会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: インベスタービジネスデイリー(IBD)

S&P500になっているもので、
半値になっている銘柄です。

 
CompanyTicker52-week high dateStock % ch. from highSector
Penn National Gaming(PENN)3/15/2021-70.0%Consumer Discretionary
ViacomCBS(VIAC)3/15/2021-65.5Communication Services
Moderna(MRNA)8/10/2021-62.5Health Care
Discovery(DISCA)3/19/2021-62.1Communication Services
The Gap(GPS)5/18/2021-54.7Consumer Discretionary
Twitter(TWTR)2/25/2021-53.8Communication Services
Enphase Energy(ENPH)11/22/2021-51.9Information Technology
Biogen(BIIB)6/7/2021-50.1Health Care
 Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence

年初から株価は下落していますが、
Ashland (ASH)は消費者向けのマーケットに化学物質などを提供しています。
利益は22年には27%上昇するとアナリストはみています。

株価は8週間の底値固めを得て、110.84の買いポイントより5%低いところにあります。 
8月から株価はゆるやかに回復しており、50日移動平均線より
上で推移しているので、調子は悪くないです。
 無題
無題
注目です。


先週はS&P500,ダウ、ナスダックともわずかならがに上昇しました。
S&P500,ダウは最高値更新、ナスダックは高値に近い位置にいます。

無題


注目はEV車銘柄のテスラ(TSLA)、ニオ(NIO)、シャオペン(XPEN)になります。

テスラは1,119.10 を買いポイントとする
ダブルボトムを形成しつつありますが、納品台数により
チャートはかわるかもしれません。
無題

その他の注目としてはデータドッグ(DDOG)がありますが
今ハンドル部分を形成中です。公式な買いポイントは 186.38 となっています。

無題

 注目です。

FEDの決定待ちでダウ、ナスダック、S&P 500は方向性なく
先物は動いています。
ナスダックは50日移動平均線より下に行ってしまいましたが、1日の安値よりは上を
行く形となりました。

テスラ(TSLA)は最近の安値に達しました、グーグル(GOOG)は頑張っているかもしれません、
一旦は50日移動平均線を割りましたが、こらえたようです。
エヌベィデアとAMDは抵抗線を守り切ったようです。


無題
グーグル(GOOG)株価は1.3%下がって、 2,878.14になりました。
50日移動平均線よりやや下になっています。先週やっと50日移動平均線を取り戻したばかりでした。
現在買いポイント3,019.43のフラットベースを形成中です。

無題
注目です。

マーケットラリーは起こっていますが、マーケットがまた
ひと息つく懸念もあります。それまで投資家は注意深くしていたほうが
良いようです。

 
今週とくにちゅうもくすべきは、
アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、アドバンストマイクロ(AMD)
、NXP Semiconductors (NXPI)、アドビ(ADBE)
のようです。


現在 NXP Semiconductors (NXPI)は
買いポイント  227.60
のわずか下を推移していますが、マーケットトレンドがアップトレンドになれば
カップウィズハンドルを形成しているので注目のようです。
無題

注目です。

今年50%以上上昇してから、11%以上さげている銘柄は以下になります。

注目です。


 
CompanyTickerYTD stock change% change from highDate of 52-week highSector
Moderna(MRNA)188.6%-39.4%Aug. 10Health Care
Generac Holdings(GNRC)78.7-22.5Nov. 2Industrials
Mosaic(MOS)50.5-19.9Oct. 20Materials
Occidental Petroleum(OXY)71.3-17.1Oct. 26Energy
Nucor(NUE)102.2-16.5Aug. 13Materials
APA(APA)84.5-15.9Nov. 8Energy
DexCom(DXCM)51.5-15.0Nov. 18Health Care
Gartner(IT)98.8-13.7Nov. 2Information Technology
CF Industries(CF)53.2-12.9Nov. 18Materials
Tesla(TSLA)53.7-12.8Nov. 4Consumer Discretionary
Fortinet(FTNT)110.8-11.9Nov. 8Information Technology
EOG Resources(EOG)73.6-11.9Nov. 8Energy
Marathon Oil(MRO)133.6-11.4Nov. 8Energy
Simon Property Group(SPG)78.1-11.3Nov. 18Real Estate
S&P 500 21.9-2.7
Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence

