくない株:ディズニー(DIS)、スターバックス(SBUX)
 ■ FINTECHはやはりかなり有望なものと期待しているためマスターカード(MA)いれてます。
 ■ 日本では知られてないですが、プラネットフィットネス(PLNT)はいい銘柄だとおもいます。
  地味に株価上昇しています。


無題

世界最大の時価総額のAAPLが17%占めています。割合自体に大きな変更はありません。

2020年2月7日(金)時点のポートフォリオ


2020年1月31日(金)時点のポートフォリオ



2020年1月17日(金)時点のポートフォリオ


2020年1月3日(金)時点のポートフォリオ


2019年8月末時点のポートフォリオ

電子署名の王者ドキュサイン Docusign(DOCU)の株価はまだまだ割安のようです。

1.ドキュサイン Docusign(DOCU)は高成長のSaas株の中で割高になっていない数少ない
ひとつ
2、ドキュサイン Docusign(DOCU)はAgreement Cloudと競争相手との差別化を図るため
新しいセグメントに拡大している
3、このSaas株は黒字のフリーキャッシュフローと高成長の売上のおかげでRule of 40を満たしている。


ドキュサイン Docusign(DOCU)の売上は昨年対比で38%成長していて、 Net retention (売上継続率)は今月獲得した売上が来年の今頃にはどの位になるのか、を示す指標であるが、117%になっている、北米での売上上昇が貢献している。

ドキュサイン Docusign(DOCU)は電子署名のインダストリーの王者で、
より多くの活動のデジタル化をDocuSign Agreement Cloudで追及している。
Agreement CloudはCRM,ERPなどと同じような基本ソフトウエアになることを会社は期待している。
無題
(Docusign)


無題
(docusign)
左側が現在の紙のサインですが、右側が電子署名含めた未来の同意書(契約書)になります。

株価バリュエーション
筆者は株価のバリュエーションというのは売上の成長率できまるという前提をとっていて、
将来の成長率がたかければ、株価のバリュエーションも高くなると言っています。

無題
(seekingAlpha &Portfolio123/private software)
ドキュサイン Docusign(DOCU)の株価が割安だということを示すために
企業の株式価値/将来の売上と売上成長率
という計算で152社のドットを筆者は作成しました。
このドットからもドキュサイン Docusign(DOCU)は真ん中の赤いラインの近くに
いるので、株価は割高ではないということが
わかるだろうと主張しています。


下記がドキュサイン(DOCU)の売上成長率になります。
無題
(seekingAlpha &Portfolio123/private software)


無題
(seekingAlpha &Portfolio123/private software)

上記2つの売上成長率とフリーキャッシュフローマージンTTM%を表示しましたがRule of 40
を求めるのに必要になります。

The Rule Of 40
ソフトウエア会社を評価する指標でよく使われるのはRule of 40
で、会社の成長率 プラス フリーキャッシュフローマージン% で
求めます。これで40%以上ならば、健全な成長と利益のバランスをもっていると
いうことになります。
ドキュサイン(DOCU)は

Revenue Growth + FCF margin = 38% + 5.7% = 43.7% ということになるので、

40%以上なので、健全な成長と利益のバランスをもっていると
いうことになります。

無題

(seekingAlpha &Portfolio123/private software)

ドキュサイン Docusign(DOCU)の株価のトレンドは上記のように
上昇トレンドになっているが、上値をこえているので、多少の調整はあるかもしれない
ということです。

この記事の結論としては、短期的には買われすぎかもしれないが、長期的には
売上38 %成長、Net retention 117%、とRule of 40の43.7%でBuyだといっています。

注視しましょう。投資は最終判断は必ずご自身でお願いします。

それと12月の追加ニュースですが、三井物産もドキュサイン(DOCU)導入したようです。





 

2月7日時点ポートフォリオと資産を公開します。
2月7日(金)はコロナウィルスの影響で下げました。と言いたいですが、
1月31日(金)も下げましたが、ここ最近は金曜日に調整がくることが
多いようです。


