著名な投資家ジム・クレイマーが1月4日(月)米国株セルオフについて
語りました。


無題

2021年1月4日は最初のトレードですが、セルオフとなっています。
投資家が注意深くみている、いくつかの大きなヘッドラインがあります。
ビットコインの下落、テスラの納車台数などです。
 
ジム・クレイマー
「ビットコインは月曜日売られたが、私はそのまま持ち続けるよ!
私はトレードするためにビットコインは買っていない、アセットとしてもっているんだ。
株投資でやらないことをビットコイン投資でもやらない。私の買ったころの
$14,000にもどることなんて、ないかもしれないが、もどるようなら買い増しするよ!」

「バイデンのEV車とテスラのベルリンのギガファクトリーは期待している。
毎回だが、イーロンマスクが新しいマーケットを拡大するとき、株価は再度上がるよ!!
テスラ(TSLA)株持ってないようなら、まだ買っても間に合うよ!!」

「ジョージア州で行われる連邦上院議員選挙のインパクトは大きいよ。注意深くみる
必要がある。」

注目です。