会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: インベスタービジネスデイリー(IBD)

S&P 500の会社はキャッシュが有り余っています。
そして、それを処分する一つの手段としては配当があります。
また、投資家としては配当はどれくらい増えていくのかという
成長率も大事です。

無題

 S&P 500の中でシグナ(CI)、ファイナンシャルキャピタルワン(COF)、
オラクル(ORCL)などの、ここで上げる16の会社は第1四半期で30%以上の
増配をしています。トップのシグナ(CI)は9,900%というとんでもない増配を
しています。また、このなかの4つは今まで配当なかったのが、配当を始めました。

投資家としては配当は嬉しいものとなり、S&P 500の第1四半期の
増配は平均11.1%となっています。2020年の第4四半期は9.8%の増配でした。


以下が配当成長りの高い銘柄となります。
 
CompanySymbolNew Dividend (Annual, Per Share)Old Dividend (Annual, Per Share)Div % Ch.SectorStock YTD % Ch.
Cigna(CI)$4.00$0.049,900.00%Health Care14.9%
Progressive(PGR)$4.90$0.401,125.00%Financials-3.5%
Capital One Financial(COF)$1.60$0.40300.00%Financials33.6%
Amphenol(APH)$2.32$1.16100.00%Information Technology4.4%
Devon Energy(DVN)$0.76$0.4472.73%Energy44.1%
Darden Restaurants(DRI)$2.07$1.3454.48%Consumer Discretionary21.3%
Rollins(ROL)$0.32$0.2152.38%Industrials-9.7%
Allstate(ALL)$3.24$2.1650.00%Financials7.2%
Newmont(NEM)$2.20$1.6037.50%Materials4.9%
Old Dominion Freight Line(ODFL)$0.80$0.6033.33%Industrials25.3%
Oracle(ORCL)$1.28$0.9633.33%Information Technology14.8%
Tractor Supply(TSCO)$2.08$1.6030.00%Consumer Discretionary27.7%
Freeport-McMoRan(FCX)$0.30$0.00n/aMaterials34.6%
HCA Healthcare(HCA)$1.92$0.00n/aHealth Care13.3%
Ross Stores(ROST)$1.14$0.00n/aConsumer Discretionary0.6%
Universal Health Services(UHS)$0.80$0.00n/aHealth Care-0.3%

マーケットは現在アップトレンドになっています。

アップル(AAPL)は50日移動平均線を取り戻し、アマゾン(AMZN)、
エヌビディア(NVDA)は50日移動平均線より上にいっています。
マイクロソフト(MSFT)、フェイスブック(FB)、グーグル(GOOG)は
引き続き続伸しています。

無題
アップル(AAPL)は130代と50日移動平均線を取り戻しました。

日経で報道にあったようにマックブック、iPads、などは半導体チップの不足のため
影響をうけています。

その一方でテスラ(TSLA)は今週にはチャートの底で戦ったいましたが、
水曜日にEV納品台数が急伸したので、株価はとり戻しつつあります。



 無題

テックジャイアントのマイクロソフト(MSFT)、フェイスブック(FB)、グーグル(GOOG)
は数か月さえない期間をえて、上昇し、まだ買いポイントの範囲ないのようです。


マイクロソフト(MSFT)株価
無題

フェイスブック(FB)株価
無題

注目です。

https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-stock-market-rally-pauses-biden-tax-hike-plans-apple-microsoft-tesla-model-s-delays/



カーニバルクルーズ(CCL)はCDC(U.S. Centers for Disease Control & Prevention)
にいい顔するのは疲れてきたようです。カーニバルクルーズ(CCL)はCDC
にUSの港から船を出すと強硬姿勢をはじめました。

CDCは10月に出港禁止に変わる安全にかかわる規定を設定しました。
6月30日までは出港しないとニュースリリースしました。

カーニバルクルーズ(CCL)の社長はCDCにその他旅行業界と同じ扱いにするように
願いました。

無題


2月22日に買いポイント24.48を超えて、ブレイクアウトして、今現在はそこから
22%以上上に株価は位置しています。

このブレイクアウトはしばらく続くかもしれません、しかし10週移動平均線まで
もどってきたら、2度目の買いポイントを提供する可能性もあります。

無題

パンデミィックが完全に制御されれば、さらなる株価の飛躍も
見込めるようですが、現在の姿勢としては新たな買いポイントを待ち、
グロース投資家ならば、もっと業績のよう企業を狙ったほうがいいようです。

