会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

2021年03月

著名な投資家ジム・クレイマーが経済再開銘柄、その他について語りました。

今週は決算発表は軽い週となります。S&P 500では、マコーミック(MKC)、
WBA、マイクロンテクノロジー(MU)
5つの会社のみとなります。

バイデン大統領は$3 trillionのインフラストラクチャー政策を推進しています。
先週の木曜日にはイノベーションやインフラストラクチャーで中国に追いつかれないための
誓約をしました。
インフラストラクチャー政策は鉄道の近代化、橋の修復などがはいっています。

ジム・クレイマー
「ニューコア(NUE)、ユナイテッドレンタルズ(URI)、キャタピラー(CAT)、
KBR(KBR)なんかが、インフラストラクチャー、経済再開でで恩恵うける銘柄だよ!!でも
でもすぐに上院で可決されるかというとそうではないかもしれない、民主党でも投票するのに
十分数まだいないかもしれないね。」

ニューコア(NUE)株価
無題

ユナイテッドレンタルズ(URI)株価
無題

「10年金利はもっとあがるだろう、そしたら、工業株があがるし、金利がちょっと下がると
ナスダックがあがる。そしてそれが好循環となって、経済再開銘柄は株価上がっていくだろうね。」

注目です。

今週注目すべき銘柄としては
1、フェイスブック(FB)
2、ディズニー(DIS)
3、ゼネラルモーターズ(GM)
4、ターゲット(TGT)
5、Scotts Miracle-Gro (SMG)

があります。どれも買いポイントが近いです。

1のフェイスブック(FB)ですが、2020年の利益成長も固く、アナリストは
2021年、2022年とも利益の成長は底堅いとみています。

フェイスブック(FB)での一番の懸念事項といえば、アップル(AAPL)のiOS14が
フェイスブック(FB)とその他アプリがユーザーにサードパーティーサイトでの活動を
トラックできるようにするか、それともしないのか選べるようにするアップデートで
これがアド広告の単価に悪影響を及ぼすと考えられています。

CEOのマークザッカーバーグがフェイスブック(FB)ショップは順調に伸びて、
1 million active shopsに成長し、毎月 250 million shoppers がいると発表してから
株価は持ち直しているようです。
一旦は299.71まで持ち直し、8月につけた最高値に近づきました。
relative strength lineをみるとダウントレンドを抜け出したようです。
無題

2のディズニー(DIS)ですが、
26日(金)にディズニーランドの拡大の発表をしました。また
4月30日に15%-35% のキャパシティーで再オープンする予定です。
ディズニーワールドはすでに再オープンしてから数か月はたっています。

成長ドライバーとしてのディズニー+のサブスクライバーは1億人を超えたようです。

無題
ディズニー(DIS)株価は前の買いポイントだった183.50
をテストしているようです。21日移動平均線を超えられるかどうかを
注意深くみたほうが良いそうです。これを超えられれば、3月のダウントレンドを
抜けて、さらに上昇していく可能性があるようです。

注目です。

著名な投資家ジム・クレイマーが3Dシステムズ(DDD)、
リニューアブルエナジー(REGI)などについて語りました。

 無題

ジム・クレイマー
「3Dシステムズ(DDD)だけど、カムバックしつつあるね。あなたには
そのままホールドしておいて欲しい。」

3Dシステムズ(DDD)株価
無題

「Annaly Capital  (NLY) だけど、これはパスしておいたほうがいい。」

「ペイパル(PYPL)は今人気なくなっているね。まだ株価は下がるかもしれない、けど
長期的に考えるなら、ペイパル(PYPL)はトレードするんじゃなくて、
もっておくべき銘柄だね。」


ペイパル(PYPL)株価
無題


「Revance Therapeutics  (RVNC)については気をつけたほうがいいね。もっと好きになりたいけど。」

「リニューアブルエナジー(REGI)はいい会社だよ。
株価下落した今だからいくつか買ってみるのも面白い」

注目です。

最近急落した航空会社株に再度チャンス到来でしょうか!?
例えば、航空会社株スピリット航空会社株(SAVE)は何回かのトレードの
チャンスを提供しています。そして、再度チャンスがきているかもしれません。


