1月の米国株は変動激しかったです。最高値を記録しながらも
主要マーケットは1月は少しのマイナスで終わりました。
決算発表で勝ち組と負け組がはっきりした中、投資家は決算発表を注視すべき
のようです。記事ではダウ30のなかで、
2月にBuyな銘柄4つを上げています。

1、ディズニー(DIS)
2、ホームディーポ(HD)
3、マクドナルド(MCD)
4、メルク製薬(MRK)


 
ディズニー(DIS)株価

無題
(IBD)

1、ディズニー(DIS)ですがバイポイント153.51として50日平均線に再び戻ろうとしています。
2月5日の決算からその線から遠ざかっています。
その一方で11月13日のブレイクアウトのあとのカップベースでまだ147.25のバイポイントの下です。
筆者はカップベースパターンでダブルの底値を形成していると気づいたようです。

ダウンサイドとしては最近強気ラインがくずれているので、上昇してくるかどうか注視する必要があるようです。


https://www.investors.com/research/dow-jones-stocks/?src=A00220&yptr=yahoo