現時点ではインベスタービジネスデイリー(IBD)では
カーニバルクルーズ(CCL)は買いではないという判断です。


 https://www.investors.com/research/ccl-stock-buy-now/?src=A00220


ダウはジョーバイデン大統領がワクチンに関して新しい誓約をしたのにも
関わらず、下げました。
ウォーレンバフェットの銘柄のコカ・コーラ(KO)はブルーチップ銘柄の中では
買いポイントが近い
トップパフォーマーとなっています。ボーイング(BA)は下げています。

ナスダックは引き続き回復の兆しを見せています。買いポイントを超えてきたのは
Green Brick Partners (GRBK)、Charles River Labs (CRL) 、Avantor (AVTR)です。


 無題

コカコーラ(KO)ですがカップウィズハンドルを形成しました。
理想的な買いポイントは 54.04です。


無題
コカ・コーラは昨年2月に最高値をつけました。
バークシャー(BRKB)は コカ・コーラ(KO)の36 million株を所有しています。

住宅建築関連のGreen Brick Partners (GRBK)は
買いポイントである 25.15を超えてきました。
無題
ここ数週間はボリュームが増えているので、機関投資家が買っているようです。
注目です。


https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-slips-biden-set-to-make-covid-vaccine-pledge-warren-buffett-stock-nears-buy-point-coca-cola-stock/


S&P 500 の会社は第1四半期の決算を終えました。
歴史的なほどに、良好なためアナリストはフォアキャストをブーストしています。

無題
S&P 500のいくつかの会社コノコフィリップス(COP)、素材の会社ニューコア(NUE)、
一般消費財のLブランズ(LB)などは利益のフォアキャストが倍になっています。

今年はアナリスト達はS&P 500 の企業の利益は6%成長すると予想しています。
これは歴史的には最大の成長となります。これつ続くのは2018年の第1四半期
の5.4%です。

この利益の増加が S&P 500を最高値に運んでいるファンダメンタルの一つです。
今年すでに7%あげているので、その速さに心配しているアナリストもいます。

アナリストは第1四半期では利益は23.8%上昇すると考えています。
この数字は2018年の第3四半期以来の上昇率になります。

以下の会社が特に利益を増加させる注目すべき銘柄になります。

Largest S&P 500 Profit Upward Revisions

CompanySymbolQ1 2021 EPS Estimate On Jan. 1EPS Forecast For Q1 2021 NowEPS Estimate Increase YTDSectorStock YTD %
L Brands(LB)-0.050.982,275.4%Consumer Discretionary66.2%
ConocoPhillips(COP)0.110.53363.9%Energy35.1%
Devon Energy(DVN)0.080.30255.8%Energy48.6%
Weyerhaeuser(WY)0.270.84217.0%Real Estate9.9%
EOG Resources(EOG)0.441.34204.3%Energy51.1%
Nucor(NUE)1.053.08193.3%Materials50.2%
CF Industries(CF)0.200.56183.4%Materials18.6%
Under Armour(UAA)-0.050.04166.1%Consumer Discretionary28.0%
Exxon Mobil(XOM)0.240.55132.2%Energy39.2%
Hess(HES)-0.600.16126.5%Energy41.1%
APA(APA)0.000.26N/AEnergy32.8%
Ventas(VTR)0.000.03N/AReal Estate10.9%
Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence




 

多くの投資家が株を売るのはいつがいいのか??わからない時もあり、疑問を投げかけます。
ウォールストリートの格言では利確をして、破産した人はいない
というのがあります。これはロスより、利確のほうが多ければ破産はしない
という意味です。

インベスタービジネスデイリー(IBD)ではダウンサイドのリスクを少なくするために
ロスカットは7%-8%の間ですると推奨しています。これと
同じように利確のルールもシンプルにしています。

株を買ってから、株価が上昇しつづけるとき、利確するかどうかの判断は簡単ではありません。

インベスタービジネスデイリー(IBD)では長期的な投資を成功させるために
ルールをもうけています。そのルールとはシンプルで
株価が一旦ブレイクアウトして、20% から25%の利益になったら、ある程度利確する、
マーケットの調子があまり良くないようだったら、全部利確する。
しかし、マーケットが上げ調子で株価の上昇がまだ初期だと思えるときは
利確は3分の1くらいに抑えて、そのままホールドでも良いとなります。そして、
残りのポジションを注意深くみておく。

インベスタービジネスデイリー(IBD)の創始者でレジェンドの投資家ともいいわれる
William O'Neilは多くの株がベースからブレイクアウトして20% から25%上昇して
その後コレクションとして急落するというのをきづき
、1960年代にこの株の売りルールを確立させました。