 無題

スピリット航空(SAVE)は過去2か月で3度目のチャンスに向かっています。
以下株価チャートでは
2月の①が21日移動平均線で支えられて、最初のチャンスでした。スピリット航空(SAVE)は
経済再開銘柄のなかでも、
リラティブストレングスラインが強く、航空会社株ではリーダー的に
存在です。インベスタービジネスデイリー(IBD)では①で入り、8%上昇した時点で
ある程度利益をとり、③で13%利益になったところでまた利益を取りました。
④で少し下がりましたが、残りを売り出口としました。理由は決算発表を
またがないというスイングトレードのルールからです。④で出口戦略したため
最高値で売るのは逃がしましたが、決算発表での急落でダメージは受けませんでした。
最高値で売れなくても、急落を避けて利益を確保できたのは良い出口戦略だった
と思います。

⑤のあとしばし休んで、⑥で株価は急伸してきました。その時はブレイクアウト
にはならなかったため、インはしませんでしたが、その後株価は
力強い動きを見せたため株価は上昇しましたが、インしなかったので
、その時は利益はとれませんでした。

無題

⑥でトレードしなかったとはいえ、ウォッチリストにはいれていました。
そして、その時3月8日くらいには航空会社全体が上げ⑦だったので、
航空会社のETF(JET)を買いました。
そして、株価が急伸した⑧でJETを売り、再度スピリット航空(SAVE)に入りました。
⑨で急伸したので、再度SAVEで利確を行いました。

そのあとは経済再開とロテーション銘柄も下げてきて、難しい環境になりました。
⑩では10日移動平均線をわりました。10日移動平均線は短いですが
スイングトレードでは役に立つこともあります。
今回は10日移動平均線をわってから、さらに下げましたので、10日移動平均線
を割ってすぐ売っていれば、さらなる下落は避けられたことになります。

⑪下落から50日移動平均線で株価は急反発しました。

再度のチャンスですが、今回はリスクがやや高いので通常の半分の金額でSAVEに入りました。

米国マーケットは金曜日後半は力強いラリーを見せました。しかし、
難しい環境といってもいいかもしれません。このままラリーが続くようであれば、
クオリティーの高い銘柄に投資してもしいかもしれません。
5つの銘柄はブレイクアウトしたてか、もしくはブルシグナルをだしています。

1、ASML (ASML)
2、Lam Research (LRCX)
3、Entegris (ENTG)
4、KLA Corp. (KLAC)
5、MKS Instruments (MKSI) 


チップメーカー関連は今ホットなグループです。上記銘柄は今行動しても
いいかもしれません。
マーケットがこのままアップトレンドならば、上記に乗るのがよいようですが、
下げるようならば、ポジションを減らしていく等舵取りが必要なようです。

1、ASML (ASML)は26日(金)に7%以上株価が上がりました。
週では14%の上げになっています。

無題

買いポイントは608.81 でした。10週移動平均線よりも10%以上うえにありまが、
来週になれば、移動平均線も上がるので、買いの範囲となります。
少し下げをまってからの買いがいいようです。

2のLam Research (LRCX)ですが、50日移動平均線と10週移動平均線
を守り切り、買いポイントは603.70ですが、行動してもいいようです。
無題

Entegris (ENTG)の買いポイントは114.10です。

KLAC の買いポイントは 342.31となっています。

注目です。

米国マーケットですが、再度ラフなセッションとなりました。
ダウはプラスを失って、 S&P 500 はキーレベルを割り、ナスダックは
13,000をわりました。

マーケットクローズの後で、RH(RH)、GrowGeneration (GRWG)、
KB Home (KBH) などが決算でヘッドラインを飾りました。


無題

 株価のブレイクアウトですが、ラスベガスのカジノに例えていえば、
多くの人を引き付けるのは大当たりの人がいるからです。フロアに
大当たりの人がいなければ、負けたひとはどんどん去っていきます。
株式市場も似たようなことが言えます、株価のブレイクアウトがどんどん
あれば市場も盛り上がりますが、いまは多くの銘柄がブレイクアウト
に失敗しています。

テンセントミュージック(TME)ですが、最近の買いポイントから
27%株価が急落し、50日移動平均線より下げました。中国株にとっては
ニオ(NIO)、JD.com(JD)とともに
良くない日でした。親会社のテンセント(TCEHY)は利益が予想よりも良かったのに
株価は冴えませんでした。

