$10以下でファンダメンタルも良く、テクニカル分析もよい
5つの格安銘柄があります。

 無題

まずは、インドのITサービスの会社でウィプロ(WIT)です。
2020年には2.52でしたが、$8代まで上がってきました。
フラットベースを形成中で、8.42が買いポイントにあります。

無題
2つめは Entravision Communications (EVC)ですが、
10週移動平均線までもどってきたので、買いのポイントになってきています。


無題
3つめはLoma Negra (LOMA)、4つめはChico's FAS (CHS)、
5つめはUnited Microelectronics (UMC)になっています。

注目です。