ショッピングでは皆さん、割安になっている買い物を好きですよね?
2020年3月には痛いマーケットの下げがあり、あまりにも未知なことが
多かったと思います。2021年になったばかりですが、まだ割安な株はあるのでしょうか?

答としては、イエスのようです。
しかし、割安かどうか判断するというのは難しものです。本当に割安なのか
、それとも罠なのか。。

この記事では過去数か月の間に割安になっている7つの米国株を
紹介しています。

1、アリババ Alibaba (NYSE:BABA)

2、クアルコム Qualcomm (NASDAQ:QCOM)

3、AT&T (NYSE:T)

4、ゴーゴー Gogo (NASDAQ:GOGO)

5、ウォールグリーン Walgreens (NASDAQ:WBA)

6、アリーファイナンシャル Ally Financial (NYSE:ALLY)

7、ブリストルマイヤーズ Bristol-Myers Squibb (NYSE:BMY)

の7つのようです。

 無題

例えば、アリババ(BABA)ですが、売られすぎで現在株価も$230となり、
40%近くの下落となっており、40%ルールからいうと注目すべきようです。

ファンダメンタルはしっかりしており、売上成長は今年は40%台を見込んでいます。

注目です。