10月は激動の月でした。ナスダックは5%以上下げました。
何人かのアナリストはバイデン勝利とねじれ国会でハイテク株に今まで以上にない強気です。

バイデン勝利とねじれ国会の可能性というのは
ハイテク株にとって最適な結果かもしれません。
ハイテク株の独占禁止法の変更に対してはテーブルからなくなったと
考えるアナリストもいます。
ウエドブッシュ証券のDan Ivesもそのような考えを示しています。

無題

UBSのアナリストは現在の環境はメガハイテク株やIT株にとっても税金が高くなる
可能性が低くなったので、株価も利益をえているとっています。

ウェドブッシュ証券のIvesはブルケースの場合、ハイテク株は年末までにビックネームの
ハイテクに引っ張られ、
10%から15%高くなると言っています。具体的にアップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、
アルファベット(GOOG)などは特に2021年まではより高い株価になるといっています。
Ivesは2019年年末にアップル(AAPL)の株価が$270の時に$350になると言っていました。
実際にはアップル(AAPL)株価は4分割しましたので、2020年11月には$450と
予想より高くなっています。

注目です。