テンセントミュージック(TME)株価
無題
RHですが、売上、利益とも四半期の予想を上回り、時間外で上昇しています。
そして、買いポイントまで上昇しそうな形になっています。
月曜日には一旦買いポイント524.32をクリアしましたが、火曜日には下がりました。

無題

グロージェネレーション(GRWG)に関しては利益とガイダンスで投資家を
印象づけました。グロージェネレーション(GRWG)も時間外で上昇しています。

KBホーム(KBH)は利益は予想を超えましたが、売上は予想に届きませんでした、
時間外で下落していますが、高値からはそんなに下がってはいません。



KBホーム(KBH)株価
無題


バロンズ社によると
バリュー株がグロース株をアウトパフォームする局面は数年続くかも
しれないということです。
バリュー株というのはグロース株より景気の良し悪しによりセンシティブです。


無題

9月23日以降バリュー株はグロース株をアウトパフォームしてきました。
その時はマーケットが今後の先行き経済により楽観的になった時でした。

9月以降は小型株のRussell1000Valueインデックスは30%上昇し、
Russel1000 Growthの倍以上のパフォーマンスをたたき出しています。
しかも、このトレンドはまだ始まったばかりかもしれないのです。

アナリストによると現在は景気刺激策とFRBのマネタリーの供給により
コモディティーの新しいサイクルが始まったそうです。
メタルや、石油価格が上がった時は、お金の供給も上がっているようです。
そして、そのサイクルは2024年までには50%上昇すると言っています。

コモディティーにまだアップサイドがあるということは
バリュー株がアウトパフォームする余地もまだまだあるということになります。

またバリュー株はまだまだコモディティーの価格上昇に対して、
キャッチアップできてないので、今後4年間で40ポイント以上、グロース株
よりもアウトパフォームする可能性があるとのことです。

例えば、銅の鉱山をマイニングするFreeport McMoran(FCX)ですが
バリュエーションも安く、アウトルックも強気なので、とても
魅力的なようです。

バリュー株にのるのはまだ遅いわけではないようです。


Freeport McMoran(FCX)株価
無題


 https://finance.yahoo.com/m/25be1184-45a9-3af4-9002-eaca656f2650/value-could-outpace-growth.html


伝説的投資家ウォーレンバフェットは S&P 500の銘柄を永久保有することで
知られています。しかし、そんな彼ですが2銘柄については自分自身のルールを
守らなかったため負けるばかりか、その2銘柄は2021年には敗者から
勝者になりました。


ウォーレンバフェットはオクシデンタル石油(OXY)とユナイテッド航空(UAL)を
2020年第2四半期で売りました。
通常の投資家も経験あるように売ったそばから、株価がぐんぐん上がるということが
ウォーレンバフェットにも起こったのです。


オクシデンタル石油(OXY)はS&P 500の中で2021年で4番目に株価のパフォーマンスが
良いです。77%も上昇しています。
ユナイテッド航空(UAL)は30%以上株価が上昇し、トップクラスのパフォーマンス
になっています。

なぜ、ウォーレンバフェットがこれらの銘柄を売ったのかは理由は明確です。
オクシデンタル石油(OXY)は2020年は最悪の銘柄でした、77%も株価が下がりました。
ユナイテッド航空(UAL)も株価は半分になりました。

しかし、2021年はバリュー銘柄が牽引するマーケットとなりました。
そこでは最悪のパフォーマーが最高のパフォーマーになりました。
 

無題

2020年でパフォーマンスが悪かった50の銘柄は2021年
平均で33%上昇しているようです。
2021年に2020年の負け犬をピックアップしていたら、
2021年は良いパフォーマンスがでていたということになります。


以下が2020年の負け犬だった銘柄が、ベストなパフォーマンスを
している例です。
無題



https://www.investors.com/etfs-and-funds/sectors/sp500-warren-buffetts-panic-sale-two-stocks-cost-700-million/?src=A00220

ナスダックが昨年44%あがったようにハイテク株は昨年オン・ファイア!!
でした。しかし、今年になってから、経済再開にむけてハイテク株は
プレッシャーをうけています。投資家は先をみているので、
実経済の銘柄をみています。

いまのハイテク株の下落局面で下落しても仕方のないハイテク株とまた
以下3つのハイテク株は経済再開しても、強い経済成長をみせると考えられます。



無題


その3つとは
1、ヴィーバ システムズ(VEEV)
2、ファイバー インターナショナル(FVRR)
3、台湾セミコンダクター(TSM)


