会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: 米国株

米国マーケット10月21日(水)ですが、主役は
スナップ(SANP)になりそうです。

無題

ソーシャルメディアのこの会社は第3四半期に
毎日のアクティブユーザは249 millionに達し、前期から11 millionも増えました。
 FactSetが予想していたのは5 million の増加でしたが、これをはるかに上回る増加でした。

売上予想 $557 millionに対して、結果 $679 millionで予想を下回りました。
EPS予想 -5centに対して 結果 1centでサプライズでした


スナップ(SANP)株価
 無題



オンラインペットショップのChewy(CHWY)が好調です。
ジェフリー証券は目標株価を倍の $100にしました。

理由としてはペット商品の成長がこれからも続くということと
デジタル化もますます伸びると判断したからです。

Chewy(CHWY)のほかにフレッシュペット(FRPT)もありますが
USでは2024年までにはペット関連では$64 billionの売上にもなると
予想されています。
また不景気でも強いとされています。

無題



Chewy(CHWY)株価
 無題

注目です。

今週の決算注目銘柄はネットフリックス(NFLX)とテスラ(TSLA)が
眼玉になっています。


無題

また、ハイテク株も多くがラリーが続いており、
アマゾン(AMZN)、セールスフォース(CRM)、ショピィファイ(SHOP)、
アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)などがカップベースを形成しつつあり、
注目となります。



無題
また、今後注目したいのがナスダックの1980年代の調整とそれからの
株価上昇です。

1980年の後半、最高値208.29を更新してから10%程度の調整を
してそれからアップトレンドになりました。このあたりも
米国の投資家が注目しているポイントになります。


 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-stock-market-rally-turning-point-pelosi-stimulus-deal-deadline/

米国では今だ多くの人が在宅勤務を続けています。
それがクラウド銘柄にとっては追い風になり続けています。


無題

ワークデイ(WDAY)は人事、会計、ファイナンシャルの分析を
助けるSAAS銘柄です。人事の分野ではトップといってもいいかもしれません。

ジェフリー証券はワークデイ(WDAY)
の目標株価は$250から$260へ上げました。

ワークデイ(WDAY)のBuyポイントはカップベースを形成しつつの
248.85になります。

無題
注目です。

 https://www.investors.com/stock-lists/sector-leaders/workday-stock-sets-up-new-buy-point-coronavirus-keeps-workers-home/

著名な投資家ジム・クレイマーがマーケットと
テスラの販売価格下げについて語りました。

 無題

ジム
「景気刺激策の膠着状態や、新型コロナウィルスの広がりが
ヨーロッパのセルオフをおこしているが、ウォールストリートでは
買いの機会になっている。」

「モデルSについては1週間で2度目の下げだな。
テスラモデルSは$3,000 下げて、$71,990になるようだ。Model S Performance Modelも
$94,990から$91,990 に値下げするようだ。」

「イーロンマスクはヘンリーフォードになろうとしているのかもしれない。
また大量生産へ一歩一歩近づいている。価格もジョジョに下げているしな。
テスラ、NIOは今のマーケットを面白くしている材料だよ!!」

「ウォールグリーンブーツ(WBA)は決算良かったけど、CVSのほうが好きだな。
ユナイテッドヘルス(UNH)はBuyだよ!!」

注目です。

ユナイテッドヘルス(UNH)
無題




FAANGというのがあります。
フェイスブック(FB)
アップル(AAPL)
アマゾン(AMZN)
ネットフリックス(NLFX)
アルファベット(GOOG)のことです。

また、ホットな銘柄群としてTIPSというのもあります。
TIPSとは
テラドックヘルス(TDOC)
インテゥイティブ サージカル(ISRG)
ピンタレスト(PINS)
スクエア(SQ)になります。

