批評家たちをなんどもはね返していきたテスラ(TSLA)ですが
4四半期連続で決算をクリアしてきたので、S&P500に入る基本的な
資格をえることができました。記事では各メジャーなETFで
どれくらいのアロケーションがテスラ(TSLA)にされるのか、検討しています。

テスラは
$200 billionの時価総額を持つので、アッパークラスに入ると考えられます。
その時は以下のようなアロケーションが予想されるようです。

Potential Wieghtning=予想されるアロケーション%
Potential Allocation=予想されるアロケーションの金額

Fund Name

Ticker

AUM

Potential Weighting

Potential Allocation

iShares S&P 500 ETF

IVV

207,551,419,354

1.00%

2,075,514,194

iShares S&P 500 Growth ETF

IVW

29,665,491,615

1.60%

474,647,866

SPDR Portfolio S&P 500 ETF

SPLG

6,007,821,570

1.00%

60,078,216

SPDR Portfolio S&P 500 Growth ETF

SPYG

8,729,092,123

1.60%

139,665,474

SPDR S&P 500 ETF Trust

SPY

291,430,481,470

1.00%

2,914,304,815

Vanguard S&P 500 ETF

VOO

155,839,138,918

1.00%

1,558,391,389

Vanguard S&P 500 Growth ETF

VOOG

4,023,382,000

1.60%

64,374,112

Consumer Discretionary Select Sector SPDR

XLY

14,481,000,000

8.68%

1,256,950,800

Total AUM

717,727,827,050

Total Allocation

8,543,926,865

8.7 Closing Price

1452.71

Shares Added to ETF Ownership

5,881,371

Source: ETF Global


IVVから1%アロケーションされたとすると、
$2,075,514,194分のテスラ(TSLA)の株を持つことになります。

アナリストによってはETFの買いの影響は最小限だという人もいます。

注目です。