になります。

1、ヴィーバ システムズ(VEEV)ですが、
2020年に売上は33%伸び$1.47 billionに
フリーキャッシュフローは25%増え、 $542 millionになりました。
この会社はまだ途上なのでライフサイエンス、化粧品、コンシューマーグッズの
顧客に対して提供するデジタルフォーマットに多く投資しています。

株価は先月に達して最高値より20%低いものとなっていますが、
マーケットの大きさを考えると今後も成長できる会社となっています。


ヴィーバ システムズ(VEEV)株価
無題

2のファイバー インターナショナル(FVRR)は
フリーランスのためのサービスを提供しています。
多くの人たちがロックダウンのため時間があまるか、もしくは就業時間が減らされ
ました。そのような中で、オンラインフリーランスポータルでスキルを
売ることは意味のあることとなります。

スモールビジネスも成長するため、フリーランスの力を借りることは
必要となり、ファイバーも売上を伸ばすこととなりました。

売上、フリーキャッシュフローともに昨年は急伸しました。


無題


ノースアメリカだけで潜在的なマーケットは$100 billion あると言われているので、
2020年の売上は$190 millionなのでまだまだ成長余力があると思われます。

ファイバー インターナショナル(FVRR)株価
無題



米国市場は週としてはほどほどの下げでしたが、ナスダックは
テクニカル的に一番打撃をうけました。

1、フェイスブック(FB)
2、USスティール(X)
3、ウェイフェア(W)
4、グーグル(GOOG)
5、クォロボォ(QRVO)

が買いポイントが近い5つの銘柄になっています。

現在マーケットの動きは複雑です、しかし単純に考えることが
できるコンセプトもあります。
基本は21日指数平滑移動平均線と50日移動平均線より上に
いっているものに投資するべきです。それはメジャーなインデックス
についても当てはまります。
現在だと、ダウとS&P 500は上にいっていて、ナスダックは下にいっていて
投資する環境としては難しくなっています。


 無題

フェイスブック(FB)は19日(金)にボリュームも多く、
4%急伸しました。これはマークザッカーバーグがアップル(AAPL)の
新しいプライバシーポリシーの影響を少なく見積もったためです。
早めのエントリーポイント286.89 を超えて、公式な買いポイント
 304.77 に近づいてきました。
投資家はここからポジションを持つことができるでしょう。
RSラインはぐだぐだしましたが、2021年来では最高になっています。

無題

USスティール(X)ですが、先週は7.3%下落しました、しかし
カップベースを形成してからの一息ついているだけなので、自然な動きです。
 24.56の買いポイントでカップウィズハンドルを形成しています。
デイリーチャートでは 24.81のカップウィズハンドルになっています。

無題

注目です。

著名な投資家ジム・クレイマーがマーケットと銘柄について
語りました。


無題

ジム・クレイマー
「素晴らしいハイテク株が20%くらい下がった時は、買いだよ。
オクタ(OKTA)はCEOも素晴らしいし、オクタ(OKTA)はBuyだ!!」

オクタ(OKTA)株価
無題


「プラグパワー(PLUG)は会計で問題があったよ、でも現金の
問題でなく会計処理の問題なので、問題自体は悪いけど、恐れおののく
必要はない。グリーンエネルギー関連では1番とおもうので、そのまま
持ちつづけていいとおもう!!」

プラグパワー(PLUG)株価
無題

「チューイー(CHWY)はペット関連で熱いよ。買いだね!!」

「リンデ(LIN)はモンスターストックだよ。これも買いだよ!!」


注目です。

3月19日(金)も米国市場は荒れています。
ナスダックはマイナスからプラスへなっています。

ナスダックを率いている強い銘柄は
1、フェイスブック(FB)
2、ペロトンインタラクティブ(PTON)

になります。

フェイスブック(FB)は最近株価の調子が良く、一方でペロトンインタラクティブ(PTON)
は最高値より随分したにあります。

しかし、これらの2つの銘柄は有望な将来性があります。


無題

フェイスブック(FB)のCEO、マークザッカーバーグは最近のアップル(AAPL)
のセキュリティーポリシーの変更に不満を持っています。
最近ではバーチャルリアリティーの商品を発表しました。今後10年でこの
AR関係のものが大きく影響をもたらすとCEOは考えています。