このルールの例外というのは、ブレイクアウトして2~3週間で20%以上
上昇し、マーケットが上昇志向の場合です。その時は8週間はホールドして
より多くのゲインが取れるか注意深くみたほうが良いそうです。
このような時はより多くの利益がとれることがあります。
このような時は長期的のリーダー銘柄に対してのみで他はルールに当てはめて
利確したほうが良いようです。

理由としては
1、あなたの持っている銘柄の多くは大きな勝者とならない可能性が高い
2、損失というのは誰もがすることであるので8%とロスカットとしておくのが良い
3、利確というのは自信を与えてくれる
4、株をもっていても、下落局面ではデットマネーとなる
5、一旦利確しても再度チャンスがあれば、再エントリーできる

ラスベガスサンズ(LVS)の例をみていきましょう。
ラスベガスサンズ(LVS)は2013年58.21で買いポイントを形成して、ブレイクアウトしました。
7週間で26%上昇しました。①で利確するのがいいタイミングになります。

その後6週間グダグダして、 買いポイント73.59で2013年12月
再度ブレイクアウトしました。しかし、今回は12%上昇したのみで、
それから急落し、すべての上昇分を取り消しました。

3度目は虚偽のカップベースでした、V字のカップベースは虚偽のカップベースです。
そして、虚偽のカップベースからブレイクアウトできなくて、株価は
ダウントレンドになりました。2016年には株価は安値の 34.55をつけました。
長期でもっている投資家は利益をとれませんでした。


無題


このような例から虚偽のカップベースを見破る分析とファンダメンタルをみながら
長期投資よりも利確行っていくのがいかに大切かわかります。

ハイテク株の多いナスダックですが水曜日は上昇しました。
S&P 500は高値を記録し、ダウは下げました。

火曜日と比べ、ナスダックの取引量は増えました。ニューヨーク株式市場でも
ボリュームが増えました。

現状はインベスタービジネスデイリー(IBD)ではマーケットの方向性は
ダウとS&P 500の強さから
「アップトレンド」とアップグレードしています。

1、ボーイング(BA)
2、クリーブランドクリフ(CLF)
3、マイクロソフト(MSFT)

の3つが買いポイントが近い銘柄となっています。


ボーイング(BA)ですが、 244.18の買いポイントで、カップベースを形成しており
5%の範囲内なので、Buyになっています。
無題

クリーブランドクリフ(CLF)ですが、18.06の買いポイントでダブルボトムを
形成しています。買いポイントからは上昇しています。

クリーブランドクリフ(CLF)株価
無題

投資家がフォーカスすべき銘柄は買いポイントに近い銘柄であり、
10週移動平均線より低いものにはフォーカスすべきではないようです。
これはマイクロソフト(MSFT)とアップル(AAPL)の差にもなります。

アップル(AAPL)は10週移動平均線より下で推移しており、最高値より15%低い位置にいます。
い一方マイクロソフト(MSFT)は50日移動平均線で 246.23を買いポイントで 底を形成しており、
ハイテク株が調子よいなら、ブレイクアウトする可能性が高くなります。
注目です。


マイクロソフト(MSFT)株価
無題


 https://www.investors.com/market-trend/the-big-picture/stock-market-rally-boosted-tech-stocks-sp500-record-high-dow-jones-leader-microsoft-buy-point/

今週注目すべき銘柄としては
1、フェイスブック(FB)
2、ディズニー(DIS)
3、ゼネラルモーターズ(GM)
4、ターゲット(TGT)
5、Scotts Miracle-Gro (SMG)

があります。どれも買いポイントが近いです。

1のフェイスブック(FB)ですが、2020年の利益成長も固く、アナリストは
2021年、2022年とも利益の成長は底堅いとみています。

フェイスブック(FB)での一番の懸念事項といえば、アップル(AAPL)のiOS14が
フェイスブック(FB)とその他アプリがユーザーにサードパーティーサイトでの活動を
トラックできるようにするか、それともしないのか選べるようにするアップデートで
これがアド広告の単価に悪影響を及ぼすと考えられています。

CEOのマークザッカーバーグがフェイスブック(FB)ショップは順調に伸びて、
1 million active shopsに成長し、毎月 250 million shoppers がいると発表してから
株価は持ち直しているようです。
一旦は299.71まで持ち直し、8月につけた最高値に近づきました。
relative strength lineをみるとダウントレンドを抜け出したようです。
無題

