会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: ヘルスケア関連

著名な投資家ジム・クレイマーがボーイング(BE)と
アボット(ABT)について語りました。

 無題

アメリカン航空は今年度中にはBoeing 737 MAX に乗せる予定のようです。
10月24日以降には予約も可能のようです。

ジム・クレイマー
「今がボーイング(BE)の買い時だろう。ボーイング(BE)の株価は底をうった。
アメリカン航空のMAXを使用するというのはビックニュースだよ。
今週末の旅行者数もチェックする必要あるよ。ボーイング(BE)は底をうったという
確認だ。」

アボット(ABT)は水曜日に決算を発表します。
$1.6 billionの利益とEPS 90 centsが予想されています。

ジム・クレイマー
「アボット(ABT)の株主なら、あなたは今正しい投資をしている。
また、ブレイクアウトするところだろう。Libre 2という素晴らしい糖尿病モニタリングの機械
もある。」

アボット(ABT)株価
無題

10月13日(火)リヴォンゴヘルス(LVGO)とテラドックヘルス(TDOC)の株価
は両方とも5%以上急伸しました。
理由はなんだったのでしょうか?


無題

Guidewell Healthはテラドックヘルス(TDOC)の長い歴史を持つ顧客です。
それが個人での追加支払いなしで、50,000人のメンバーを持つ
Florida Blue membersに対して、リヴォンゴヘルス(LVGO)の糖尿病ケアのサービスを
提供すると発表しました。
これがすぐ合併するだろうと思われるテラドックヘルス(TDOC)と
リヴォンゴヘルス(LVGO)の最初の合同のサービスの売上となりました。

合併の発表当時は失望した投資家は大きかったですが、
このニュースを聞いた投資家は自信をもったことだろうと
思います。この2社の合併でのシナジー効果がこれからもでてくると
期待をもった投資家もいます。

リヴォンゴヘルス(LVGO)は最高値更新をしましたし、今後のシナジーも
期待できるとなるとますます注目です。

テラドックヘルス(TDOC)株価
無題


 

メドトロニック(MDT)と言えば、
心臓ペースメーカーの最大手の製造会社ということで
有名ですが、2020年と言えばいままでと全く違うようです。

無題

経済でいえば投資家の期待していたV字回復は難しそうになってきました。
経済は厳しく、病院の売上も厳しくなってきました。
そして、それに伴いメドトロニック(MDT)の株価も低飛行です。

人工呼吸器は売れていますが、そのほかの医療機器は売上が下がっています。

2020年の残りも急には売上は回復しないと見込まれます。
しかし、2月の高値より20%も株価が下になっていることを
投資家は注目すべきとのことです。

記事ではメドトロニック(MDT)の株価は回復するだろうと
言っています。

2021年には今まで待機していた手術の需要の回復が見込まれ、
アナリストのメドトロニック(MDT)のターゲット株価は$114.66です。

投資家は今後の決算に耳を傾けるべきのようです。

 無題

注目です。



著名な投資家ジム・クレイマーが
リヴォンゴヘルス(LVGO)とマーケットについてコメントしました。


無題
ジム・クレイマー
「リヴォンゴヘルス(LVGO)が復活してきたな!テラドックヘルス(TDOC)との
合併は遠隔医療のパワーハウスをつくるだろう。これはBuyだよ!!」

「Amarin Corporation plc ( AMRN)はBuyではないだろう。特になにもないからな」

「EQTのガスとかはよくないよ。」

「DRホートン(DHI)はいい住宅会社だ。値段も高くないし、今は郊外で休むのもいいかもな。」


リヴォンゴヘルス(LVGO)株価
無題


 

キアゲン(QGEN)という会社があります。
DNAやRNA,プロティンを解析したりするサンプルやアッセイの
テクノロジーを提供している会社です。
ライフサイエンスとモラキュラー診断の二つの分野から半分づつの
売上を計上しています。

アメリカでの売上は47%、ヨーロッパからは32%、
そして、アジアパシフィックからは21%の売上を計上しています。


無題

ドイツ銀行からの株価の格上げがあり、
$32から$60の目標株価になりました。
注目です。


キアゲン(QGEN)株価
 無題



リヴォンゴヘルス(LVGO)とテラドックヘルス(TDOC)の合併
についてですが、
株価は急落しています。

無題

この買収が不人気な理由としては以下が
考えられるようです。

1、テラドックヘルス(TDOC)の成長率が普通になってしまう可能性を
投資家が感じている

テラドックヘルス(TDOC)は今まで買収を繰り返し、成長してきました。
しかし、リヴォンゴヘルス(LVGO)という今年400%もあがっている
会社を買わなければいけないほど、テラドックヘルス(TDOC)は成長性に
対して懸念があるのかと投資家は思っているのかもしれない。

