会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

カテゴリ: JPM,BAC,banks


 

ゴールドマンサックス(GS)がQ4決算発表を行いました。
$1.1 Billion訴訟の費用を計上したために、予想を上回った売上の結果の良さが
消されてしまいました。

一株利益は予想 $5.46よりしたの$4.69 per share、訴訟関連費用の$1.1 Billionが響いたためのようです。
しかし、売上は23%増加の9.96 billionで、予想の$8.906を上回りました。

来たる1月29日のカンファレンスで詳細を発表するようですが、
新しい収益の構造は4つのビジネスユニットをコアにしていくようです。
1、グローバルマーケット(旧金融機関向けサービス)
2、投資銀行
3、アセットマネジメント
4、個人の金融資産マネジメント

注視しましょう。




以下のように1月14日ー15日と重要な大銀行の決算があります。

無題
(Yahoo!finance) 

まずは資産から言えば最大のJPM(ジェイピーモルガンチェース)が決算を発表しました。
ウォール街の予想を上回る決算でしたので、時間前株価は上昇しています。

売上 予想$27.9 billionにたいして、結果$29.2 billion  
EPS  予想$2.36に対して、結果 $29.2 billion

4半期の最終損益は$8.5 billionで、通期では $36.4 billionになります。

消費が好調なため、クレジットカード、預かり資産のアップなどが
成功している理由のようです。

↑このページのトップヘ