アメリカでは普通バレンタインデーは男性が女性にプレゼントを送りますが、
両方送りあうこともあります。
しかし、プレゼントを贈るのは男性から女性、女性から男性へだけではないようです!!

アメリカ人の4人に1人がバレンタインデーにペットになにかしらのプレゼントを贈るようです。
その金額はなんと$1.7 billionに達するようです。2010年に比べて17%増加しているようです。

バレンタインデーという甘い日にはより多くの人がお金をつかい、最近はこのトレンドが
顕著なようです。2020年には$27.4 billionを人々はバレンタインデーにつかれると
予想されてます。平均は$196.31 で、花、チョコ、その他プレゼントがその用途のようです。
昨年から21%アップしています。その理由は友達、家族とさらにペットにもプレゼントを
送っているからのようです。

バレンタインデーという意味は大きくなってきていて、恋人だけでなく、友達、同僚などにも
ちょっとしたプレゼントをおくっているようです。
ある人は姉のワンちゃんはバレンタインデーにいっぱいプレゼントをもらっていると言っていました。
無題
(marketwatch.com) 

4人に1人、あるソースでは2人に1人がバレンタインデーにわんちゃん、ねこちゃんに何らかの
プレゼントを送っているようです。
ペット関連のチュウイー(CHWY)なども注目ですね。


無題

「彼氏にバレンタインデーのプレゼント買ったかですって?面白い冗談ね。ノーよ。
わんちゃんにバレンタインデー買ったかですって?もちろんよ!!」