11月第3週にアマゾン(AMZN)は医薬品の新しいサービスを発表しました。
これについて、グッドアールエックス(GDRX)CEOのダグが
Yahoo financeでコメントしました。

無題

Yahoo finance
「アマゾン(AMZN)のロジスティクスのパワーを考えると
この発表は脅威になりえますか?」

ダグ
「一般的な考えとは違うかもしれないが、我々のビジネスには
特別的な影響はないよ。」

「アマゾン(AMZN)のこの発表の意図は間違えられて伝えられている。
アマゾン(AMZN)はアメリカの複雑な医療制度の一部で、サードパーティー
に多くを頼らなくてはいけない。サードパーティーが価格を決めるとかね。
医療医薬品のビジネスでできることは
アマゾン(AMZN)でも限られるよ。」

「アマゾン(AMZN)は郵送オーダーシステムを改善しようとしている、そして
医療医薬品も消費者に送ろうとしている。でも、それはとても
困難なことなんだ。」

専門家によるとアマゾン(AMZN)は保険の範囲でないジェネリック医薬品など
だけしか、取扱いできず、クリニカルサービスやワクチンなどの管理者には
なりえないと言っています。

ダグ
「我々はアマゾンのパートナーのインサイドRxともパートナーだった。
アマゾン(AMZN)のできないことの一つは90-day prescriptionsで定期配達できないことだよ。
90-day prescriptionsは90日ごとに定期配達するものだけど、
伝統的なサービスでキーになるものだからね。」

「医薬品の郵送サービスというのは減少しています。パンデミィックでも急増していません。」

「アマゾン(AMZN)の医薬品サービスはこれから厳しい道が続くよ。」

グッドアールエックス(GDRX)株価
無題