12月は通常S&P 500の株価は底堅いです。
1950年以降だと12月は1.5%上昇しています。


マイクロソフト(MSFT)は12月通常マーケットをビートしているようです。



無題
以下が注目の銘柄になります。
 

Top S&P 500 Stocks In December

They beat the market during the month in each of the past five years

CompanyTickerSectorDec. 2016Dec. 2017Dec. 2018Dec. 2019Dec. 2020Dec. Avg.
CF Industries(CF)Materials8.8%13.5%3.1%3.3%3.8%6.5%
Hilton Worldwide(HLT)Consumer Discretionary8.5%3.0%-5.0%5.6%7.4%3.9%
Marriott International(MAR)Consumer Discretionary5.0%6.9%-5.6%7.9%4.0%3.6%
Sysco(SYY)Consumer Staples4.0%5.2%-7.0%6.2%4.2%2.5%
Microsoft(MSFT)Information Technology3.1%1.6%-8.4%4.2%3.9%0.9%
S&P 500 1.8%1.0%-9.2%2.9%3.7%0.0%
Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence




ホリデーシーズンが始まりましたが、終わりは特に、小売り、エネルギー、旅行関連の
銘柄にとっては酷い週でした。そのなかでも
カナダのトラック会社のTFI International (TFII)は耐えた銘柄でした、
10週移動平均線のサポートもあり、堅調でした。
ライバル会社のArcbest (ARCB) もパフォーマンスは悪くありませんでしたが、金曜日には
急落しました。

 無題

TFI International (TFII)は10月28日に決算をおえて、116.60のエントリーポイントでの
カップベースを形成し、 120.18を記録してから、その後はヨコヨコになっています。


無題


注目です。

アップル(AAPL)のセルオフがありましたが、インベスタービジネスデイリー(IBD)
ではダウのベストの買いとウォッチリストを作成しています。

無題


 以下が注目すべき銘柄になります。

Best Dow Jones Stocks To Buy And Watch

Company NameSymbolClosing Price2021 YTD Performance
American Express(AXP)173.78+43.7%
Apple(AAPL)149.80+12.9%
Disney(DIS)169.07-6.7%
Goldman Sachs(GS)413.35+56.7%
Merck(MRK)88.05+12.9%
Microsoft(MSFT)331.62+49.1%
マイクロソフト(MSFT)ですが
買いポイントの
305.94を超えて、きていましたが、現在一息ついているようです。

無題

次の買いに入る前に、マーケットトレンドがアップトレンドなのか調整中なのかいインベスタービジネスデイリー(IBD)のトレンドをチェックするのが良いようです。

注目です。

ハイテク銘柄は下げ、22日はミックスしたパフォーマンスでした。

ジョーバイデンによるパウエル議長の再任の発表がありましたが、
10年債の金利は1.58%から1.63%へ急上昇しました。

無題

強かったセクターは銀行株、そして、ニューコア(NUE)でした。

 119.42のエントリーポイントでカップウィズハンドルを形成しています。


無題
注目です。

EVマーケットは引き続き熱いです。
リビアン(RIVN)、ルシード(LCID)は引き続きマーケットを
牽引し、Xpeng(XPEV)、リオート(LI)は現在買いとして
行動可能になっています。


 無題



リオート(LI)は34.93 の買いポイントでカップウィズハンドルを形成中です、そして
50日移動平均線よりリバウンドしてきたので、アーリーエントリーの
シグナルをだしています。


無題

今のような状況では買いエントリーポイントから上がってから買うのではなく、
50日移動平均線よりリバウンドした時のように早めにエントリーするのが良いようです。

注目です。

株を単に買うのは簡単ですが、いい銘柄を選ぶのは簡単ではありません。
ウォッチリストのなかで、インベスタービジネスデイリー(IBD)が
あげている5つの銘柄は以下になります。

1、Alphabet (GOOGL),
2、Airbnb (ABNB)
3、Target (TGT),
4、Dick's Sporting Goods (DKS)
 5、Eli Lilly (LLY) 



ターゲット(TGT)ですが、262.61
の買いポイントでカップウィズハンドルを形成しています。

無題


DKSは140.95 
の買いポイントを持っています。

無題
注目です。

今日のダウは先物で少し上がっています。
決算発表後の株価の注目としてはディズニー(DIS)、アファーム(AFRM)、SOFI
などがあります。そして、テスラ(TSLA)も注目です。

アップホールディング(UPST)は水曜日に売られました。
アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、グーグル(GOOG)も売られました。