無題

1月31日(金)から、入金もポートフォリオの変更もしてませんが、
2月7日(金)時点でのポートフォリオの現在資産価値は$162,441となり、1月31日(金)でも
公開している$154,468から、一週間ですが大幅に資産が増えました。

1月3日(金) $148,492
1月31日(金)$154,468
2月7日(金)  $162,441


1月3日から2月7日までみると、1か月ちょっとで$13,949増加の9.4%増えたことになります。
(100万円以上は増えていることになります。)
このまま引き続き、資産を増やしていきたいと思います。これだから、米国株投資は
やめられません。
しかし、1月もいろいろあり、イラク戦争懸念
、コロナウィルスの恐怖といろいろあり、決して簡単な相場ではありませんでしたが、
決算の良いもの、ストーリーのあるものに絞って投資して、持ち続けています。
その他のブロガーの方でも、ドキュサイン(DOCU)いいよ、オクタ(OKTA)買いだと
いいつつ持ち続けてなかったため、利益とれなかった場合もあるようなので、
持ち続けるというのも、我慢が必要です。

ポートフォリオと銘柄選定ですが、
 ■ 配当株約10%と成長株90%の割合になっています。
 ■ テスラ(TSLA)いい決算だしてきて、期待しています。
 ■ ズームビデオ(ZM)はコロナウィルスの影響で逆に上昇中です。
 ■ DISはディズニープラスの配信サービスに期待しています
 ■ 調子のいい株:ズーム(ZM)、ドキュサイン(DOCU)、オクタ(OKTA)
 ■ 調子のよくない株:ディズニー(DIS)、スターバックス(SBUX)
 ■ FINTECHはやはりかなり有望なものと期待しているためマスターカード(MA)いれてます。
 ■ 日本では知られてないですが、プラネットフィットネス(PLNT)はいい銘柄だとおもいます。
  地味に株価上昇しています。

SBI証券だとこのように表示されています。
無題


無題

世界最大の時価総額のAAPLが25%占めています。割合自体に大きな変更はありません。



2020年1月31日(金)時点のポートフォリオ



2020年1月17日時点のポートフォリオ


2020年1月3日時点のポートフォリオ


2019年8月末時点のポートフォリオ

ズーム Zoom(ZM)株価は3日(月)株価は約15%上げて、テスラの20%には及びません
でしたが、他とくらべてもぶっちぎりでした。
CEOのEcri Yuan氏はジムクレイマーのショーに出演しました。

無題
(Mad money)
CEOのEcri Yuan氏
「コロナウィルスの怖さからわが社に電話が殺到していて、私も電話にでて
対応していた! 」
「先月から記録的な使用率になっている。」
「どんな会社でも、わが社のようなズームのツールが必要になる。23年には$43 billionの市場に
なることを予想している。」
ジム・クレイマー
「このようなことが起きるとウイルスの感染を恐れ、接触しないように
より多くの人が家から働くことのきっかけになるのでは?」
Ecri Yuan氏
「そのとおりです。我々の目指している役員、従業員、取引先等
コラボレーションできるツールを使用して
家から仕事するという大きな流れの一つです。」
「我々の製品はビデオ会議、カンファレンス、会話等ベストのものを提供しています。」

ますます目が離せません。




 

ズームコミュニケーション(ZM)株価暴騰!!しました。
ズームコミュニケーション(ZM)株価は2月3日(月)約14%値上がりしました。
以下の記事だした当日でした。


主な理由はコロナウィルスで今後も出張が自粛になるとおもうので、ますます
遠隔ビデオ会議の需要が高まると期待されたようです。決算もしくっていない会社ですので、
ますます
目が離せません。

無題

(ヤフーファイナンス)

David Alton Clark氏はClark Capitalの創始者でアメリカのトップクラスのファイナンシャルブロガーで
難しいときでも、手堅い利益をだすという評判があります。