無題


ペロトンインタラクティブ(PTON)ですが、アナリストからの
目標株価は$175で買いと判断され、株価も上昇しています。
そして、最高値よりも30%-40%下がっているので、そろそろ
買うにはちょうどいい価格のようです。


無題

注目です。

 

月曜日のマーケットラリーは複雑でした。
プラグパワー(PLUG)の会計修正や、
クラウドストライク(CRWD)の決算などがヘッドラインとなりました。

その中でもMKS Instruments (MKSI)、アプライドマテリアル(AMAT)、
Qorvo (QRVO)、Skyworks Solutions (SWKS)
が買いシグナルを点灯させています。


MKS Instruments (MKSI) 株価

無題


アプライドマテリアル(AMAT)株価

無題
アプライドマテリアル(AMAT)はやや早いエントリーポイントを迎えています。


Qorvo (QRVO) 株価
無題


Skyworks Solutions (SWKS)株価
無題

注目です。

 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-nasdaq-fades-chip-stocks-buy-signals-plug-power-crowdstrike-earnings/

食品銘柄は食品やノンアルコール飲料を製造する会社で構成されています。
小売店、卸業者、その他が該当します。レストランは含まれません、
レストランは景気敏感株のほうに区切られます。食品銘柄は
クロガー(KR)、ダーリング イングリディエント(DAR)、
B&Gフーズ(BGS)などが入ります。

食品銘柄を代表するETFは the S&P Food & Beverage Select Industry Index(SPSIFB)
でしょう。過去12か月ではその他の産業をアウトパフォームして、3月11日の時点で
60%のリターンを出しています。


無題



食品銘柄で以下の3つがベストなバリュー銘柄のようです。
 
             Price ($) Market Cap ($B) 12-Month Trailing P/E Ratio
Ingles Markets Inc. ( IMKTA) 60.93 1.2        5.7
Campbell Soup Co. ( CPB)    47.88   14.5        8.2
Albertsons Companies Inc. ( ACI) 17.89 8.3      8.7



無題



また、食品銘柄でEPSの成長が高いベスト3は以下のようです。

無題

注目です。

 

3月15日(月)はダウは 0.5%、S&P 500 は0.65%、ナスダックは1%以上と
それぞれ上がりました。

アップル(AAPL)は2%のリカバリーをみせ、マイクロソフト(MSFT)は0.4% 下落、
ナイキ(NKE)は新しい買いポイントに近づいています。


注目のトップ銘柄3つは
1、アプライドマテリアル(AMAT)
2、ディスカバリーファイナンシャル(DFS)
3、Hain Celestial (HAIN)
になります。
すべてが買いポイントにいるか、近くにいるので注目となります。


無題

1、アプライドマテリアル(AMAT)はほぼ底値をきづきつつあり
124.60の買いポイントを提供しています。3月8日に50日移動平均線を試しにいきましたが
守りきり、以来それより上にいます。

無題


2、ディスカバリーファイナンシャル(DFS)ですが、
木曜日に底からブレイクアウトしましたが、月曜日に101.06 の買いポイントより
下がってしまいましが、この買いポイントを超えてくるのかどうか注目です。
無題

3、Hain Celestial (HAIN)ですが、急激に
45.52 の買いポイントに近づいてきています。

無題


インベスタービジネスデイリー(IBD)が注目株として
 ヘイン・セレスティアル・グループ(HAIN)を取り上げました。

ヘイン・セレスティアル・グループ(HAIN)はオーガニックとナチュラル食品の
会社でパンデミィックで健康志向が高まり、決算も回復しつつあります。

低いマージンと低成長率なブランドでしたが、ベジタブルチップ、シーズ二ングティー、
ヘルシーシリアルバー、グリークヨーグルトに力をいれ、業績は回復基調になります。


無題

過去5つの四半期では利益成長率は 42% から 238%へと急伸しており、
同時期での売上は -5% から 4%へと伸びています。

アナリストは2021年通期では利益はEPS$1.37 となり、63%の伸びと売上は
2%マイナスの$2.01 billionと予想しています。
2022年ではEPSは 16%伸びると予想しています。

