50年の間、ウォーレン・バフェットは間違いなく、最も偉大な投資家
であった。また、バフェットの人格は多くの人から尊敬を集めています。
 1965 から2018までで毎年20%以上の利益を上げつつけ、S&P500のインデックス
をも凌ぎ続けました。


 無題
(marketwatch.com)

しかし、最近の11年間のブルマーケットに対しては、バフェットはとてつもない
アンダーパフォーマンスをしています。

5月2日のバーチャル株主総会では長年の相棒、マンガーがいなかったので
落ち着かなかったような雰囲気があったようです。

■バークシャーハサウェイ(BRKB)の株価は年内で20%のマイナスとなっており
インデックスより悪くなっています。

■バークシャーハサウェイ(BRKB)の大量保持の現金 $130 billion
はなにも生み出していません。

■最近の投資ではOccidental Petroleum( OXY)、クラフトハインツ(KHC)、航空会社
、銀行とどれも成功していません。どころか、新型コロナウィルスで
暴落したところばかりです。アップル(AAPL)だけがハイテクです。

■ウォーレンバッフェットはもう自分の時代の幕切れでカーテンが閉じようとしているのを
知っているのかもしれません。

無題
(ヤフーファイナンス)