2のディズニー(DIS)ですが、
26日(金)にディズニーランドの拡大の発表をしました。また
4月30日に15%-35% のキャパシティーで再オープンする予定です。
ディズニーワールドはすでに再オープンしてから数か月はたっています。

成長ドライバーとしてのディズニー+のサブスクライバーは1億人を超えたようです。

無題
ディズニー(DIS)株価は前の買いポイントだった183.50
をテストしているようです。21日移動平均線を超えられるかどうかを
注意深くみたほうが良いそうです。これを超えられれば、3月のダウントレンドを
抜けて、さらに上昇していく可能性があるようです。

注目です。

最近急落した航空会社株に再度チャンス到来でしょうか!?
例えば、航空会社株スピリット航空会社株(SAVE)は何回かのトレードの
チャンスを提供しています。そして、再度チャンスがきているかもしれません。


 無題

スピリット航空(SAVE)は過去2か月で3度目のチャンスに向かっています。
以下株価チャートでは
2月の①が21日移動平均線で支えられて、最初のチャンスでした。スピリット航空(SAVE)は
経済再開銘柄のなかでも、
リラティブストレングスラインが強く、航空会社株ではリーダー的に
存在です。インベスタービジネスデイリー(IBD)では①で入り、8%上昇した時点で
ある程度利益をとり、③で13%利益になったところでまた利益を取りました。
④で少し下がりましたが、残りを売り出口としました。理由は決算発表を
またがないというスイングトレードのルールからです。④で出口戦略したため
最高値で売るのは逃がしましたが、決算発表での急落でダメージは受けませんでした。
最高値で売れなくても、急落を避けて利益を確保できたのは良い出口戦略だった
と思います。

⑤のあとしばし休んで、⑥で株価は急伸してきました。その時はブレイクアウト
にはならなかったため、インはしませんでしたが、その後株価は
力強い動きを見せたため株価は上昇しましたが、インしなかったので
、その時は利益はとれませんでした。

無題

⑥でトレードしなかったとはいえ、ウォッチリストにはいれていました。
そして、その時3月8日くらいには航空会社全体が上げ⑦だったので、
航空会社のETF(JET)を買いました。
そして、株価が急伸した⑧でJETを売り、再度スピリット航空(SAVE)に入りました。
⑨で急伸したので、再度SAVEで利確を行いました。

そのあとは経済再開とロテーション銘柄も下げてきて、難しい環境になりました。
⑩では10日移動平均線をわりました。10日移動平均線は短いですが
スイングトレードでは役に立つこともあります。
今回は10日移動平均線をわってから、さらに下げましたので、10日移動平均線
を割ってすぐ売っていれば、さらなる下落は避けられたことになります。

⑪下落から50日移動平均線で株価は急反発しました。

再度のチャンスですが、今回はリスクがやや高いので通常の半分の金額でSAVEに入りました。

米国マーケットですが、再度ラフなセッションとなりました。
ダウはプラスを失って、 S&P 500 はキーレベルを割り、ナスダックは
13,000をわりました。

マーケットクローズの後で、RH(RH)、GrowGeneration (GRWG)、
KB Home (KBH) などが決算でヘッドラインを飾りました。


無題

 株価のブレイクアウトですが、ラスベガスのカジノに例えていえば、
多くの人を引き付けるのは大当たりの人がいるからです。フロアに
大当たりの人がいなければ、負けたひとはどんどん去っていきます。
株式市場も似たようなことが言えます、株価のブレイクアウトがどんどん
あれば市場も盛り上がりますが、いまは多くの銘柄がブレイクアウト
に失敗しています。

テンセントミュージック(TME)ですが、最近の買いポイントから
27%株価が急落し、50日移動平均線より下げました。中国株にとっては
ニオ(NIO)、JD.com(JD)とともに
良くない日でした。親会社のテンセント(TCEHY)は利益が予想よりも良かったのに
株価は冴えませんでした。

テンセントミュージック(TME)株価
無題
RHですが、売上、利益とも四半期の予想を上回り、時間外で上昇しています。
そして、買いポイントまで上昇しそうな形になっています。
月曜日には一旦買いポイント524.32をクリアしましたが、火曜日には下がりました。

無題

グロージェネレーション(GRWG)に関しては利益とガイダンスで投資家を
印象づけました。グロージェネレーション(GRWG)も時間外で上昇しています。

KBホーム(KBH)は利益は予想を超えましたが、売上は予想に届きませんでした、
時間外で下落していますが、高値からはそんなに下がってはいません。



KBホーム(KBH)株価
無題


米国市場は週としてはほどほどの下げでしたが、ナスダックは
テクニカル的に一番打撃をうけました。

1、フェイスブック(FB)
2、USスティール(X)
3、ウェイフェア(W)
4、グーグル(GOOG)
5、クォロボォ(QRVO)