株価テクニカル分析では10週移動平均線を守り切っていて、
45.52が買いポイントになっています。

注目です。

FidelityとYahoo financeとその他のリサーチで
女性と男性とどっちが投資家としてより多くのリターンを
あげているか?というのがありました。

Yahoo Financeでは女性投資家のほうが男性投資家よりアウトパフォーム
しているといっています。
  "The Lifecycle Trade."の著者Kathy Donnellyは
「女性のほうがプランニングと自制心を強くもって行動している、それが
よりより投資家にしている」と言っています。

Fidelityの調査によればリターンでいえば、女性のほうが
0.4%男性より、リターンを上げており、貯金率も0.4%多いほうです。
 
無題


U.Kの別の研究によると男性はFTSE 100 (^FTSE)より0.14%アウトパフォーム
してますが、女性は1.94%もアウトパフォームしているようです。

ある別の研究では1年に平均男性は13回トレードしているようですが、
女性は9回のようです。


男性投資家は勝っているトレードで、すぐ利確をし、ルーザー銘柄に固執し、
女性投資家は宝くじのようなリスクのトレードは避ける傾向があるようです。

また、男性投資家は安い価格の銘柄が好きなようです。なので、
ロビンフッダーのターゲットになったGME、やAMCもそのような傾向だったようです。



ファイナンシャルテクノロジー、フィンティックといってもチョイスとしては
それなりにあります。フィンティックはパンデミィックで、Eコマースと
デジタルテクノロジー、ペイメントネットワーク、マネーのトランスファー
オンライレンディングなどの追い風をうけて急成長しました。


無題

ペイパル(PYPL)、スクエア(SQ)はレガシーのペイメント銘柄、マスターカード(MA)
、ビザ(V)をアウトパフォームしていました。しかし、ローテーションにより
これらの銘柄の株価は最高値より20%下に位置しています。



注目のIPOとしてはストライプ(Stripe)があり、フィンティックのなかでも
興味を引きそうです。ストライプは予想では 時価総額$115 billionにもなるとも
言われています。

インベスタービジネスデイリー(IBD)ではペイパル(PYPL)をIBDのリーダ銘柄としています。
ペイパル(PYPL)とスクエア(SQ)の間ではライバル心が大きくなりつつあります。
ペイパル(PYPL)はVenmoのデジタルウォレットを2021年には修復する予定です、
また"Buy now, pay later"サービスもプッシュしています。

アファーム(AFRM)は"Buy now, pay later"サービスのプロバイダーですが
IPOで $1.2 billion入手しました。

スクエア(SQ)はパンデミィックでレストランやスモールビジネスの落ち込みで
心配されていましたが、ビットコイン(BTC)の取引と連携することにより
さらなる成長を目指しています。

その他、ブラジルのベースのStoneCo (STNE),オランダベースのAdyen (ADYEY) 、
シフトフォーペイメント(FOUR)などがフィンティック銘柄として
注目されています。

マスターカード(MA)ですが、316.16の買いポイントでの
カップウィズハンドルを形成しつつあります。また買いポイントは331.97にまで
拡大しています。


マスターカード(MA)株価
無題

フィンティックの銘柄を買う場合はチャートをみて入るのがいいようです。
注意事項としてはジャイアント、アップル(AAPL)、フェイスブック(FB)なども
参入しつつあるということです。
そして、ブロックチェーンの影響も考える必要があるようです。



 https://www.investors.com/news/technology/fintech-companies-to-buy-and-watch/?src=A00220

ペイパル(PYPL)はお金の移行するサービスを提供するもっとも
大きなデジタルプラットフォームです。
現在のマーケットラリーでペイパル(PYPL)は買いなのでしょうか?


無題

ペイパル(PYPL)株のファンダメンタル分析
2010年以降、基本利益と売上成長率ともに着実に伸びています。
2010年はEPSが29centsでしたが、
2019年にはEPSは$2.96 となっています。
2020年には EPSは31%伸び、$3.88となっています。アナリストの予想では
2021年にはEPSは18%成長、
2022年にはEPSは26%成長となっています。

デジタルペイメントの進化は世界中に影響を与えており、
成長トレンドとなっています。

2月3日には第4四半期の決算を発表しました。
EPSは29%伸び $1.08 
売上は23%伸び、$6.12 billionとなり、マーケット予想を上回りました。

