会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

2021年12月

米国の自社株買い約53%が上位20社で占められています。
上位20社はありあまった現金を自社株買いに向けています。

無題
第3四半期では S&P 500 の会社で合計約$234.6 billionの自社株買いがありました。
1月から9月末までは$742.2 billionとなっており、昨年からは21.8%上昇しています。

無題


 上記20社注目です。

James Glassmanのまずは前年のピックからですが、
OKEなどは100%以上の利益をもたらしました。


無題

つぎに来年のピック10です。


無題
注目です。



FEDの決定待ちでダウ、ナスダック、S&P 500は方向性なく
先物は動いています。
ナスダックは50日移動平均線より下に行ってしまいましたが、1日の安値よりは上を
行く形となりました。

テスラ(TSLA)は最近の安値に達しました、グーグル(GOOG)は頑張っているかもしれません、
一旦は50日移動平均線を割りましたが、こらえたようです。
エヌベィデアとAMDは抵抗線を守り切ったようです。


無題
グーグル(GOOG)株価は1.3%下がって、 2,878.14になりました。
50日移動平均線よりやや下になっています。先週やっと50日移動平均線を取り戻したばかりでした。
現在買いポイント3,019.43のフラットベースを形成中です。

無題
注目です。

マイクロソフト(MSFT)ですが買いの機会を提供しています。
最近では10週移動平均線まで戻ってきています。




無題

10月18日に305.94を買いポイントとしたフラットベースからブレイクアウトし、
株価は下げてきました。5%の買いゾーンとしては買い値が高値で321.24と
なっています。

無題


注目です。

マーケットラリーは起こっていますが、マーケットがまた
ひと息つく懸念もあります。それまで投資家は注意深くしていたほうが
良いようです。

 
今週とくにちゅうもくすべきは、
アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、アドバンストマイクロ(AMD)
、NXP Semiconductors (NXPI)、アドビ(ADBE)
のようです。


現在 NXP Semiconductors (NXPI)は
買いポイント  227.60
のわずか下を推移していますが、マーケットトレンドがアップトレンドになれば
カップウィズハンドルを形成しているので注目のようです。
無題

注目です。

アブビー(ABBV)はEuropean Medicines Agencyに
クローン病の対処薬を承認するよう申請したことで
12月初めに買いゾーンに突入しました。
Skyriziはその他の処方ですでにヨーロッパで承認されています。
クローン病でもすでに良好な結果がでているようです。

アブビー(ABBV)はカップウィズハンドルを一度はブレイクアウトしましたが、
その後はずるずるとしていましたが、再度リカバリーしてきました。



無題


テクニカルでいうと移動平均線より上にきていて、買いゾーンの117.82-123.71付近なので
アブビー(ABBV)は買いのようです。

注目です。

マーケットラリーはオミクロンの懸念がうすれるのにつれて、
引き続きつづいているようです。

アップル(AAPL)、ナビディア(NVDA)、テスラ(TSLA)、マイクロソフト(MSFT)
、グーグル(GOOG)がマーケットを牽引しました。

この中で、マイクロソフト(MSFT)、グーグル(GOOG)がエントリーを提供してえます。

 グーグル(GOOG)は1.9%上昇して、50日移動平均線の上にきました。21日移動平均線を
もクリアして、短いダウントレンドを変えてきました。
長期リーダーのグーグル(GOOG)は50日移動平均線に戻ってきたところで買いのも
良いタイミングとなります。

 2,925.17 の古い買いポイントを取り戻しました、それはいいサインとなります。

正式なエントリーポイントは3,019.43 となります。

無題

注目です。

著名な投資家ジム・クレイマーがマーケットについて語りました。

バーゲンセールになっているのは
以下の4つの銘柄のようです。

1、ディズニー(DIS)
2、ペイパル(PYPL)
3、マスターカード(MA)
4、Wynn Resorts (WYNN)


S&P 500 が22%上昇しているのに、ディズニー(DIS)株価は
19%下落しています。

ジム
「オミクロンのために今下落していて、またDisney+も加入者で減少したので
投資家は落胆している。でも株価は下落したままではないよ、
アイコニックの銘柄でベストのフランチャイズの会社だよ。」

無題

無題

注目です。

著名な投資家ジム・クレイマーがマーケットについて語りました。
ジム
「多くの銘柄がバリュエーションが高いので投資家は
次に買う銘柄と買い機会にそなえるべきだ」

無題


ドキュサイン(DOCU)は決算で42%株価が下がりました。
ジム
「株価は来週もさげるかもしれない。モンゴDB(MDB)、Coupa Software  (COUP)
なんかも影響うけて株価さげるかもしれない。


視聴者
「以下ポートフォリオもっていますが、どうですか?
 Apple  (AAPL) -  Amazon  (AMZN) -  Alphabet  (GOOGL) - JP Morgan Chase  (JPM) -  Tesla  (TSLA)

