会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

株の買うのもそうですが、売りのタイミングというのも
むずかしいものと思います。記事で売りのためのルールというのがありました。

無題

なぜ売りのルールが必要か?
株を買ってから、多くの投資家が出口戦略を持っていません。そのため、リターンが
振るわないことがおおくあります。ここでのルールは過去から証明された違いを
だすためのルールです。

損をある程度におさえましょう。

7から8%を目安に下がったら損切りしましょう。どんな良い銘柄だとしても
ブレイクアウトしてから、下がることもあります。そして買った銘柄が8%以上下がったときは
エントリーしたポイント、銘柄、マーケットの地合いのどれかが悪かったということになります。

売買益確定のしかた
持っていた銘柄が上がったときは、嬉しいものです。しかし、利益を確定するのには
どれくらいもっていほうがいいのでしょうか?アップトレンドのマーケットの時は
20%-25%で一旦利確するというのも有効な手段のようです。

8週間ホールドルール
勝った銘柄が突然20%以上値上がりしたという時は、マーケットでの勝者になるための
ものをもっていたということです。8週間ホールドルールというのはマーケットの勝者を
見分けるのを手助けします。3週間以内でも20%以上あがった銘柄は、
少なくても8週間ホールドするのが有効なようです。


 https://www.investors.com/ibd-university/how-to-sell/

野菜もとれて、大豆たんぱくもとれるファミマの大豆のお肉ビビンバ丼
食べました。美味しかったです。
アメリカでは肉供給不足不安もあり、ますます大豆ミートや
ビヨンドミート(BYND)のような代替肉が注目されています。


 無題

このようなメニューがつねに1品はあるといいですね。

Apple TVからトムハンクス主演の戦争ドラマがでるようです。
「Greyhound」というTVドラマで
6月にプレミアを予定しています。

海軍のコマンダーとしてトムハンクスはドイツと
戦ったり、相手国から自分の艦隊を守ったりするようです。


無題





 


 無題

↑このページのトップヘ