 無題

モートリーフールの記事では今年から特に今を象徴するようになった
銘柄群 ZARPというのにフォーカスすべきだといっています。

ズームコミュニケーション(ZM)
アマゾン(AMZN)
ロク(Roku)
ペロトンインタラクティブ(PTON)になります。

ズームコミュニケーション(ZM)株価
無題

注目です。



著名な投資家ジム・クレイマーがゴールドマン(GS)
とモルガンスタンレー(MS)について語りました。

無題


ジム・クレイマー
「コンスタントに成長している企業の株がなぜ
こうも安いのだろう。いまの株価は一時的なものだ。
前よりもクリーンで、魅力的になっているのは
ゴールドマン(GS)とモルガンスタンレー(MS)だ!!」

「モルガンスタンレー(MS)は決算は良かった。しかし、
そんなものは対して重要ではない。モルガンスタンレー(MS)は
今顧客の富を管理している、そのビジネスが好調だということだ!!」

「ゴールドマン(GS)の株価なんか信じられないよ。Earningsの
8倍の株価しか評価されてない。」

無題

注目ですね。

 

10月13日(火)リヴォンゴヘルス(LVGO)とテラドックヘルス(TDOC)の株価
は両方とも5%以上急伸しました。
理由はなんだったのでしょうか?


無題

Guidewell Healthはテラドックヘルス(TDOC)の長い歴史を持つ顧客です。
それが個人での追加支払いなしで、50,000人のメンバーを持つ
Florida Blue membersに対して、リヴォンゴヘルス(LVGO)の糖尿病ケアのサービスを
提供すると発表しました。
これがすぐ合併するだろうと思われるテラドックヘルス(TDOC)と
リヴォンゴヘルス(LVGO)の最初の合同のサービスの売上となりました。

合併の発表当時は失望した投資家は大きかったですが、
このニュースを聞いた投資家は自信をもったことだろうと
思います。この2社の合併でのシナジー効果がこれからもでてくると
期待をもった投資家もいます。

リヴォンゴヘルス(LVGO)は最高値更新をしましたし、今後のシナジーも
期待できるとなるとますます注目です。

テラドックヘルス(TDOC)株価
無題


 

Capitol Hillでのアンティトラストの懸念が和らいだことで
10月12日(月)のメガハイテク株 FAAMGの株価は上昇しました。


無題

 
マイクロソフト(MSFT)ですが2.59%の力強い上昇をみせています。
今回の調整で高値から15%の調整を見せていますが、
次のBuyポイントは通常であれば、$232.92ですが、直近のトレンドから
早めにのるのもありなようです。

マイクロソフト(MSFT)株価
無題

トゥイリオ(TWLO)ですが8セッション中、7セッションも上昇していると
いうとんでもない銘柄です。IBDではこの銘柄に注目していますが、
現在ははいらないほうがいいと言っています。理由は以前のBuy
ポイントからすでに5%以上上昇しているからです。、しかし、売りかというと
売りではなく、持っているならホールドと言っています。

トゥイリオ(TWLO) 株価
無題

注目です。

https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/faamg-stocks-surge-unitedhealth-breaking-out-is-it-time-to-sell-twilio-stock-or-keep-holding/?src=A00220

代替エネルギー関連の株価は好調です。
プラグパワー(PLUG)、ブルームエナジー(BE)は
10月7日に株価は10%以上あげました。



無題

 モートリーフールの記事によるとこれらの株価が
上昇した理由は特にニュースやアナリストのアップデートが
でたわけでなく、モメンタムで追い風が吹いているという
理由しかないようです。

モメンタム投資なので記事ではややこの代替エネルギー関連には
やや注意したほうがいいと言っています。

理由はこれらが、実るのは2050年ということになりそうだからです。。
まだまだこれからの長い道のりとなります。
今後30年もあるのでいろいろ起こる可能性もあります。

