会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

2021年10月

大きく儲けるためにテスラ(TSLA)株だけがその手段ではありません。

無題


例えばS&Pのベストのパフォーマンスの銘柄を各月もっていれば、
10月末には$10,000が$224,215にもなっています!!

 このような銘柄をもっていることで資産も増えるようです。

Top S&P 500 Stocks Each Month In 2021

Being in the right stock each month turned $10,000 into $224,215.

MonthTop S&P 500 stockSymbolStock's monthly gainSectorS&P 500  monthly changeBeginning balanceCumulative value of $10,000 investment in January reinvested in top stock each monthComposite Rating
JanuaryDiscovery(DISCA)37.7%Communication Services-1.1%$10,000$13,77032
FebruaryMarathon Oil(MRO)53.3%Energy2.6%$13,770$21,10995
MarchNucor(NUE)34.2%Materials4.2%$21,109$28,32998
AprilEquifax(EFX)26.6%Industrials5.3%$28,329$35,86490
MayNortonLifeLock(NLOK)28.0%Information Technology0.5%$35,864$45,90679
JuneBiogen(BIIB)29.5%Health Care2.2%$45,906$59,44923
JulyModerna(MRNA)50.5%Health Care2.3%$59,449$89,47070
AugustPaycom(PAYC)22.2%Information Technology2.9%$89,470$109,33397
SeptemberCoterra Energy(CTRA)36.9%Energy-4.8%$109,333$149,67698
OctoberEnphase Energy(ENPH)49.8%Information Technology6.5%$149,676$224,21599

ベライゾンコミュニケーション(VZ)は決算発表後株価は約2%上昇しました。
しかし、5月10日に株価が高値圏にあってから、その後は調子よくありません。

ベライゾンコミュニケーション(VZ)と同様にAT&T(T)も株価は良くありません。

ベライゾンコミュニケーション(VZ)の株価は現在ダウントレンドのようです。


無題

 しかし、記事では今はベライゾンコミュニケーション(VZ)は決算を発表して、決算リスクは
なくなったので、長期で配当をもらいながら、
待つことは良いといっています。
注目です。

インベスタービジネスデイリー(IBD)のIBD50の銘柄で
トップのグロース株はAMD、エヌベィデア、テスラ(TSLA)がトップの
グロース銘柄になっています。


無題

テスラ(TSLA)は買いポイントの900.50 を超えてきました。大きなカップベースを
形成していて、買いポイントの上限は945.53となっています。

その他のトップグロース銘柄としてはアレスマネジメント(ARES)があります。
小さいカップベースを形成していて、81.26の買いポイントのあたりにいます。

無題
注目です。

高配当だからといって、株価が上昇しないとは限りません。
配当と株価上昇の両方がとれいている銘柄もあります。

無題

以下がその銘柄になります。

 Stocks yielding 5% or more that gained 20% or more this year
CompanyTickerStock YTD % ch.Dividend yieldSectorComposite Rating
Oneok(OKE)69.6%5.79%Energy97
Iron Mountain(IRM)52.45.52Real Estate85
Exxon Mobil(XOM)52.15.61Energy83
Williams Companies(WMB)47.95.58Energy95
Valero Energy(VLO)39.24.95Energy75
Kinder Morgan(KMI)35.35.88Energy94
Lumen Technologies(LUMN)24.38.18Communication Services48

インフレーションの懸念に取りつかれて、S&P 500 銘柄をあきらめて、持たないことは
良くないようです。2000年以降でインフレーションの時で良いパフォーマンスを出して
いたものと悪いパフォーマンスを出していたものが以下になります。

無題

Best And Worst Assets During Inflation

AssetInflationary return*Representative ETFSymbolYTD % Ch.
Oil41%United States Oil Fund(USO)69.2%
Emerging market stocks18%Vanguard FTSE Emerging Markets(VWO)1.8%
Gold16%SPDR Gold Trust(GLD)-6.0%
Cyclical stocks16%Invesco DWA Consumer Cyclicals Momentum(PEZ)14.9%
U.S. small cap stocks15%iShares Core S&P Small-Cap(IJR)20.4%
TIPS13%iShares TIPS Bond(TIP)0.5%
High-quality stocks12%iShares MSCI USA Quality Factor(QUAL)14.6%
Growth stocks12%SPDR Portfolio S&P 500 Growth(SPYG)16.8%
Developed market ex U.S. stocks12%iShares Core MSCI EAFE(IEFA)7.8%
Defensive stocks10%Invesco Defensive Equity(DEF)12.2%
U.S. large cap stocks10%SPDR S&P 500 ETF Trust(SPY)15.7%
Value stocks8%SPDR Portfolio S&P 500 Value(SPYV)14.7%
High-yield fixed income5%High Yield(HYLD)0.2%
Investment grade fixed income-5%Vanguard Total Bond Market(BND)-3.3%
Emerging market fixed income-8%iShares J.P. Morgan USD Emerging Markets Bond(EMB)-5.7%
 Sources: Wells Fargo, IBD, S&P Global Market Intelligence YTD through Oct. 13, * - based on periods of inflation post 2000




ネットフリックス(NFLX)株価は秋にロールアウトした
ドラマ イカゲームの人気もあり上昇しています。


無題

9月2日に31週間底値固めをしており、買いポイント593.39にタッチして、
今は買いゾーンより5%上にいっています。
無題
注目です。



あるリサーチによると投資家は配当は消費に使い、キャピタルゲインは
再投資する傾向があるようです。

配当株は一般的に成長株よりボラティリティが低いと考えられています。
現在のようなマーケットで配当株を探す傾向はあるいみ自然と考えられます。


 無題

以下7つが長期的にも良いと考えられる配当株になります。

Chevron (NYSE:CVX)

Target Corporation (NYSE:TGT)

JP Morgan Chase (NYSE:JPM)

McDonald’s (NYSE:MCD)

Altria Group (NYSE:MO)

Apple (NASDAQ:AAPL)

Lockheed Martin (NYSE:LMT)


注目です。

著名な投資家ジム・クレイマーがマーケットについて語りました。

以下4つは株価が下げたら、買う価値がある銘柄です。アファーム(AFRM)

 無題


無題

無題


無題


ジム
「まえもあったけど、このようなセルオフの時は買いだった」


米国株のメジャーインデックスは先週落ち込みました、調整へと
シフトしているようです。
S&P 500とナスダックは50日移動平均線より下に推移しています。

マーケットはダウントレンドですが、金曜日はマーケットラリーの第一歩かもしれません。

 

無題


このような中ではキャッシュポジションを
多く持っておくのがよく、またRS linesが強い銘柄に注目です。


Netflix (NFLX), Datadog (DDOG), Mosaic (MOS), American Express (AXP), Bill.com (BILL), Quanta Services (PWR) 、Paychex (PAYX)が RS lines が高く、S&P 500よりも
アウトパフォーマンスしています。


無題
注目です。


↑このページのトップヘ