リビアン(RIVN)は29%も上昇し、100.73までいきました。
時価総額はGMと同じくらいで、フォード(F)より上になっています。


無題

本日の株価をみて、上がっていくなら、ホールドしていくのか、調整に向かっていくようなら、
利益を確定していくのか
検討していくのがいいようです。

EV車のキーの素材であるレアアースの需要が増えていて、注目されている
銘柄があります。

MP Material(MP)ですが、ブレイクアウトして、買いポイントのちょっと上をいっています。
 

無題

月曜日に13.9%上昇し、41.69までいきました。

注目です。

今年も冬に地価好き、ハロィーンからサンクスギビングに向かっていて、
サプライチェーンの問題はありつつも、
小売りの銘柄は熱くなりつつあります。

そんな中で、
Target (TGT), Walmart (WMT), Academy Sports & Outdoors (ASO), Dick's Sporting Goods (DKS) そして、 Williams-Sonoma (WSM) は買いポイントのわずか上か、ちょっと下回っているところです。

ターゲット(TGT)はカップベースで
買いポイントは267.16 ですので、買いポイントのすぐ下を推移しています。
無題

Williams-Sonoma (WSM)は204.51の買いポイントからブレイクアウトしましたが、
まだ買いポイントの範囲ないです。
無題

注目です。



投資家は成長株でも格安に放置されている
成長株を探しもとめてやみません。
以下が注目の割安になっている成長株5つです。

1つめはCharles & Colvard (CTHR)
になります。


無題
2つめはインドのITサービス会社、ウィプロ(WIT)になります。



無題
3つめは Entravision Communications (EVC)
4つめはRichardson Electronics (RELL)
5つめはUnited Microelectronics (UMC)

になります。


注目です。

ウォーレンバフェットと言えば、長期的で継続的な成長を
できる会社に投資しています。
無題



 インベスタービジネスデイリー(IBD)がスクリーニングした
銘柄が以下になります。


Warren Buffett Stocks: MarketSmith Screen

Screen created using MarketSmith | Data as of Nov. 4, 2021

CompanySymbolSustainable Growth %ROE 5-Yr AvgComp RatingEPS RatingRS RatingSMR Rating
Alpha Pro Tech LtdAPT5821.623563B
One-800Flowers.com Cl AFLWS2717.1554972B
D R Horton IncDHI1918.5679937A
Teradyne IncTER4031.2959573A
Alibaba Group Hldg AdsBABA2118.851936A
Meta Platforms Inc Cl AFB2521.9879448A
Green Brick Partners IncGRBK2013.5799354A
Perficient IncPRFT2116.8999597A
Bristol Myers Squibb CoBMY2234.1629115A
Winnebago Industries IncWGO2918.9719450A
Ciena CorporationCIEN2015.3736172C
Daqo New Energy Corp AdsDQ2217979462A
Sprouts Farmers MarketSFM3726.8607540C
Microsoft CorpMSFT3438.7989385A

注目です。

EV車のデマンドの高まりで、リチウムイオンの価格が急騰するに
つれ、Albemarle(ALB)の投資家は報われつつあるようです。


無題
Albemarle(ALB)の株価は現在買いゾーンにあります。


Albemarle(ALB)のビジネスは以下のように分かれます。供給がおいつかない
とみているアナリストもいます。

 無題


注目です。

代替サービス、電気自動車関連で買いポイントの近い5つの銘柄があります。


無題

プラグパワー(PLUG)は買いの範囲にあります。

Xpeng(XPEV)、リオート(LI)は買いポイントの近くにあります。

リチウムイオン電池関連では
Albemarle (ALB)Livent Technologies (LTHM) が買いの範囲になっています。


プラグパワー(PLUG)株価

無題
注目です。

大きく儲けるためにテスラ(TSLA)株だけがその手段ではありません。

無題


例えばS&Pのベストのパフォーマンスの銘柄を各月もっていれば、
10月末には$10,000が$224,215にもなっています!!

 このような銘柄をもっていることで資産も増えるようです。

Top S&P 500 Stocks Each Month In 2021

Being in the right stock each month turned $10,000 into $224,215.

MonthTop S&P 500 stockSymbolStock's monthly gainSectorS&P 500  monthly changeBeginning balanceCumulative value of $10,000 investment in January reinvested in top stock each monthComposite Rating
JanuaryDiscovery(DISCA)37.7%Communication Services-1.1%$10,000$13,77032
FebruaryMarathon Oil(MRO)53.3%Energy2.6%$13,770$21,10995
MarchNucor(NUE)34.2%Materials4.2%$21,109$28,32998
AprilEquifax(EFX)26.6%Industrials5.3%$28,329$35,86490
MayNortonLifeLock(NLOK)28.0%Information Technology0.5%$35,864$45,90679
JuneBiogen(BIIB)29.5%Health Care2.2%$45,906$59,44923
JulyModerna(MRNA)50.5%Health Care2.3%$59,449$89,47070
AugustPaycom(PAYC)22.2%Information Technology2.9%$89,470$109,33397
SeptemberCoterra Energy(CTRA)36.9%Energy-4.8%$109,333$149,67698
OctoberEnphase Energy(ENPH)49.8%Information Technology6.5%$149,676$224,21599