例えば、ロッキードマーチンが別のリアクターを完全化して、ハイドロジェンの
価値を下げることも起こりうることの一つです。

今は利益ということころは二の次ですが、そのうち利益の成長性も
求められるので注意といっています。

今後も注目です。

プラグパワー(PLUG)株価
無題



2020年は初心者の投資家が増加しました。特に
18歳から35歳あたりが増えています。
USNEWSではこの世代がかっているトップ10の
モメンタム米国株をリストしています。

-- Tesla (TSLA)

-- Advanced Micro Devices (AMD)

-- Nvidia Corp. (NVDA)

-- Zoom Video Communications (ZM)

-- DocuSign (DOCU)

-- Nio (NIO)

-- Spartan Energy Acquisition Corp. (SPAQ)

-- SPI Energy Co. (SPI)

-- DraftKings (DKNG)

-- Workhorse Group (WKHS)

のようです。
注目です。

 

著名な投資家ジム・クレイマーがスノーフレーク(SNOW)、アブビー(ABBV)その他
について語りました。

 無題

ジム
「アブビー(ABBV)はBuyだ!ヒュミラが2023年に特許が切れるからといって
ビジネスは良くやっているけど、株価は良くない、それはパンデミィックなので
手術が少ないからボトックスを使う人が少ないからだな。。」

「ノババックス(NVAX)からは半分くらい手をひいたほうがよい。」

「スノーフレークは優れた会社だ、株価は売上の100倍にもなっているから、
割高だ。バフェットは15%持っているから抗うのはやめたいが、株価は
自分には高すぎだね。


アブビー(ABBV)株価
無題





セキュリティ会社のセイルポイント(Sail=SailPoint)ですが
 S&P MidCap 400 index にSally Beauty Holdings (SBH) の代わりに
入ることにきまった発表をうけて株価は14%の上昇をみせています。


 無題

10月1日はこのニュースもうけ、その他のセキュリティ会社のクラウドストライク(CRWD)
やジースケーラ(ZS)の株価も上昇しています。
注目です。

無題

ダウ(9月30日)は激しい大統領選挙の討論会が続くなか、
450ポイント以上の上昇で、支持線をキープしています。

その中でも注目の銘柄はモデルナ(MRNA)とリジェネロン(REGN)、
キュアバックス(CVAC)になります。

無題

モデルナ(MRNA)は50日移動平均線にもどってきており、そこを支持ラインと
して形成してきています。

キュアバックス(CVAC)はIPOの高値、から40%もダウンしています。
このドイツのバイオ製薬会社はフェーズ2の最初の患者に投与したと発表しました。
Q4にその結果を発表する予定となっています。

リジェネロン(REGN)についてはポシティブニュースがありましたが
50日移動平均線を割っています。

キュアバックス(CVAC)株価
無題


 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-surges-retake-key-line-stocks-rally-after-fiery-debate-is-regeneron-a-buy-now/

著名な投資家ジム・クレイマーが
ディズニー(DIS)、テラドックヘルス(TDOC)、その他について
語りました。

 無題

ジム・クレイマー
「今起きているなかでの変化はずっと続くものもある
ウォールストリートはパンデミィックが終わったあとのそれを
見極めようとしている。」

「マーケットというのは将来を見通すものだ。ペロトン(PTON)なんかは
そのまま強いよ。売り方はこれをつぶそうとしていたけど、株価も
保っているので、そのまま強いとおもう。」

「ピンタレスト(PINS)、フェイスブック(FB)、エットシィ(ETSY)、ショピィファイ
(SHOP)なんかもデジタル、E-コマースでの成長は続くよ」

「テラドックヘルス(TDOC)とリヴォンゴヘルスの合併は素晴らしいものだよ。
 一般的に誤解しているよ。」

「ディズニー(DIS)だけど、これは売らないよ。
最終的にはパンデミィックに勝つとおもうので、
しばらくは損することを覚悟して持ち続けるよ」


ディズニー(DIS)株価
無題


注目です。

エヌビディア(NVDA)はご存じのように、車の自動運転や
クラウドのゲームのAIのリーダー的存在です。
2020年でのこれまでのパフォーマンスは勝ち組です。
これからのエヌビディア(NVDA)はBuyなのでしょうか?