が買いポイントが近い5つの銘柄になっています。

現在マーケットの動きは複雑です、しかし単純に考えることが
できるコンセプトもあります。
基本は21日指数平滑移動平均線と50日移動平均線より上に
いっているものに投資するべきです。それはメジャーなインデックス
についても当てはまります。
現在だと、ダウとS&P 500は上にいっていて、ナスダックは下にいっていて
投資する環境としては難しくなっています。


 無題

フェイスブック(FB)は19日(金)にボリュームも多く、
4%急伸しました。これはマークザッカーバーグがアップル(AAPL)の
新しいプライバシーポリシーの影響を少なく見積もったためです。
早めのエントリーポイント286.89 を超えて、公式な買いポイント
 304.77 に近づいてきました。
投資家はここからポジションを持つことができるでしょう。
RSラインはぐだぐだしましたが、2021年来では最高になっています。

無題

USスティール(X)ですが、先週は7.3%下落しました、しかし
カップベースを形成してからの一息ついているだけなので、自然な動きです。
 24.56の買いポイントでカップウィズハンドルを形成しています。
デイリーチャートでは 24.81のカップウィズハンドルになっています。

無題

注目です。

月曜日のマーケットラリーは複雑でした。
プラグパワー(PLUG)の会計修正や、
クラウドストライク(CRWD)の決算などがヘッドラインとなりました。

その中でもMKS Instruments (MKSI)、アプライドマテリアル(AMAT)、
Qorvo (QRVO)、Skyworks Solutions (SWKS)
が買いシグナルを点灯させています。


MKS Instruments (MKSI) 株価

無題


アプライドマテリアル(AMAT)株価

無題
アプライドマテリアル(AMAT)はやや早いエントリーポイントを迎えています。


Qorvo (QRVO) 株価
無題


Skyworks Solutions (SWKS)株価
無題

注目です。

 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-nasdaq-fades-chip-stocks-buy-signals-plug-power-crowdstrike-earnings/

3月15日(月)はダウは 0.5%、S&P 500 は0.65%、ナスダックは1%以上と
それぞれ上がりました。

アップル(AAPL)は2%のリカバリーをみせ、マイクロソフト(MSFT)は0.4% 下落、
ナイキ(NKE)は新しい買いポイントに近づいています。


注目のトップ銘柄3つは
1、アプライドマテリアル(AMAT)
2、ディスカバリーファイナンシャル(DFS)
3、Hain Celestial (HAIN)
になります。
すべてが買いポイントにいるか、近くにいるので注目となります。


無題

1、アプライドマテリアル(AMAT)はほぼ底値をきづきつつあり
124.60の買いポイントを提供しています。3月8日に50日移動平均線を試しにいきましたが
守りきり、以来それより上にいます。

無題


2、ディスカバリーファイナンシャル(DFS)ですが、
木曜日に底からブレイクアウトしましたが、月曜日に101.06 の買いポイントより
下がってしまいましが、この買いポイントを超えてくるのかどうか注目です。
無題

3、Hain Celestial (HAIN)ですが、急激に
45.52 の買いポイントに近づいてきています。

無題


ペイパル(PYPL)はお金の移行するサービスを提供するもっとも
大きなデジタルプラットフォームです。
現在のマーケットラリーでペイパル(PYPL)は買いなのでしょうか?


無題

ペイパル(PYPL)株のファンダメンタル分析
2010年以降、基本利益と売上成長率ともに着実に伸びています。
2010年はEPSが29centsでしたが、
2019年にはEPSは$2.96 となっています。
2020年には EPSは31%伸び、$3.88となっています。アナリストの予想では
2021年にはEPSは18%成長、
2022年にはEPSは26%成長となっています。

デジタルペイメントの進化は世界中に影響を与えており、
成長トレンドとなっています。

2月3日には第4四半期の決算を発表しました。
EPSは29%伸び $1.08 
売上は23%伸び、$6.12 billionとなり、マーケット予想を上回りました。

また、16 millionの新規ユーザを獲得し、12月末時点ではトータル
377 millionユーザがいるようです。

最近のマーケットラリーで、 215.93 の買いポイントから
カップベースを形成し、伸びてきました。しかし、50日移動平均線を割ったところで
テクニカルでは買いではなくなりました。

インベスタービジネスデイリー(IBD)ではペイパル(PYPL)をIBDの長期のリーダー
ととらえていますが、ポジションを軽くするか、一旦売りとしています。

ペイパル(PYPL)株価
無題

注目です。

https://www.investors.com/research/paypal-stock-buy-now/?src=A00220
 

現在のマーケットはアップトレンドとコレクションの両方で
議論されています。ダウとリアルエコノミーの銘柄はうまくいっている
一方、ハイテクのナスダックはスランプ気味です。

このあともこのような状況は続くのでしょうか?