インベスタービジネスデイリー(IBD)のIBD50の銘柄で
トップのグロース株はAMD、エヌベィデア、テスラ(TSLA)がトップの
グロース銘柄になっています。


無題

テスラ(TSLA)は買いポイントの900.50 を超えてきました。大きなカップベースを
形成していて、買いポイントの上限は945.53となっています。

その他のトップグロース銘柄としてはアレスマネジメント(ARES)があります。
小さいカップベースを形成していて、81.26の買いポイントのあたりにいます。

無題
注目です。

高配当だからといって、株価が上昇しないとは限りません。
配当と株価上昇の両方がとれいている銘柄もあります。

無題

以下がその銘柄になります。

 Stocks yielding 5% or more that gained 20% or more this year
CompanyTickerStock YTD % ch.Dividend yieldSectorComposite Rating
Oneok(OKE)69.6%5.79%Energy97
Iron Mountain(IRM)52.45.52Real Estate85
Exxon Mobil(XOM)52.15.61Energy83
Williams Companies(WMB)47.95.58Energy95
Valero Energy(VLO)39.24.95Energy75
Kinder Morgan(KMI)35.35.88Energy94
Lumen Technologies(LUMN)24.38.18Communication Services48

インフレーションの懸念に取りつかれて、S&P 500 銘柄をあきらめて、持たないことは
良くないようです。2000年以降でインフレーションの時で良いパフォーマンスを出して
いたものと悪いパフォーマンスを出していたものが以下になります。

無題

Best And Worst Assets During Inflation

AssetInflationary return*Representative ETFSymbolYTD % Ch.
Oil41%United States Oil Fund(USO)69.2%
Emerging market stocks18%Vanguard FTSE Emerging Markets(VWO)1.8%
Gold16%SPDR Gold Trust(GLD)-6.0%
Cyclical stocks16%Invesco DWA Consumer Cyclicals Momentum(PEZ)14.9%
U.S. small cap stocks15%iShares Core S&P Small-Cap(IJR)20.4%
TIPS13%iShares TIPS Bond(TIP)0.5%
High-quality stocks12%iShares MSCI USA Quality Factor(QUAL)14.6%
Growth stocks12%SPDR Portfolio S&P 500 Growth(SPYG)16.8%
Developed market ex U.S. stocks12%iShares Core MSCI EAFE(IEFA)7.8%
Defensive stocks10%Invesco Defensive Equity(DEF)12.2%
U.S. large cap stocks10%SPDR S&P 500 ETF Trust(SPY)15.7%
Value stocks8%SPDR Portfolio S&P 500 Value(SPYV)14.7%
High-yield fixed income5%High Yield(HYLD)0.2%
Investment grade fixed income-5%Vanguard Total Bond Market(BND)-3.3%
Emerging market fixed income-8%iShares J.P. Morgan USD Emerging Markets Bond(EMB)-5.7%
 Sources: Wells Fargo, IBD, S&P Global Market Intelligence YTD through Oct. 13, * - based on periods of inflation post 2000




米国株のメジャーインデックスは先週落ち込みました、調整へと
シフトしているようです。
S&P 500とナスダックは50日移動平均線より下に推移しています。

マーケットはダウントレンドですが、金曜日はマーケットラリーの第一歩かもしれません。

 

無題


このような中ではキャッシュポジションを
多く持っておくのがよく、またRS linesが強い銘柄に注目です。


Netflix (NFLX), Datadog (DDOG), Mosaic (MOS), American Express (AXP), Bill.com (BILL), Quanta Services (PWR) 、Paychex (PAYX)が RS lines が高く、S&P 500よりも
アウトパフォーマンスしています。


無題
注目です。


メジャーインデックスは20日月曜日に下げましたが、
それ以降は上昇し、いくつかの買いシグナルを
点灯している銘柄もあります。

インベスタービジネスデイリー(IBD)ではマーケットトレンド
をアップトレンドにもどしました。

テスラ(TSLA)株価ですが、24日金曜日に買いポイントを通過して、
ブレイクアウトしました。FSDベータバージョンをリリースする
直前まできています。


無題


テスラ(TSLA)株価ですが8か月の底値固めから、ハンドル部分の買いポイント 764.55 
をクリアしました。


無題

注目です。

↑このページのトップヘ