無題

David Alton Clark氏はコロナウィルスが落ち着くまでは大きな投資はしないほうがいいと
しながらも、このようなアウトブレイクは一時的であるといっています。しかし、
おちるナイフは手をださないほうがいい。
ということを念頭に置きながら、David Alton Clark氏が10年くらいを考えたピックする銘柄とは
以下3つでした。

成長の高い3つの米国株 
1、ズーム コミュニケーション(ZM)
2、アップル(AAPL)
3、CenturyLink (CTL)

のようです。

ズーム コミュニケーション(ZM)についてはポートフォリオの5%を振り分けてもよい。
David Alton Clark氏はErnst & Young で監査人としても働いている経験があり、以前は対人だったが、
いまはビデオや遠隔でやりとりするのが普通になってきた。このような
社会状況で、企業もズームを使うことにより時間もお金もセーブすることができる。

ズームは売上80%で成長しており、EPSは100%だ。P/Eは高いが、高値
よりも30%も下で取引されている。これは中長期な投資だ、しかし、株価の変動は激しいだろう。
中長期には利益をもたらす投資になるだろう、リスクもそれなりにあるが。

ズーム(ZM)の株価は昨年さがり高値より30%したにいったが、最近もどってきており
200日平均線までもどしてきた。一回ですべて投資しないで、何回かに分けて投資したほうがリスクを
減らすことができる。

今はタイミングが良くはないが、12か月で$100の株価を目標にしている。ということです。


 

1月31日時点ポートフォリオと資産を公開します。
コロナウィルスの影響で下げました。

 130 asset

 ■ 配当株約10%と成長株90%の割合になっています。
 ■ スターバックス(SBUX)のポジション減らして、テスラ(TSLA)追加。
 ■ ドキュサイン(DOCU)のポジションを少し減らして、ディズニー(DIS)を増やしました。
 ■ DISはディズニープラスの配信サービスに期待しています
 ■ 調子のいい株:ズーム(ZM)、ドキュサイン(DOCU)
 ■ 調子のよくない株:ディズニー(DIS)、スターバックス(SBUX)
 ■ FINTECHはやはりかなり有望なものと期待しているためマスターカード(MA)いれてます。
 ■ PLNT、DOCUは特に独自なサービスをしているので成長に期待してます

無題

続いてポートフォリオの割合ですが、テスラ(TSLA)追加しました。
世界最大の時価総額のAAPLが25%占めるようになりました。

全体的に値上がり益を狙うポートフォリオになっています。


2020年1月17日時点のポートフォリオ


2020年1月3日時点のポートフォリオ


2019年8月末時点のポートフォリオ

1月24日(金)ですが、ナスダックが下がってもオクタ(OKTA)株価は
+1.42%上がりました。
オクタ(OKTA)株価は1か月で約6%株価を戻してます。S&P 500の平均値上がりは
3%なので、過去1か月ではマーケット以上の値上がりをしています。

 

Okta(OKTA)は次の決算発表に近づくにつれて、株価に力強さがみられています。
アナリストは次の決算では一株当たり利益  -$0.05を見込んでいます。
一方売上は昨年より34.9%上がり、$155.77 millionを見込んでいます。

オクタ(OKTA)の1年の一株利益は-$0.36を予想されており、売り上げの予想は
$574.57 millionで、それぞれ-12.5% と+43.91%の増加になっています。

無題
(ヤフーファイナンス)


3月6日に決算発表の予定ですが、目が離せません。

資産形成のさらなる加速にポートフォリオに追加を検討すべきクラウドストライク(CRWD)
含め、3つのクラウド銘柄を記事では紹介してます。

https://www.zacks.com/stock/news/721408/3-cloud-computing-stocks-to-buy-now-for-your-2020-portfolio?cid=CS-ZC-FT-stocks_in_the_news%7Cinvestment_ideas-721408