リアルエコノミーの銘柄としてはボーイング(BA)が買いポイントを水曜日に超えました。
D.R.ホートン(DHI)とフラグスターバンコーポ(FBC)は買いゾーンに入ってきています。
CFインダストリーズ(CF)も行動してもいい範囲です。
しかし、ゲームストップ(GME)は激しい株価の動きがつづいています。
ロブロックス(RBLX)ですが、強いデビューを果たしました。

 

無題

ボーイング(BA)は244.18をクリアして、カップベースを形成しました。
そして、ちっちゃい取っ手ですが、カップウィズハンドルを形成しているので
229.71 でのエントリーポイントになっています。

ボーイング(BA)株価
無題
D.R.ホートン(DHI)は前日3%上がり、82.09になりました。
 81.31 の買いポイントより上に来ましたが、まだ買ってもいいポイントのようです。


D.R.ホートン(DHI)
無題

注目ですね。

https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-stock-market-divided-boeing-breaks-out-gamestop-bitcoin-rise/?src=A00220

マーケットのコレクションは株に強気のベースを提供するチャンスでもあります。
新型コロナウィルスで急落した時はテスラ(TSLA)、テラドック(TDOC)、
ズームビデオコミュニケーション(ZM)は昨年モンスター級の株価の上昇がありました。

これらも再度モンスター級の回復をするかもしれませんが、今はダメージを受けています。




無題
今のような状況ではマーケットラリーが続くのかどうか慎重にいったほうが
いいようです。しかし、ウォッチリストは作成したほうがいいようです。
インベスタービジネスデイリー(IBD)は買いポイントの近い以下5つの
銘柄を上げています。

1、ウォルトディズニー(DIS)
2、ヴェール(VALE)
3、マイクロソフト(MSFT)
4、ファイブビロー(FIVE)
5、グーグル(GOOG)

です。

1、のウォルトディズニー(DIS)ですが、いよいよカリフォルニアのランドは
4月1日に人数を制限して
再開します。

無題
ウォルトディズニー(DIS)ですが、買いの範囲にあります。金曜時間外で上昇
していますが、アクションしてもいいようです。


2のヴェール(VALE)は 17.78 が買いポイントになります。

無題
マイクロソフト(MSFT)、ファイブビロー(FIVE)、グーグル(GOOG)
も買いポイントが近いようです。
注目です。


 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-market-rally-attempt-begins-which-stocks-will-lead/

株価の強さを示す Relative Strength Ratingですが
グーグル(GOOG)は69、フェイスブック(FB)は31、アマゾン(AMZN)は41、
ネットフリックス(NFLX)は47、アップル(AAPL)は61と
グーグル(GOOG)は現在のような急落しているマーケットでも
強さをみせつけているようです。なぜでしょうか?



 無題

本音を言えばこのRelative Strength Rating は80は欲しいところです、
しかし今急落しているマーケットで、しかもハイテク株がセルオフになっている
状況でグーグル(GOOG)株価は第4四半期決算発表後、素晴らしくその強さを保っています。

21日移動平均線で株価はサポートされています。
ウィークリーチャートでは3週の固いパターンとなっていて、
エントリーポイントは2,145です。
3月5日(金)では 3%上昇して2108.54となっています。

無題
グーグルは前回好決算でした。

グーグル(GOOG)のクラウドコンピュータの売上は47%上昇して
予想$3.8 billionに対して、 実績$3.83 billionでした。これは
マイクロソフト(MSFT)が 50%上昇しているのに対して、劣っています。

YouTubeの広告売上は23%上昇して、
予想$6.15 billionに対して、実績$6.88 billionでした。

全般的な広告売上は22%上昇して
予想$42.1 billionに対して、実績$46.2 billionでした。

注目です。

https://www.investors.com/research/ibd-stock-of-the-day/why-google-stock-is-holding-up-better-than-apple-facebook-amazon-netflix/


ダウは2月に最高値を更新し、そこから下落しました。
3月にインベスタービジネスデイリー(IBD)がベストに
上げたBuy&ウォッチのダウの銘柄4つは以下になります。

