6月4日に発表されたスラックテクノロジー(WORK)とアマゾン(AMZN)
の提携ですが、多くの人がスラックのアプリの通話とビデオ通話で
マイクロソフト(MSFT)のTEAMSと提携するためのものととらえたようですが、
本当はそれ以上のもののようです。

無題

多くの人はスラックをメッセージアプリと思っている人も多いようですが、
スラックの本当の価値はさまざまなアプリケーションにアクセルできるレイヤー
のようです。AWSへのアクセスも含みます。
例えば、最近リリースされたスラックAWSチャットボットでは
エンジニアがAWSに関してのイシューログをうけとったり、分析したり、
またイシューケースを作成したりというのがスラックチャンネル内でできます。


無題

スラックの最近のフォーカスとしてはチャネルになります。
現在は他の企業を含めて作業できますが、今後は複数の企業をインバイトして
作業できるようなチャネルをつくりあげていくのが重要になってきます。
スラックは企業間での様々なタスクを、またさまざまなアプリを使用しながら
完成させるためのプラットフォーム
を目指しているようです。
つまり、アマゾン(AMZN)とスラックの提携とはアプリケーション間での
統合のためのプラットフォームを狙ったものと考えられるようです。

注目です。