金利も低く、企業決算発表も好調ななか、クラウドの銘柄を追加するのは
良いことだと記事はいっています。そのなかでも、おすすめは
以下の3つです。
1.クラウドストライク(CRWD)
2.Veeva(VEEV)
3.アルファベット(GOOG)

1.クラウドストライク(CRWD)はクラウド時代のサイバーセキュリティの会社です。
CRWDのマルチタレント、クラウドの特性、AIベースのソリューションは多くの
カスタマーを引き付けています。
2011年に創設され、2019年にIPOしました。そして、2018年の8月には
crwd株価は$100を超えました。
それ以降、株価は低迷を続けましたが、新年の1月に25%戻してきました。
CRWDの株価は今約$62です。将来の12か月の予測売上の19倍で株価は取引
されてますが、高値よりはまだまだ安値で取引されてます。

クラウドストライク(CRWD)に興味をもっている投資家はQ3 fiscal 2020に
サブスクリプションの売上が98%増加したことを考え今後も成長すると
考えています。得意先112%増加していて、4,561に達しました。

12月にはQ4の売上のガイダンスを上げて、Zacks社では
クラウドストライク(CRWD)2020年の売り上げは $466.9 million
を予想しています。2021年には$664 millionを予想しています。
またロスはビジネスを拡大するにつれて、減少する予定で-$0.52から2021年には
 -$0.21を予想しているようです。

注目ですね。

オクタ(OKTA)ですが、
アナリスト11人がBuy,7人がHold、一人がSellの評価になっています。
平均目標株価は$137になっています。



無題
(marketBeat)

Oktaはアナリストの間で話題になっています。
ゴールドマンサックスはOktaの目標株価をあげて、$141.00にしています。
12月6日にはJPモルガンがオーバーウエイトで目標株価を$151.00にさげています。
BMO Capital Marketsは目標株価を135.00 に下げています。

これからも目が離せないOKTAですね。




1月13日ジースケーラ(ZS)の株価が強く上昇しました。

株価は新年になりHACKインデックスの5.5%の上昇をはるかにこえて、28%アップしています。

1月13日ジースケーラ(ZS)の株価が強く上昇しました。
前から強気だった、Needham のアナリスト Alex Henderson氏は
新たにジースケーラ(ZS)の目標株価を$89にしました。
Alex Henderson氏によるとCloud Direct Zero Trust Securityの中でジースケーラ(ZS)
の製品はデジタル変革と一体になっていて最も良いプラットフォームだということです。
氏いわく、競合のPalo Alto Networks Incでさえ、ジースケーラ(ZS)の製品に劣っているということです。

FactSet dataによると22人のアナリストのうち、Buyが11人、Holdが10人、Sellが
1人のようです。

イランの件もあり、サイバーテロのためのセキュリティはますます注目のようです。

クラウドストライク(CRWD)は株価 時価総額約 $11 billion
のサイバーセキュリティ会社です。米国株のCRWDは2018年に一時株価$100までいきましたが、
$50あたりをうろうろしていました。



12月のセルオフで売った投資家は後悔しているだろうといっています。

売った理由は$100でうれなかったので、後悔しながら売っただろうといっています。
12月5日に固いガイダンスを出したのに、12月にそれでも売られたのは
バリュエーションが高いと思われていたためのようです。売上に対して20倍にもなっていたし、時価総額も
$11 billion近かった。

最近のよい傾向はボトムは$45で形成され、1月になってボリュームも増えてきたことのようです。
Stifel Nicolaus社はQ3決算のあとCRWDの目標株価を$90にしました。
Q3での重要指標
ARR(Annual Recurring Revenue=毎年決まって発生する1年間の売上) 
実績 $501.7M Stifel 予想 $465.2M
売上
実績 $125.1M  Stifel 予想$119M
サブスクリプションの売上
実績  $114.2M  Stifel 予想  $108.5M