2、成長株のトップの一つを止めてしまった
リヴォンゴヘルス(LVGO)は今年のトップのパフォーマーの一つで、
それを買収してしまったので、投資家たちから不評をかっているようです。
また、モメンタムを保持しているのに、なぜリヴォンゴヘルス(LVGO)の
経営陣は会社を売ってしまったのか、投資家たちはリヴォンゴヘルス(LVGO)
にも不信感をもってしまったようです。

3、テラドックヘルス(TDOC)のスーパーな成長も永遠には続かない
第2四半期の決算では85%という驚異的な成長を見せましたが、
パンデミィックが終わればそれなりの成長率になると考えられています。

今後ともどうなるか注目です。

 

検査キット大手で新型コロナウィルスの検査キットでも
重要な役割を果たしているクワイデルQuidel(QDEL)が5月に発表した第1四半期決算に
引き続き第2四半期の決算を発表しました。
Quidel(QDEL)株価共々注目ですが、
EPS予想 $1.12 に対して 結果 $1.86(前年同期は$0.36なので5倍になっています)
売上予想  $196 millionに対して、結果$201.75 millionで予想を上回りました。


検査で地味な会社ですが、パフォーマンスと決算はピカイチです。
5月にも好決算を発表してから、株価は順調に伸びています。

第2四半期には$42.2 millionで約24万株の自社株買いを行っています。


 無題

Quidel(QDEL)株価
無題

ますます注目です。


テラドックヘルス(TDOC)が第2四半期の決算を発表しました。

EPS 予想  -23cent     に対して、   結果 -24 cents
売上 予想 $220.36 million に対して、結果 $241.03 million

無題
(yahoofinance.com)

注目すべきは以下の成長率になります。

 無題

テラドックヘルス(TDOC)
無題

現在ワクチン銘柄は注目されていますが、
その中でもノババックス(NVAX)とヴァックスアート(VXRT)は
とくに注目されているようです。
ノババックス(NVAX)株価は2,700%、ヴァックスアート(VXRT)は
4,000%の上昇をみせています。

無題

投資家の関心はどちらの銘柄が勝ち馬になるのかどうかということかもしれません。

この記事ではどちらが勝ち馬になりうるのか検討しています。

COVID-19のワクチンレース状況ですが、
ノババックス(NVAX)とヴァックスアート(VXRT)を比べると
進捗ではノババックス(NVAX)のほうが明らかに先をいっているようです。

ノババックス(NVAX)は5月末に1/2 clinical の研究を発表し、今月には
結果の発表がある予定です。一方でバックスアートはプレクリニカル
の段階です。夏の終わりにはフェイズ1の研究を始めたい意向です。

ノババックス(NVAX)が優位なのはファンディングもあります。
オペレーションワープスピード計画から
 $1.6 billionのファンドもうけることがきまっています。


ヴァックスアート(VXRT)の優位性は錠剤で飲めるというところにあります。
ほとんどのワクチンが注射でそのワクチンは冷蔵で保管しなければいけないところを
錠剤ならば室温で保管できます。これは数多く供給しなければいけない
ということを考えると大きい優位点となります。

結論をいえば、ノババックス(NVAX)とヴァックスアート(VXRT)を
比べた場合はより勝ち組はノババックス(NVAX)のようです。
しかし、空振りの確率も高いですが、当たったときにより大きいリターンを
もたらすのはヴァックスアート(VXRT)のようです。

注目です。


 

7月17日(金)でもっとも注目され、上昇したのはワクチン銘柄とヘルスケア銘柄
でした。新型コロナウィルス感染者数が上昇しているなかで、
力強く上昇する銘柄は知っておきたいところです。以下が
5つが金曜日強く上昇した銘柄になります。

無題

1、VBI ワクチンズ(VBIV)
2、モデルナ(MRNA)
3、ノババックス(NVAX)
4、ダイナバックステクノロジー(DVAX)
5、クワイデル(QDEL)


になります。

1、VBI ワクチンズ(VBIV)株価
無題

2、モデルナ(MRNA)
無題

3、ノババックス(NVAX)
無題

4、ダイナバックステクノロジー(DVAX)
無題

5、クワイデル(QDEL)
無題

4月15日にはクワイデル(QDEL)$109前後でしたが、3か月後に
$267になっていると予想できた人はいないだろうと思う銘柄です。。。

上記5つは注目です。

モデルナ(MRNA)ですが、今週抗体に関して良いデータを
示したことで赤線の10週移動平均線を超えてきました。
これまで30%の上昇をみせ、カップウィズハンドルを
形成しつつあり、さらに注目です。