無題

エヌビディア(NVDA)の株価は3月の底値から約2倍になりました。
この株価の上昇は過去の2期連続で良い決算をだしたことによるものです。

また、9月1日にはGeForce gaming GPUsを発表したことで
期待から株価も上昇しました。また14日にはソフトバンクから
アームを$40 billionで買収し、データセンタービジネスをブーストするという
期待感から株価は上昇しました。

株価は9月2日に最高で589.07をつけました。

株価は10週平均線を指示線として、バイレンジで477からとなっています。。


結論としてはIBDでは、エヌビディア(NVDA)はファンダメンタルの面からみても
Buyのようです。現在のマーケットは調整中とみているので、小さいポジションから
たてていくのをおすすめしています。

注目です。

エヌビディア(NVDA)株価
 無題

著名な投資家ジム・クレイマーがボーイング(BA)、その他を
語りました。

 無題

ジム・クレイマー
「アメリカン航空が政府からお金を得たので、ボーイング社(BA)も買いだな。
航空会社は搭乗するときにテストすることも、マスクも飛行機ないで有効なようだし。」

「GEの再建プランはいいものだよ、だけどまだその時じゃない。来年には
もっといい銘柄になっていると思うよ」

「ロケットカンパニー(RKT)はよくやったよ。でもオーナシップの構造があまりすき
ではないので、潮時かもしれないね。」

「レッドヒル(RDHL)はイスラエルのいい会社だけど、ロイヤルティーファーマ
(RPRX)のほうが、いいね。」


ボーイング社(BA)株価
無題

インベスターズビジネスデイリー(IBD)からの記事ですが、
サービスナウ(NOW)、アドビ(ADBE)、エヌビディア(NVDA)
、クアルコム(QCOM)、ヴィーバ(VEEV)などが来週からの注目銘柄になります。

これらはメジャーな指数が50日移動平均のサポート線を割って下がっているにも
かかわらず、サポート線を守っています。

無題

現在マーケットは調整中というトレンドなので、これらの5つの
中を買う場合でも慎重にポジションを小さめに10週間移動平均のあたりで
とっていくのがいいようです。また新しいベースを形成するのを待ち、ブレーク
アウトを狙うのがいいようです。

アドビ(ADBE)ですが、2.6%上昇しバイレンジの470.11 から戻ってきました。
また50日移動平均のサポートもみつかっています。

無題
注目です。

 https://www.investors.com/news/servicenow-stock-nvidia-qualcomm-buy-points-stock-market-rally/

米国マーケット9月25日(金)はハイテク株のラリーでした。
テスラ(TSLA)、アップル(AAPL)株が上昇し、ナスダックは2.26%
の上昇でした。
しかし、インベスター・ビジネス・デイリー(IBD)によると
現在のアウトルックはマーケットはまだ調整中。アップトレンド
に転換するのを見守る必要があるようです、転換するのはいつかは
わからないが
すぐ起きる可能性もあるようです。

現在の戦略としてはこの調整でも強さをみせている銘柄をみつけ
ウォッチリストを作成して、アップトレンドの転換になったときに
それらにのれるように準備するのがいいようです。

IBDがこの調整でも強さをみせている銘柄を2つあげています。

1つめはサービスナウ(NOW)、2つ目はヴィーバ(VEEV)なります。


サービスナウ(NOW)はすでに50日移動平均からリバウンドをみせています。

サービスナウ(NOW)株価
無題


注目です。


 https://www.investors.com/market-trend/the-big-picture/stock-market-rally-attempt-continues-nasdaq-leads-servicenow-veeva-systems-buy-points/