また、16 millionの新規ユーザを獲得し、12月末時点ではトータル
377 millionユーザがいるようです。

最近のマーケットラリーで、 215.93 の買いポイントから
カップベースを形成し、伸びてきました。しかし、50日移動平均線を割ったところで
テクニカルでは買いではなくなりました。

インベスタービジネスデイリー(IBD)ではペイパル(PYPL)をIBDの長期のリーダー
ととらえていますが、ポジションを軽くするか、一旦売りとしています。

ペイパル(PYPL)株価
無題

注目です。

https://www.investors.com/research/paypal-stock-buy-now/?src=A00220
 

現在のマーケットはアップトレンドとコレクションの両方で
議論されています。ダウとリアルエコノミーの銘柄はうまくいっている
一方、ハイテクのナスダックはスランプ気味です。

このあともこのような状況は続くのでしょうか?

リアルエコノミーの銘柄としてはボーイング(BA)が買いポイントを水曜日に超えました。
D.R.ホートン(DHI)とフラグスターバンコーポ(FBC)は買いゾーンに入ってきています。
CFインダストリーズ(CF)も行動してもいい範囲です。
しかし、ゲームストップ(GME)は激しい株価の動きがつづいています。
ロブロックス(RBLX)ですが、強いデビューを果たしました。

 

無題

ボーイング(BA)は244.18をクリアして、カップベースを形成しました。
そして、ちっちゃい取っ手ですが、カップウィズハンドルを形成しているので
229.71 でのエントリーポイントになっています。

ボーイング(BA)株価
無題
D.R.ホートン(DHI)は前日3%上がり、82.09になりました。
 81.31 の買いポイントより上に来ましたが、まだ買ってもいいポイントのようです。


D.R.ホートン(DHI)
無題

注目ですね。

https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-stock-market-divided-boeing-breaks-out-gamestop-bitcoin-rise/?src=A00220

ビデオゲームの会社ロブロックス(RBLX)が今週IPOデビューします。


 無題

ニューヨーク株式市場でダイレクトリスティングとして、水曜日にデビュー
します。ダイレクトリスティングというのは新しい株を発行するので
なく、既存の株主がパブリックの株主に売ることです。
プライベートマーケットでは$4 billionとして評価されています。

ロブロックス(RBLX)のデイリーアクティブユーザ数は過去数年で急伸していましたが、
パンデミィックでさらに増えました。
2019年には 47%伸びて、
2020年では85%伸びて、32.6 million 人に達しました。
ユーザが使用する時間は倍になり30.6 billion時間つかっていました。

ロブロックス(RBLX)は創業して17年ですが売上は昨年 $924 million
と82%伸びました、ネットロスは$71 million から$253.3へと増えました。

2021年の第1四半期と第2四半期のガイダンスも出しています。
第1四半期はアクティブユーザ数は68%伸びて 39.6 millionに
売上は85%伸びて、 $335 millionを予想しています。

第2四半期はアクティブユーザ数は前年同期比で 9%の伸びを
売上は86%の伸びを予想しています。

注目です。



著名な投資家ジム・クレイマーがマーケットと彼の好みの
銘柄を語りました。

ジム・クレイマー
「サイバーセキュリティの銘柄はいろいろあるけど、私のお気に入りは
パロアルトネットワーク(PANW)だよ!!」

無題


パロアルトネットワーク(PANW)株価
無題


「ボーグワーナー(BWA)、マグナインターナショナル(MGA)も好きだよ!!」
ボーグワーナー(BWA)は自動車部品を製造する会社です。


ボーグワーナー(BWA)
無題


マグナインターナショナル(MGA)株価
無題

「オラクル(ORCL)の株価はいまとても安いね。バランスシートもいいよ。
ジローグループ(ZG)も熱いよ。ジロー(ZG)は買いだね」

「ファイザー(PFE)は4.5%配当あっていいけど、モメンタムはないね。
持っていてもいいけど、ブリストルマイヤーズ(BMY)のほうが全然いいよ!」


「Hydrofarm Holdings Group Inc (HYFM)買うのだったら、カノーピー(CGC)買うね。」

注目です。
 



マーケットのコレクションは株に強気のベースを提供するチャンスでもあります。
新型コロナウィルスで急落した時はテスラ(TSLA)、テラドック(TDOC)、
ズームビデオコミュニケーション(ZM)は昨年モンスター級の株価の上昇がありました。

