最近のマーケットの下落は惨めさが際立ちます。
ダウは5000ポイントの下落です。そしてメジャーな指数は
ベアマーケット入りになりました。
マーケットのボトムはまだ先かもしれないが、先に個別銘柄
からボトムになるのが先と記事では言っています。

そして、大事なのは”超一流の銘柄”を探すことだといっています。
ボトムをつけて、リバウンドするのが一番早いからだそうです。

筆者の哲学は
“Stock market selloffs are the extreme events that create opportunity.
They produce the panic selling and ‘washouts’ that usually
offer great moments to make savvy long-term investments…

History tells us that moments like these are what buying opportunities
are made of. So if you have the stomach for it, do a bit of buying over the next few weeks … while others are fearful.”

のようで、「マーケットセルオフはやりすぎなパニックでたいがい、機会をつくり、
浄化のようになり、長期投資家にとってはよい買い機会を提供する。
歴史的にみてもこのような状態は買い機会だったことがほとんどで、
度胸があるなら、他の投資家が指をくわえて震えているときに、たびたび買っていくのがいい」

といっています。

7から10の超一流の銘柄を選んで、ポートフォリオの20~30%くらい振り分けるのを
筆者は良いと言っています。


これらの銘柄も新型コロナウィルスでは下がるかもしれないが、
プライスとおもって我慢すべきだといっています。
筆者は超一流とは圧倒的にマーケットで強く、キャッシュフローもある例えば、

Amazon (NASDAQ:AMZN),
Nike (NYSE:NKE),
Walmart (NYSE:WMT)
Microsoft (NASDAQ:MSFT).
 
のような銘柄をさがして、リストしていくのがいいと言っています。

株の売買は自己責任でお願いします。

無題
(investor place.com)