Stifelのアナリストはクラウドストライクはまたまた良い決算をだしたといっています。
バリュエーションが高いと思われる恐怖心か、競争からくるプレッシャーで良い決算が
寝かしつけられたといっています。

クラウドストライクのFalconは政府のクラウドに強みがある。
最も弱いところの例は2018年のアトランタで起こった政府や公共事業へのサイバー攻撃などがある
クラウドストライクはすでに政府系機関と動いていて政府系クラウドFalconとして
インダストリーで最初のセキュリティーサービスやITソリューションを提供していた。

 そのため、ゴールドマンサックスなども顧客になっている。

決算と強みとも両方あるので、crwd株価注視しましょう。

ジムクレイマー 新年の投資ゲームプランを語るⅠ の続きになります。
thestreet.comの著名な投資家ジム・クレイマーがクラウドストライク(CRWD)CEO
George Kurtz氏と対談しました。

 


George Kurtz氏
「クラウドストライク(CRWD)はすばらしいテクノロジーを持っている会社で
企業(クライアント)が直面している重要な問題を解決している。毎日で、見えないところだが、企業は個人や国家のサイバー攻撃にさらされているそして、企業は統一された
解決方法が必要です。」

「イランについてはサイバー攻撃というような形での報復はあるかもしれません、
しかしクラウドストライクはそのような攻撃あれば、認識し、保護することができます。」

「クラウドストライクのソリューションが人気なのはだれもがクラウドを活用しなにかしらの利益・サービスを得ようとしています。我々のソリューションは未来なのです、AIを活用しながら攻撃を特定し、企業自身を守ることができます。」

CRWD株価とともに注目ですね。

ズームビデオ(ZM)の株価が1月7日3%近く上がったので、なぜかと思われる
方々もいらっしゃるとおもいますが、
調べた結果CNBCのJosh BrownがBuyと報道したのにつられたようです。
氏いわく「ZMはUSビジネスのランドスケープをかえている」
ようです。


ZM株価
無題
(yahoo.finance)

オクタ(OKTA)はクラウドをつなぐアイデンティティーのサービスを提供する
会社ですが、OKTA株価は2019年はだいたい80%の値上がりをしています。





しかし、投資家のなかにはハッピーでない方々もいるようです、
理由は52週でつけた高値より20%は低い価格で現在取引されている
からです。
OKTAは割安の株価ではありません、来年の売上の26倍だし、純資産の
35.4倍だからです。
しかし、そういう割高感を正当化する成長性はあります。
第3四半期は売上は45%の伸びで、サブスクリプションの売上は48%伸びています。
さらにサブスクリプションの売上のバックログは$1 billionを超えました。

結論的にはOktaのマネジメントは今後数年は売上を30%以上で伸ばしていき、キャッシュフローの
マージンも20%以上伸ばしていかなければ、投資家は絶望するだろうと
いっています。
キャッシュフローは売上の7%しかしめていないので、伸びる余地はまだまだあるようです。



上記面白い記事ありましたので紹介します。

クラウドソフトウエアの会社は多くありすぎて利益が出ない会社
を見限ってきていると記事はいっています。また
マーケットの予想を上回っているにも関わらず、株価が低迷する場合もあります。
ズームビデオ(ZM)、スラックス(WORK)などがそうです。

記事はクラウドソフトウエアの会社で勝者、敗者をわけるのは結局安定した
利益と成長が必要だと強調しています。


無題2

(出典:Opinion: How to separate the winners from the losers in cloud-software stocks for 2020 )

上記ではマイクロソフト、Splunk、Five9等がEPSも安定していて、また成長もし、
EV(enterprise vallue)/Revenueも低い(割安)と考えられていたため、それらの
株は2019年も上がったと記事はいっています。
投資家はEPSの成長が10%以上あるものを好み、この傾向は2020年も続くだろうといっています。
注視しましょう。


https://seekingalpha.com/article/4312517-zscaler-giving-growth-story-second-thought?mod=mw_quote_news