無題



モデルナ(MRNA)株価
 無題
Investor daily.com


先週はバイオ株は上昇しました。
おもなニュースとしてはEndo International PLC's (NASDAQ: ENDP)の
セリュライト治療がFDAから承認をうけました。一方でMerck & Co., Inc. (NYSE: MRK)
とエーザイのコンボセラピーはリバーのガンの承認は拒否されました。


 無題


Abbott Laboratories (NYSE: ABT) (木曜日、マーケット開始前に決算発表します。)
AngioDynamics, Inc. (NASDAQ: ANGO) (木曜日、マーケット開始前に決算発表します。)
Johnson & Johnson (NYSE: JNJ) (木曜日、マーケット開始前に決算発表します。)

注目です。

リヴォンゴ・ヘルス(LVGO)株価は昨年IPOしてそれから
3倍近くになっています。
投資家たちはこの投資機会をミスしてしまったと思うかもしれませんが、
この会社の長期的な成長に乗るのは遅すぎたということないと
思われます。



 無題

記事ではリヴォンゴ・ヘルス(LVGO)が素晴らしい銘柄である理由5つを上げています。

1、人にフォーカスしている。
会社のミッションは「持病をもっている人をより良い生活を送れるように、より健康に生活できるようエンパワーメントする」です。ユーザの評価はものすごくよく、
基本フリーです、なぜなら保険会社が払ってくれるからです。

2、保険会社もリヴォンゴヘルス(LVGO)と契約することによりコストを減らすことができる。
リヴォンゴは保険会社や従業員に福利厚生で提供している会社にも利益をもたらします。
保険会社や事業会社はリヴォンゴが契約するだけで、あとはリヴォンゴがメンバー
のために健康を促進していきます、そして、メンバーが健康状態を改善することで
健康保険料を減らすことに貢献します。

3、会社の成長率が素晴らしい

無題
マネジメントは2020年の成長は70%から80%の成長を見込んでおり、
売上は $296.5 millionを見込んでいます。

4、リヴォンゴヘルス(LVGO)が競争している市場は巨大だ
マネジメントは147 million の人々がなんらかの持病をもっており、
そのうちの40%は2つ以上の持病を持っていて、糖尿病と高血圧
だけでも $46.7 billionの市場があると見込んでいます。

5、経営陣が各々すばらしい経験をリヴォンゴヘルス(LVGO)に持ち込んでいる
創始者のGlen Tullman氏は会社を立ち上げる前は14年間CEOとして活躍しており
多くのヘルスケアの経歴をもっています。
CEOの Zane Burke氏はヘルスケアテクノロジーのリーダーシップの
経験が18年以上あります。マネジメントは投資家が期待できる経験をもっているようです。


これら5つの理由から記事では長期的にも良い投資になるということで
注目ですね。

リヴォンゴ・ヘルス(LVGO)株価
無題
Yahoofinance.com


ワクチン開発 各社ステータス モデルナ(MRNA)、ファイザー、イノビオ
等開発状況になります。これに今後の世界がかかっているとなると
注目になります。

 無題

リヴォンゴ・ヘルス(LVGO)の株価が8日20%急伸しました。
5月に記事をだし、ジム・クレイマーのCOVID19インデックスの
トップパフォーマーの一つである、リヴォンゴ・ヘルス(LVGO)ですが

第2四半期の決算予想を売上を
$73 million と $75 millionの間から$86 million と $87 millionの間へ上振れ変更しました。
アナリストが予想していた成長率は 83%でしたが、
成長率は110% と113%の間になり、予想をクラッシュしました。
そのため株価は急伸しました。


 無題
現在スターと言っていいほど注目を浴びています。ますます注目です。

無題
(yahoo.finance)


7月6日(月)は米国株は力強い上昇がみられました。
特に、アップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)、テスラ(TSLA)、
アリババ(BABA)、マイクロソフト(MSFT)、チポトレメキシカン(CMG)
が上昇して、相場をけん引しました。


 無題

そのなかでもブレイクアウトした銘柄は
1、アリババ(BABA)
2、デックスコム(DXCM)
3、チポトレメキシカン(CMG)


のようです。

1、アリババ(BABA)株価
無題

アリババ(BABA)は1月以来の$231.24のバイポイントをクリアした、$240
まで届きました。2か月間到達できなかった、このバイポイントを
クリアしたので、注目です。