これらも再度モンスター級の回復をするかもしれませんが、今はダメージを受けています。




無題
今のような状況ではマーケットラリーが続くのかどうか慎重にいったほうが
いいようです。しかし、ウォッチリストは作成したほうがいいようです。
インベスタービジネスデイリー(IBD)は買いポイントの近い以下5つの
銘柄を上げています。

1、ウォルトディズニー(DIS)
2、ヴェール(VALE)
3、マイクロソフト(MSFT)
4、ファイブビロー(FIVE)
5、グーグル(GOOG)

です。

1、のウォルトディズニー(DIS)ですが、いよいよカリフォルニアのランドは
4月1日に人数を制限して
再開します。

無題
ウォルトディズニー(DIS)ですが、買いの範囲にあります。金曜時間外で上昇
していますが、アクションしてもいいようです。


2のヴェール(VALE)は 17.78 が買いポイントになります。

無題
マイクロソフト(MSFT)、ファイブビロー(FIVE)、グーグル(GOOG)
も買いポイントが近いようです。
注目です。


 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-market-rally-attempt-begins-which-stocks-will-lead/

株価の強さを示す Relative Strength Ratingですが
グーグル(GOOG)は69、フェイスブック(FB)は31、アマゾン(AMZN)は41、
ネットフリックス(NFLX)は47、アップル(AAPL)は61と
グーグル(GOOG)は現在のような急落しているマーケットでも
強さをみせつけているようです。なぜでしょうか?



 無題

本音を言えばこのRelative Strength Rating は80は欲しいところです、
しかし今急落しているマーケットで、しかもハイテク株がセルオフになっている
状況でグーグル(GOOG)株価は第4四半期決算発表後、素晴らしくその強さを保っています。

21日移動平均線で株価はサポートされています。
ウィークリーチャートでは3週の固いパターンとなっていて、
エントリーポイントは2,145です。
3月5日(金)では 3%上昇して2108.54となっています。

無題
グーグルは前回好決算でした。

グーグル(GOOG)のクラウドコンピュータの売上は47%上昇して
予想$3.8 billionに対して、 実績$3.83 billionでした。これは
マイクロソフト(MSFT)が 50%上昇しているのに対して、劣っています。

YouTubeの広告売上は23%上昇して、
予想$6.15 billionに対して、実績$6.88 billionでした。

全般的な広告売上は22%上昇して
予想$42.1 billionに対して、実績$46.2 billionでした。

注目です。

https://www.investors.com/research/ibd-stock-of-the-day/why-google-stock-is-holding-up-better-than-apple-facebook-amazon-netflix/


現在米国ではSPACがブームになっています。
この記事では長期で資産形成できる2つのSPACを紹介しています。


無題

まず一つ目は
1. ソーシャル キャピタル ヘドソフィア Social Capital Hedosophia Holdings V (NYSE:IPOE)です。
これはファイナンシャルテックのSofiと合併したSPACです。
Sofiは金融機関に対して"one-stop shop"のサービスを提供しています。
ユーザはローンやリファレンスローンの申請、保険を買ったり、株や仮想通貨を買ったりを
アプリで行うことができます。

2021年末にはメンバーシップの数が3百万に達すると見込んでいます。

2020年に売上は$620 million計上しており、2025年には$3.7 billionになるだろうと
予想されています。

ソーシャル キャピタル ヘドソフィア Social Capital Hedosophia Holdings V (NYSE:IPOE) 株価
無題



2つめは ゴレス ホールディング Gores Holdings VI (NASDAQ:GHVI)です。
MatterportとのSPACです。2021年の第2四半期には合併が完了する予定です。
Matterportは空間的データの会社と言われていますが、この会社は
デジタル3Dモデルをどんな物理的空間、家、オフィス、ストアなどに構築できるテクノロジーを開発しています。今まで 10 billion square feet の空間をデジタリしてきました。

 150か国以上に250,000以上のカスタマーがいます。
Fortune1000で13%以上がカスタマになっています。 

会社の購読者数は2020年で500%増えており、昨年の売上は
$85.9 million で 87%伸びています。


ゴレス ホールディング Gores Holdings VI (NASDAQ:GHVI) 株価
無題

注目です。

 

↑このページのトップヘ