会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: ビットコイン

ビットコイン(BTC)の価格がボラティリティあるように
マラソンデジタル(MARA)株価もボラティリティがあります。
この記事ではマラソンデジタル(MARA)が買いかどうか
検討しています。
マラソンデジタル(MARA)はデジタルアセットテクノロジーの会社で
ブロックチェーンのエコシステムやデジタルアセットの製造に
フォーカスしている会社です。
4月26日から、マラソンパテントからマラソンデジタル(MARA)に社名を
変更しました。

無題

株価テクニカル分析
マラソンデジタル(MARA)は弱気のヘッドアンドショルダーパターンを4月上旬に
形成しつつありました。しかし、株価はその後崩れ新しいパターン形成とは
なりませんでした。

ビットコイン(BTC)と相関関係にあり、ジェットコースターの株価の
値動きになっています。
$57.75が最高値となっています。50日移動平均線を割っていますが、
200日移動平均線でサポートを見つけているようです。

relative strengthは上向きで、 99のレーティングとなっています。

マラソンデジタル(MARA)株価
無題
5月24日には執行役員会長のMerrick Okamoto はテスラ(TSLA)
のイーロンマスクやそのほかCEOのグループと会談し、ビットコイン(BTC)マイニンググループで
はエネルギーの使い方の透明性やサスティナビリティについて話しました。

株価は4月につけた高値より半分になっており、リスクの高い銘柄となっています。

結論としては、買いポイントを伴った、新しいパターンを形成していないので
マラソンデジタル(MARA)は買いではないようです。しかし、変化が
起きるかもしれないので、注目すべき銘柄のようです。

注目です。

 https://www.investors.com/news/marathon-digital-mara-stock-buy-now/?src=A00220


ビットコイン(BTC)は2020年に回復しました。
そして2021年には最高値の$41,000までにいきました。
この値上がり利益の恩恵をうける一つの方法は仮想通貨のマイニング
銘柄に投資することです。

無題


以下4つが投資を検討すべき仮想通貨マイニングの銘柄のようです。

  • Riot Blockchain (NASDAQ:RIOT)

  • Marathon Patent Group (NASDAQ:MARA)

  • Canaan (NASDAQ:CAN)

  • HIVE Blockchain Technologies (OTC:HVBTF)


例えば、マラソンパテントグループのMARAですが
企業価値は小さい部類でリスクをとると
思われますが、ビットコインの価値が$28,000と仮定しても、
売上$618 million、粗利益$523 millionを得ることができると言われています。


マラソンパテントグループのMARA 株価
無題

注目です。

 

↑このページのトップヘ