ジム
「アップル(AAPL)、グーグル(GOOG)、アマゾン(AMZN)が一緒になっているのは偏っているがまあ、許容できるはんいだね。」

注目です。

テスラ(TSLA)に関しては金曜日に6.4%下落し、21日移動平均線より下ですが
50日移動平均線、100日移動平均線よりは上にいっています。



無題

現在マーケットは調整中なので、アドビのようにドキュサイン(DOCU)
につられて多くさげました。アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)でさえ
同じことがおこることもありえます、ですので、今は実際買うのでなく、次に買うリストを
アップデートしているほうがよいようです。



今年50%以上上昇してから、11%以上さげている銘柄は以下になります。

注目です。


 
CompanyTickerYTD stock change% change from highDate of 52-week highSector
Moderna(MRNA)188.6%-39.4%Aug. 10Health Care
Generac Holdings(GNRC)78.7-22.5Nov. 2Industrials
Mosaic(MOS)50.5-19.9Oct. 20Materials
Occidental Petroleum(OXY)71.3-17.1Oct. 26Energy
Nucor(NUE)102.2-16.5Aug. 13Materials
APA(APA)84.5-15.9Nov. 8Energy
DexCom(DXCM)51.5-15.0Nov. 18Health Care
Gartner(IT)98.8-13.7Nov. 2Information Technology
CF Industries(CF)53.2-12.9Nov. 18Materials
Tesla(TSLA)53.7-12.8Nov. 4Consumer Discretionary
Fortinet(FTNT)110.8-11.9Nov. 8Information Technology
EOG Resources(EOG)73.6-11.9Nov. 8Energy
Marathon Oil(MRO)133.6-11.4Nov. 8Energy
Simon Property Group(SPG)78.1-11.3Nov. 18Real Estate
S&P 500 21.9-2.7
Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence

12月は通常S&P 500の株価は底堅いです。
1950年以降だと12月は1.5%上昇しています。


マイクロソフト(MSFT)は12月通常マーケットをビートしているようです。



無題
以下が注目の銘柄になります。
 

Top S&P 500 Stocks In December

They beat the market during the month in each of the past five years

CompanyTickerSectorDec. 2016Dec. 2017Dec. 2018Dec. 2019Dec. 2020Dec. Avg.
CF Industries(CF)Materials8.8%13.5%3.1%3.3%3.8%6.5%
Hilton Worldwide(HLT)Consumer Discretionary8.5%3.0%-5.0%5.6%7.4%3.9%
Marriott International(MAR)Consumer Discretionary5.0%6.9%-5.6%7.9%4.0%3.6%
Sysco(SYY)Consumer Staples4.0%5.2%-7.0%6.2%4.2%2.5%
Microsoft(MSFT)Information Technology3.1%1.6%-8.4%4.2%3.9%0.9%
S&P 500 1.8%1.0%-9.2%2.9%3.7%0.0%
Sources: IBD, S&P Global Market Intelligence




ヘルスケア業界は最も大きく、複雑な業界の一つです。
ヘルスケアは薬を製造したり、デバイスを作成したり、保険を売ったり、ヘルスケアサービスを
提供したりする会社を含んでいます。



 無題

今ヘルスケアで割安と考えられている銘柄
Best Value Healthcare Stocks
 Price ($)Market Cap ($B)12-Month Trailing P/E Ratio
Sage Therapeutics Inc. (SAGE)39.742.33.2
Bio-Rad Laboratories Inc. (BIO)741.1622.23.4
Organon & Co. (OGN)31.207.95.2


売上が急成長している会社
Fastest Growing Healthcare Stocks
 Price ($)Market Cap ($B)EPS Growth (%)Revenue Growth (%)
Pfizer Inc. (PFE)51.08286.7446.2134.4
The Cooper Companies Inc. (COO)398.4419.61,00032.0
Royalty Pharma PLC (RPRX)41.8517.91,1008.6


今、モメンタムのあると考えられている銘柄

Healthcare Stocks with the Most Momentum
 Price ($)Market Cap ($B)12-Month Trailing Total Return (%)
Moderna Inc. (MRNA)276.38112.1173.6
Novavax Inc. (NVAX)200.7115.2113.6
Eli Lilly and Co. (LLY)261.96250.685.5
Russell 1000N/AN/A30.4
Health Care Select Sector SPDR ETF (XLV)N/AN/A23.6


注目です。

アリババ(BABA)ですが、最安値を更新しています。
ウォールストリートでも強気リストから外され、目標株価も
安くされています。


無題

しかし、そのような中で以前より将来的に明るくはないですが、その分すでに
株価に反映されており、
アリババ(BABA)はさまざまな分野に投資しており、
さらにマーケットでの存在感をましていくと明るいコメントもゴールドマン
からでています。

無題

注目です。


 

↑このページのトップヘ