会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

著名な投資家ジム・クレイマーが2021年のチャリティーファンドの
勝者Winnerと敗者 Loserについて振り返りました。
無題
勝者
まずはエネルギー関連が上位でした。
Devon Energy  (DVN)  179%の上昇
Marathon Oil  (MRO)  146%
Diamondback Energy  (FANG) 123%

そして、
Ford Motor  (F)  136%
Fortinet  (FTNT) 142%
でした。

敗者は
Penn National Gaming  (PENN) 40%下落
Las Vegas Sands  (LVS)  37% 
Wynn Resorts  (WYNN)

でした。



 

金融マーケットリサーチ会社の TipRanksの2022年の
2022年のトップピックになります。

1つめはGM(GM)になります。

無題


2つめはDigitalBridge Group (DBRG)です。

無題

3つめはMatador Resources Company (MTDR)です。
無題

注目です。


バロンズ社2022年の米国株トップピック10になります。

無題




無題

注目です。

 

 S&P 500 は2021年29%上昇しました、そして歴史的にみると
2022年はより上昇すると示唆しているようです。
After a nearly 29% total return for the S&P 500 this year, history suggests 2022 may see more gains for investors.

Truist Advisory Services の Keith Lerner によると1950年までさかのぼると
25%以上上昇した次の年は82%の確率で次の年も上昇しているようです。

ダメだった年は1981年と1990年などがありますが、そのときはリセッションでした。

Keith Lerner は2021年よりは小さいが上昇を予想しています。


無題

注目です。



↑このページのトップヘ