1、アップル(AAPL)
2、ディズニー(DIS)
3、マイクロソフト(MSFT)
4、ビザ(V)

2月のダウのトップパフォーマーはインテル(INTC)が22.0%上昇、
ゴールドマン(GS)21.2%上昇、Walgreens Boots Alliance (WBA)20.2%上昇でした。

ルーザーはプロクターギャンブル(PG)11.2%、メルク(MRK)11.2%、コカ・コーラ(KO)10.7%で、それぞれ下落しました。

2月はナスダック 2.4%上昇、S&P 500 1.5%上昇、ダウ1.1%上昇しました。



無題

以下がそれぞれYTDのパフォーマンスになります。

Company NameSymbolClosing Price2021 YTD Performance
Apple(AAPL)121.26-8.6%
Disney(DIS)270.82+4.3%
Intel(INTC)60.78+22.0%
Microsoft(MSFT)232.38+4.5%
Salesforce.com(CRM)216.50-2.7%
例えば、3のマイクロソフト(MSFT)ですが買いポイント
232.96を超えて、それより上を保っています。


マイクロソフト(MSFT)株価
無題

注目です。

https://www.investors.com/research/dow-jones-stocks/?src=A00220

ラグジュアリーな家具と内装の小売りRH(RH)は家関連の
売上が上がったことと、ウォーレンバッフェがさらに株をかったことで
上昇しました。そして、現在は買いポイントの近くまで上がってきています。

無題

RHは多くの店舗が店を閉めるなかでも積極的にいきました。
例えば、昨年7月にはカリフォルニアに60,000-square-foot
の広さのレストラン付きの店舗を開きました。

2021年にはさらに4つのギャラリーを開き、ヨーロッパへも進出する
予定です。

家具、内装だけでなく、ホテル業にも拡大する予定です。


RH 株価
無題

RHの株価は現在524.11 を買いポイントとする底値を形成中です。
50日移動平均線より上をキープしています。

家具とインテリアの1月の売上はアメリカでは$11.35 billion にも達し、
12月より12%アップしたようです。

RHの第3四半期のEPSは$6.20と倍になり、売上は25%アップし、
$844.8 millionになりました。
アナリストは第4四半期では$4.79と昨年度比 29%アップすると予想し、
売上は$795.4 millionと昨年度比20%アップするとみています。

注目です。


ニオ(NIO)、ズームビデオコミュニケーション(ZM)は
3月1日に決算を発表するので注目です。


無題

現在マーケットトレンドは注意深くとなっているのでディフェンシブになるのが
いいようです。そのなかでも注目はマーケットが下がっているなかでも
株価をなんとか保っている
1、台湾セミコンダクター(TSM)
2、ゼネラルモーターズ(GM)
3、RH(RH)
4、ターゲット(TGT)
5、インモード(INMD)


をウォッチリストに追加して、マーケットが安定する間に、適切なベースが作られるかどうか
みておくといいようです。

マーケットは現在プレッシャーのさなかなので、サポートラインを取り戻せるかどうかが
みどころになります。ナスダックは先週の底値を割ったので、ベアのシグナルが
でています。

例えば、1の台湾セミコンダクター(TSM)株価ですが
125.94へ7.8%下落しました。しかし、今50日移動平均線で持ちこたえているよう
な形です。マーケットトレンドが強気ならば、買いの機会となりますが、
現在マーケットアンダープレッシャーなので、新たなベースを形成してくるのを
待つほうが賢明のようです。

無題

ナスダックは50日移動平均線を割っています。
無題


 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-stock-market-rally-nio-zoom-target-on-tap-tsm-gm-rh/


ニオ(NIO)は ラグジュアリーなEV車をラインナップしていて、
中国のテスラ(TSLA)とも呼ばれていますが、売上は急伸しています。
今ニオ(NIO)は買いなのでしょうか??


