3月12日(木)の時間前の米国株は4%以上下げています。
これはトランプ大統領が新しい計画を演説した結果です。新しい計画は
新型コロナウィルスの影響のさらなる悪化を示唆するものとヨーロッパから米国への
出張を制限するものでした。


無題
(bloomberg)
テレビの演説の中でトランプ大統領は次の30日間はヨーロッパからの旅行を制限する旨と
$50 billionの利子の低いローンと確定申告を遅らせる旨を民衆に訴えました。

その演説後、サーキットブレイカーが発動するまでに先物は売られました。

Oxford Economicsの記者によると「トランプ大統領の演説はグローバルへの脅威となりつつある
新型コロナウィルスに対して、あまりにも各国・各部が協力する政策というのがかけているのが顕著である、それに対してマーケットは悲観した結果のようです。また
他国を非難するような内容のみで、影響をうける人々にたして手を差し伸べるようなアクションがなく、新型コロナウィルスの影響に対抗するメディカル、経済的、財務的具体的手段にかけている。」
ようです。

ここからは私見になりますが、いままで「アメリカファースト」でやってきた
トランプですが、このような脅威では各国が協力することも大事で、「アメリカファースト」
は新型コロナウィルスの前ではまったく役に立たないということにアメリカの市民も
気づいてきたのではないのでしょうか。

無題
Yahoo.finance


 時間前の相場は下落しています。
  • S&P 500 futures (ES=F): 2,606.25, down 134 points or -4.89%

  • Dow futures (YM=F): 22,344.00, down 1,231.00 points or -5.22%

  • Nasdaq futures (NQ=F): 7,608.5, down 395 points or -4.94%

  • Crude oil (CL=F): $31.05 per barrel, down 5.85%

  • Ten-year Treasury note: yielding 0.722%, down 10 basis points