会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: SBUX、LK,CMG etc

中国でスターバックス(SBUX)と同じくらい注目されているラッキンコーヒー(LK)
は2019年は株価は上がり良い年でした。しかし、中国の新型コロナウィルスでの
影響もあり今後が心配されています。
しかし、ラッキンコーヒー(LK)にとっては良いこともあるようです。

無題

記事の筆者は短期での変動の激しさはしたがないが、長期では強気と
言っています。

ラッキンコーヒー(LK)の特徴としてはオフィスビルや大学のキャンパスで
小さい店舗です。デジタルでオーダーして、コーヒーをピックアップし、
店舗に長居しないというスターバックス(SBUX)と違うビジネスモデルが
コロナウィルスの影響下で消費者行動と合致するのではないかということです。

また、以前はマクドナルド(MCD)やスターバックス(SBUX)にいくのが
ステータスだったのが、今はコロナウィルスに感染しないがプライオリティ
になっているので、ラッキンコーヒー(LK)は長期的ではBuyということです。

ラッキンコーヒーLuckin Coffee (LK)の株価
24日は急落しましたが、以前もこのくらいの下落はありました。
無題

(ヤフーファイナンス)





 

企業の環境配慮というのはパブリックイメージを良い意味で保つのに必要です。
それらが結局株価にも反映されてくるものだと思います。
スターバックス(SUBX)のKevin Johnson氏は21日に数十年単位での先をみこした
環境を配慮した企業優位性を保つ、メニューとリユーザル包装の計画をアウトラインしました。

 

スターバックスはすでに環境にやさしい企業として評判をえていますが、
CEOはそれにあぐらをかくことなく、資源を大切に、そして、地球から奪い取る
より与えることを検討するよう従業員へ通達しました。


無題

 Johnson氏の目標のいくつかはつかうよりきれいな水を提供する、廃棄をなくすことです。
そのアクションステップとしては植物性メニューの追加、環境により
優しいメニュー 、再利用のパッケージを使用する、革新的な農業方法に投資する、
よりエコフレンドリーの店を開発するがあります。

このような流れと同意はそのほかの大企業マイクロソフト(MSFT)やセールスフォース(CRM)
でも発表されています。

 Johnson氏は環境問題はかなり難しい問題で、世界的なリーダーシップが必要とコメントしました。

さすが、スターバックス(SUBX)のCEOです、ビジョンがありますね、ますます注目です。

スターバックス(SBUX)株価は最近下がっています。理由はコロナウィルスの影響
で現在難しい状況だからです。
スタバ(SBUX)の売上の一番大きいのはUSですが、中国の売上もますます
大きくなり、さらに重要になってます。


無題
(https://www.trefis.com )
 
上記のようにほぼすべての省にスタバ店舗があります。

スターバックス(SBUX)株価

無題
(stockchart.com)
現状株価は$80代後半で取引されていて、移動平均線でのっサポートになっていますが、
$87ドルまで下がるようだと触らないほうがいい、また$89.50に行くようだと上昇
の機会が増えそうということを記事ではいっています。

決算で発表したように、中国でのスターバックス(SBUX)店舗の半分
を一時的に閉鎖するようですので、注視する必要があります。

中国でのスターバックス(SBUX)の売上は前年対比15%で伸びていて、既存店売上も
3%で伸びています。
モバイルオーダーも伸びていて、15%にも達します。配達が9%で、デジタル
注文ピックアップが6%です。
 Rewardsプログラム参加者も中国では増えていて40%増加の 10.2 million
の人々が参加しています。










 

現在米国ではオーツ(麦)ミルクがとんでもなく話題になっていますが、
スターバックスがテストで乳製品フリードリンクとして、オーツミルクを
採用するようです。

オーツミルクの売上は1年で636%増加しているという今ホットな製品です。

スターバックスはそのほかにアーモンドミルク、ココナッツミルクを非乳製品として
追加するようです。

スウェーデンのOatlyが2016年に製品を導入してから
オーツミルクはとんでもない勢いで増えています。また、飲食店から
も支持されていて、スタバも早く導入したいのでしょう。

注視しましょう。




上記面白い記事ありましたので紹介します。
記事では主にスターバックス株は永久保有銘柄だという理由11個の理由を上げています。

無題


1、現在アメリカに15,000ある店舗あるが、さらに増え続けている

2、中国で堅調な成長をしている
アメリカ企業では中国で成功していない企業もある
3、イノベーションをつづけている

4、売上も取引数も上がっている

5、従業員がテクノロジーでよりカスタマーにサービスできるようになっている

6、コールドでリードしている
アイスコーヒーでリードしている。

7、デジタルで伸びている

8、シーズンことの売り方、ラインナップの仕方をしっている

9、店舗のデザイン等フォーマットを常に改善している

10、中国のデジタルも伸びている

11、グローバルアライアンスでネスレともパートナーシップをとっている

注視しましょう。



面白い記事ありましたので紹介します。

無題

2019年はスターバックス(SBUX)の株価は好調でした。
同業者が19%のところ、約34%値上がりしています。

2020年も好調をキープできるのか?どうか?

アメリカでのイニシアチブ、中国での好調、ロイヤルティープログラム、デジタルオファリング
での成功が2019年の好調のベースでした。

2020年での成長ドライバーはチャイナアジアパシフィック(CAP)のようです。
中国では2019年の第一から第四四半期まで、1%, 3%, 6% と 5%それぞれ
成長したようです。スターバックスのマネジメントはCAPでデジタル等を活用して今後5年
強い成長を見込んでいるようです。

それと中国ではアリババと提携して配達しているので、それも成長ドライバー
になります。

アメリカではMy Starbucks Rewards (MSR) program が2017年には11%、2018年
には15%と2019年にはすでに15%伸びていて17.6 millionのアクティブメンバーを獲得して
います。中国では45%の伸びですでに2019年で10 million を獲得しています。

記事ではポートフォリオ強化していて、ニトロ、コールドブリューも強化している
スターバックス(SBUX)は2020年もリードするだろうといっています。

注視しましょう。


↑このページのトップヘ