無題

2020年の第1四半期は新型コロナウィルスで売上は落ちましたが、
そのごリバンドが急速に始まりました。
2020年には倍の43,728 台を販売しました。

2021年も始まり、販売は好調です。1月には昨年度比で販売は4倍にもなりました。
また、リオート(LI)、Xpeng (XPEV)も好調です。

3月1日には第4四半期と2020年のフルの決算発表をします。
アナリストは2021年ではEPS で41 centsのロスをまた、2020年では
 62 centsのロスを予想しています。
売上は97%の増加を見込み、$4.89 billionまで達すると予想しています。

注意しなければならないのはグローバルでのチップの不足です。


ニオ(NIO)株価
無題
テクニカル分析では2月18日に売りのシグナルがでています。
57.30 の買いポイントから8%下落したためです。
2月22日には50日移動平均線より下に10か月で初めていきました。
2月23日にはさらに下落しました。

57.30 の買いポイントからブレイクアウトできなかったニオ(NIO)は
売りとなります。
インベスタービジネスデイリー(IBD)では現状、ニオ(NIO)は買いではないと
判断しています。あらたな底ベースができるか、10週移動平均線より上がって
きた場合に入るというのがセオリーのようです。

注目です。

 https://www.investors.com/news/nio-stock-buy-now/

2021年に注目すべき2018年以降IPOされた銘柄でベストは
なんでしょうか?
インベスタービジネスデイリー(IBD)が選んだ2021年に
利益が47%から139%まで成長する銘柄とは?

 無題

1、ダイナトレイス(DT)
2、Futu(FUTU)
3、ズームインフォ(ZI)
4、セレクトクォート(SLQT)
5、nLight (LASR) 

がその5つのベストの銘柄のようです。これらのEPSの伸びがどのくらい
あるかというと以下のようになっています。

無題

4、セレクトクォート(SLQT)ですが、株価は買いゾーンで
やや抜けたところになります。

無題

注目です。

インベスタービジネスデイリー(IBD)では
ソーラーIPO, デジタリゼーションなど
買いポイントが近くなっている5つの米国株をあげています。


 無題
その5つとは

1、チポトレメキシカングリル(CMG)
2、KBホーム(KBH)
3、ドキュサイン(DOCU)
4、マックスリニア(MXL)
5、ショールズテクノロジー(SHLS)

です。

1、チポトレメキシカン(CMG)株価はしばらくRSが停滞していました。
しかし、50日移動平均線より上で耐えているので買いを検討しても
良いそうです。

無題

2、KBホーム(KBH)は10月16日の高値の
 42.30 の買いポイントよりわずか上に位置しています。長期金利が
安定してくれば、ブレイクアウトしそうとのことです。

無題
3、のドキュサイン(DOCU)ですが11月10日を
底として、買いゾーンに戻ってきたようです。
買いポイントは263.10です。

無題
4つめのマックスリニア(MXL)の買いポイントは38.81 で
わずかに下のところにあります。
無題

5つめのショールズテクノロジー(SHLS)は
太陽光発電の部品メーカーのIPO銘柄です。
40.27が買いポイントとなっています。


無題

注目です。

https://www.investors.com/news/chipotle-stock-docusign-stocks-near-buy-points/

インベスタービジネスデイリー(IBD)が今注目すべき5つの
銘柄を上げています。以下の5つはRelative Strengthが非常に良いもの
なっています。


1、マイクロソフト (MSFT)
2、ウォルトディズニー (DIS)
3、Nvidia (NVDA)
4、ペロトン Peloton Interactive (PTON)
5、プレイティカ Playtika (PLTK) 


1、マイクロソフト(MSFT)株価
無題


2、ディズニー(DIS)株価

無題

3、エヌヴィディア(NVDA)株価
無題

4、ペロトン(PTON)
無題

5、プレイティカ(PLTK)株価
プレイティカ(PLTK)はイスラエルの会社ですが、IPOベースを形成しつつ
あり、 36.16のBuyポイントを示しています。
Relative Strengthは急激に強くなっています。決算前に新高値
を更新しています。

2月25日の決算ではEPSは
 114%伸びると予想されています。

無題
注目です。

https://www.investors.com/research/best-stocks-to-buy-now/?src=A00220

1月13日(水)の取引後は取引時間外でナスダックとS&P500とも上昇しています。
アップル(AAPL)、インテル(INTC)などが上昇しました。
木曜日は台湾セミコンダクター(TSM)、デルタ航空(DAL)などが決算を発表します。

アップル(AAPL)に関しては水曜日に上昇し、
138.89でのカップウィズハンドルを形成しつつあり、ハンドル部分のところ
21日平均線あたりではポジションを増やして、ブレイクアウトを
まつのも戦略のようです。
無題

ドアダッシュ(DASH)ですが、Buyシグナルを点灯させています。
最初は195.60がBuyポイントでした、
そしてその後株価は急伸していて、Buyポイントも同じく上がっています。


無題

ドアダッシュ(DASH) 株価
無題

https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-house-impeaches-president-trump-apple-airbnb-doordash-buy-signals-taiwan-semiconductor-earnings-due/

↑このページのトップヘ