上記面白い記事ありましたので紹介します。

記事の中では以下がポイントになっています。
■ジースケーラー(ZS)はクラウドセキュリティーの市場でより多くのシェアを取り続けるだろう
■投資家はプロキシーソリューションを超えた、製品の多様性の少なさを心配すべき
■株価は最近の下落でバーゲンの領域にはいってきた
■さらに株価がさがるようなことがあれば、さらに買いのよい機会になるのではないか

需要:強気

2020の1Qもよかった、売上も48%伸びた


ファイナンシャル:普通

記事の結論としては、リスクをとれるのであれば、長期としてはBuy,または
グロース株としてはBuy,リスクをとれないのであれば Sellもありといっています。

無題1
(出典:Kayode Omotosho、Article)

投資の最終判断は必ずご自身で。




上記面白い記事ありましたので紹介します。

ヘッジファンドマネージャーの
Jim Roppel氏によると特に注目している
株が Coupa Software (COUP), Dexcom (DXCM) and DocuSign (DOCU)
のようです。
無題1
特に、ドキュサインに関しては9月に良好な決算をだしてから注目しているようです。
ドキュサインは6か月間の低迷期からブレイクアウトしてすでに20%以上
値上がりしています。ドキュサインはデジタルの契約のリーダーでありつづけ、
Earingsは118%上昇、2021年でも71%の上昇を見込まれているようです。


注視しましょう。

Okta株価は9月には$100近辺でしたが、12月には$120近辺まで戻しております。
記事では以下の3つの理由からOktaの株価の強さは続くだろうといっています。

1、バリュエーションが割安である
2、会社を取り巻くファンダメンタルが改善している
3、テクニカルでは株価のアップトレンドをサポートしている




1、バリュエーションが割安である
Oktaはidentity access management (or IAM) マーケットのリーダーであり、
IAMに使われた費用は2018年は$9.9 billion といわれているが、これは今後さらに
成長を見込まれている。それらの成長をみこんで、2030年にはEPSは$11に
なると仮定するとソフトウエアの平均35の見込みEarings計算を10%のディスカウントで
計算すると2019年には$150になるので、バリュエーションとしては割安になる。

2、会社を取り巻くファンダメンタルが改善している
2018年は貿易戦争激化のため、会社の投資は少なくなっていたが
貿易戦争が緩和されれば、カスタマーである会社はよりIT投資するようになるだろう

3、テクニカルでは株価のアップトレンドをサポートしている
テクニカルでいうと下落トレンドはおわっていて、新しいトレンドを形成するはじめのようです。

注視しましょう。
投資の最終判断は必ずご自身で。

クラウドストライク(crwd)の2020年のQ3決算でました。crwd 株価共々注目
ですが、売上結果$125.1 millionで、予想118 millionを上回りました。

EPS予想 -12centに対して 結果 -7cent
売上 予想$118 million 結果$125.1 million (昨年対比で88%アップ)
サブスクリプション売上は$114.2 million で昨年と比べ98%アップ
サブスクリプションカスタマーは730 から 772へアップ

ガイダンスは2020年全体で$465.2 millionから $468 millionの間を予想しています。

無題
良い決算だと思います。crwd株価とも注視しましょう。

ズームビデオ Zoom Video communication(ZM)の決算はよかったのに
このセルオフは困惑しているという内容のものです。
ZMの決算はEPS,売上、ガイダンスともにマーケットの予想を超えてました。
EPSは予想3セントに対して、6セント
売上は昨年対比85%の増加で$166.6 million へ予想を$10 million超えてます。
ガイダンスは$175 million to $176 millionで、マーケット予想の$165.2 millionを超えてます。




ズームビデオ Zoom Video communication(ZM)の株価
無題
(参照)
Stockcharts.com


青のラインがダウントレンドなので、この辺の攻防を見守る必要があるようです。
注視しましょう。


↑このページのトップヘ