2、デックスコム(DXCM)株価
無題
過去の$415.59のバイポイントをクリアし、チャートはカップウィズハンドル
を形成しました。現在多くの投資家がこれに注目していると考えられます。

3、チポトレメキシカン(CMG)株価
無題
 過去のバイポイント$1,087.10をクリアして、V字回復の代表格銘柄の
ようです。
ますます注目です。



ワクチンの有力候補、モデルナ(MRNA)株価ですが、最近はトリッキー
になっています。しかし、テクニカルに沿うよう動いているようです。

7月2日(木)には6%の下げを記録して、50日移動平均線を超えて
下げてしまいました$58.57終値となっています。
現在は$55のサポート線が機能しているようです。

 モデルナ(MRNA) 株価 - 50日移動平均線、200日移動平均線、20日移動平均線
無題
Yahoofinance.com

$55のサポート線を守り切るようならば、50日移動平均線と20日移動平均線
に再度いどむことになります。
上値のレジスタンスは$67.50となっており、それを超えられれば、
$80をも見えてくるようです。

$55のサポート線を守れなかった場合は、 $45までをみたほうが良いようです。

注目ですね。

無題

https://finance.yahoo.com/news/4-top-stock-trades-monday-193939850.html

ポチっといただけると励みになります !!
↓↓↓
にほんブログ村 投資ブログへ
ブログ村

糖尿病モニタリングのデバイスを製造している会社は
パンデミィックによって、その他メディカルデバイスを製造する
会社を圧倒しはじめています。

糖尿病患者にとって、ソーシャルディスタンス、病院に行かないよう
な風潮になっているからといってケアを
しないという選択肢はありません。

血糖値レベルは常にモニタリングする必要があります。米国では7大死因の原因に
あげられます。

過去20年では糖尿病と診断される成人は2倍にもあがりました。
そのため糖尿病モニタリング会社はますます注目されています。
記事ではリセッションでも、成長するだろう糖尿病モニタリング会社3つをあげています。


1.デックスコム DexCom (DXCM)
2.リヴォンゴ・ヘルス(LVGO)
3. インシュレイト Insulet (PODD)


の3つになります。

3のInsulet (PODD)についてですが、最近Omnipod 5という新製品を
学会で発表しました。2021年にでもローンチする予定のようです。
Omnipod 5はDexCom's G6 のモニターと連動して機能させることができるようです。
新製品は防水で、付けることができるようです。

現在の商品はOmnipod PDM と Omnipod DASH があり、昨年は
この2つから $673.5 millionの売上をあげています。

2020年の第1四半期の売上は$198 millionと昨年度比24%上昇でしたが、
利益は$2.1 millioの赤字でした。昨年の利益は$4.4 millionの黒字なので成績は
落ちたようにもおもえますが、オンラインの立ち上げに費用が掛かったようです。

しかし、売上は上昇トレンドにあります。

無題



Insulet (NASDAQ:PODD) 株価
無題

さらに注目ですね。

 

6月26日 Nasdaq、ダウ30は感染者数増加と調整のため下落しています。

無題

 しかし、このような状況でも最高値更新している銘柄もあります。

それは何度か記事にしていますが、

無題


クワイデル(Quidel=QDEL)になります。
最高値を再度26日(金)に更新しました。
新型コロナウィルステストの米国のナンバーワンシェアを持っています。

6月15日(月)にはハンドルなしのカップベースを形成でしたが、
今回はハンドルありのCup with Handleのベースになり、
ますます注目となります。

クワイデル(Quidel=QDEL) 株価
無題


無題






ヘルスケア業界と投資家にとってはトランプになるか、ジョーバイデン
になるかでいろいろと不確かなことが多いです。

 Edwardの senior health-care analyst の JonesAshtyn Evansは
そんな中でも長期的に成長できるヘルスケア銘柄を6つあげています。


 無題

JonesAshtyn Evans
「どちらが大統領になっても、イノベーションに力をいれていける長期的に成長ができる
ヘルスケア銘柄を選びました。」


無題
JonesAshtyn Evans



以下がその6つになります。
イーイラリリー(LLY)、メルク(MRK)、ノバルティス(NVS)、
メドトロニック(MDT)、アボット(ABT)、サーモフィッシャーサイエンティフィック(TMO)
になります。

たとえば、アボット(ABT)は新興国で存在感をだしているし、
感染症テストでも売上を増加させるといっています。

無題

上記注目です。


現在感染病のためか、バイオはもっとも注目されている
テーマの一つとなっています。6月19日に
リペアファーマシューティカル(RPTX)とフォルマセラピューティックス(FMTX)
の2つのIPOがされて、米国で大注目をあびています。
株価は暴騰しています。