BMOキャピタルのチーフ インベストメント ストラジスト Braian Belski
が現在のマーケットについて語りました。


 無題

Braian Belski
「現在の下げは健康的なマーケットではよくある下げです。
9月は昨年は良かったですが、例年いつも最悪の月になります。

現在はパンデミィックで混乱になっていることはわかりますが、
3月に暴落したときは我々は何もしらなかったですが、今は
ウィルスと生きるという方向に向かっています。また、人々は
政治的なことに重きをおきすぎです。

FRBの低金利が今後最低でも2年続くと言うのにマーケットは今年では
フラットになっています。11月、12月に上昇すると私はみており、
ターゲットでは年末にはS&P500は3,650にいくと思っています。」

「ポートフォリオをつくるときは政治的な思惑から作り始めるのはよくありません。
企業のファンダメンタルをみて、ポートフォリオを作成するのがいいです。」


無題


注目です。

著名な投資家ジム・クレイマーが23日水曜日のセルオフ
について語りました。


 無題

ジム・クレイマー
「まず冷静になろう。このような下げはがっかりさせられるが、
健康的なマーケットには必要だ」

「下げるときは、おもっているより早く下げるよ。」

「今回の下げは2000年のドットコムバブル崩壊の時のようなことを思い出させるが、
今回とドットコムバブル崩壊の時とは全く違う。」


「あの時も330のIPOがあったけど、まったく赤字ばかりの企業だった、今回のIPOの
企業は営業活動が黒字かそれに近いものばかりだよ」


「ドットコムバブル崩壊の時は成長率はあまりないのに
株価は高かったけど、テスラ(TSLA)や
ズーム(ZM)の株価は単にEarningsの成長率が高いから、株価も高くなっている
だけだよ!」

「この調整は来月の中頃までは続くかもしれない、そしたらブル
にかわるよ。」

「下げが続くようなら、アップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)なんかは買いを検討するよ。」

「コカ・コーラ(KO)、ペプシ(PEP)、ゼネラルミルズ(GIS)なんかは配当もあって
比較的に安全だよ」

注目ですね。






Chewy.comを創設したRyan Cohenですが、今はゲームストップ
(GME)のかじ取りをしようとしていて、将来アマゾン(AMZN)のライバルと
なるといっているようです。

無題

Ryan Cohenはまず10%の株を取得して、アマゾン(AMZN)のライバルとなる
といい、より経営にインボルブするといっています。

 無題

注目です。

9月21日(月)ですが、マーケットは引き続き軟調です。
これについて著名な投資家ジム・クレイマーがコメントしました。

 無題

ジム・クレイマー
「ヨーロッパがロックダウンするかもしれないからって、
アメリカもそうとも限らないよ。それで株価下がっているのは
あまり納得できない。」

「これらの下げは納得できないよ。逆に買いといいたくなるよ。
こういう醜いときにチャンスがあるんじゃないかな??
セルオフの終わりが始まったとみているよ!!」

注目です。




米国株IPO 注目⑤ ステップ・ストーン(STEP=StepStone)になります。
無題

ステップ・ストーン グループ(STEP=StepStone)は13か国にオフィスがあり、
ローカルなチームでグローバルスケールのビジネスをするというのを
信条にしています。この投資会社は17.5 million株を
売り出しました。

会社は $292 billion のアセットを管理しており、2020年の売上は $447 million
でした。

ステップ・ストーン グループ(STEP=StepStone) 株価
無題


注目ですね。


米国株IPO 注目④はジェイ・フロッグ(FROG)になります。

ジェイ・フロッグ(FROG)は価格$33 から $37の間で
11.6 million株売りだす予定です。
この会社はリキッドソフトウェア会社と自称しており、
エンドトゥエンドの持続的なソフトウエアリリースマネジメント
を提供しています。

ジェイ・フロッグ(FROG)のカスタマーベースは5,800 に及び、
Fortune 100の75%が顧客と言われています。
2019年の売上は$104.7 millionとなっており、前年度と比べ65%伸びています。

注目ですね。

無題

↑このページのトップヘ