リペアファーマシューティカル(RPTX)株価
 
無題


フォルマセラピューティックス(FMTX)株価
無題

注目しましょう。

今はまだまだ第2派の懸念が拭いきれません。
秋や冬に、また新型コロナウィルスが増加しないとも
断定はできません。そしたら、S&Pの株価もそれに応じて
下落しないとは言い切れません。

そしたら、投資家としてはそのような状況でも生き残れる銘柄を
見つけるのが大切です。

ここでは、そのようなベアマーケットでも伸びていけそうな銘柄
2つをみていきたいと思います。

1、ズームビデオ(ZM)
2、テラドック ヘルス(TDOC)


になります。

1、ズームビデオ(ZM)に関していえば、第1波では
4月には一日に300 millionの参加者になったり、会議の議事録数が
 2 trillionを超えたり、売上も2020年第1四半期には 169%を伸びを記録したり
と素晴らしいものでした、しかし営業とマーケティングのコストは倍の
 $121 millionにまで達しました、これからズームのビジネスは営業や
マーケティングにカスタマーを獲得するために依存しているといえます。

2、テラドックヘルス(TDOC)に関していえば、2020年の最初の3か月で
オンライン相談は 2 millionまで達しました、この数字は昨年同期比で2倍になります。
2020年の第1四半期で売り上げは41%伸びて、$180.8 millionに達しました、
ズームとの大きな違いは営業とマーケティングコストは$18 millionしか使っていません。
そして、2020年全体では $800 million and $825 millionの間の売上を予想しており、
100%の成長を見込んでいます。

テラドックの診察料はリーゾナブルな $49です。そして、セッションは10分以内にすみ
多くの医療関係者が現在の状況ではオンラインを望んでいます。

株価の尺度としてはズームはPrice to Sales ratioは85ですが、テラドックは23倍です。

営業とマーケティングコストへの依存度が少なく、成長率もたかい、そして
バリュエーションからも記事ではテラドックヘルス(TDOC
のほうが良い成長株といっています。 注目です。


 無題


テラドックヘルス(TDOC)株価
無題


https://www.fool.com/investing/2020/06/17/forget-zoom-teladoc-is-a-better-growth-stock.aspx

現在強気の米国マーケットでは今年最大のIPOロイヤルティーファーマ(RPRX)
のIPOに最高の祝辞をおくったようです。
株価も暴騰しました。

IPOロイヤルティーファーマ(RPRX)Royalty Pharma株価

無題

Renaissance Capitalのアナリストは
「ロイヤルティーファーマはとても高収益で、キャッシュフローを生み出す
力も強い。配当は現時点では2.3%の利率を予定している。」と言っています。

IPOのドキュメントではロイヤルティーファーマは
1996年に設立以来
学会、病院研究所の革新者とグローバルの製薬企業とコラボしながら
ロイヤルティーの市場でのパイオニアとしてプレゼンスをたもっています。

ロイヤルティーファーマは後期のクリニカルステージでは共同し、
ロイヤルティーのポートフォリオを構築しています。
ロイヤルティーのポートフォリオはTysabri等の医療薬品を含んでいます。

今後注目になります。


 

新型コロナウィルスの検査キット Quidel(QDEL)ですが
6月17日(水)に新高値を更新しました。
5月11日に$210.81 最高値を付けた後、新型コロナウィルスがおちつくだろうと
期待があり、株価は調整をしましたが、1か月もたたずに
この高値を更新してきました。

Quidel(QDEL)株価
 無題
(yahoo finance)


日本だとしばらくは新感染者数は100人をきっていますので、
検査の数もそれほど多くはないですが、アメリカでは3月から
一時新感染者は40,000人、6月中旬でも20,000人を超えています。
また検査自体は一人に対して、
数回行う場合があるので、アメリカの検査数は日本の比ではありません。

無題
https://www.worldometers.info/

前回の決算も良かったので、次の決算の期待もあり、ますます注目です。



検査キットナンバーワンのQuidel(QDEL)ですが
6月15日に株価が急伸しました。理由は少なくとも
2つ考えられtます。

1、第2波懸念で注目を再度集める

2、the S&P MidCap 400に採用されました。
そして下記のように
カップベース(取っ手なし)のパターンというのがありますが、


カップベース(取っ手なし)のパターン
 無題
Quidel(QDEL)の株価チャートもカップベース(取っ手なし)のパターン
を本日形成しました。今後さらに注目です!!


無題

(yahoo finance)





↑このページのトップヘ