会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

ビットコイン(BTC)は2020年に回復しました。
そして2021年には最高値の$41,000までにいきました。
この値上がり利益の恩恵をうける一つの方法は仮想通貨のマイニング
銘柄に投資することです。

無題


以下4つが投資を検討すべき仮想通貨マイニングの銘柄のようです。

  • Riot Blockchain (NASDAQ:RIOT)

  • Marathon Patent Group (NASDAQ:MARA)

  • Canaan (NASDAQ:CAN)

  • HIVE Blockchain Technologies (OTC:HVBTF)


例えば、マラソンパテントグループのMARAですが
企業価値は小さい部類でリスクをとると
思われますが、ビットコインの価値が$28,000と仮定しても、
売上$618 million、粗利益$523 millionを得ることができると言われています。


マラソンパテントグループのMARA 株価
無題

注目です。

 

1月12日はナスダック0.3%の下げ、S&P 500 は0.4%以上の下げ、
ダウは0.2%の下げでした。
中小企業のRussell 2000 がアウトパフォームして、1.1%上げました。

11月4日の大統領選挙以降インベスタービジネスデイリー(IBD)ではマーケットは
アップトレンドと確定し、そしてそれをリーディングの銘柄で底打ちが確認できたもの
を買ってよいサインとしてきました。
ゴールドマン(GS)とJPモルガンは最高値を更新しながら、
2%以上上昇しました。
ゴールドマン(GS)はBuyポイントの 225.34 から30%以上の上昇を果たしました、
JPモルガン(JPM)は55週後に141.20 buy をBuyポイントとして、大きなカップベース
を形成しています。
これらが勝者で、敗者としては
メルク(MRK)、セールスフォース(CRM)、ディズニー(DIS)が2%以上の
下落をしました。

自動車、小売りなどは上昇しました。

JPモルガン(JPM)株価
無題

上記のような大きなカップベースを形成しています。
注目です。

 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-slips-nasdaq-rises-tesla-stock-rebounds-etsy-soars/?src=A00220

著名な投資家ジム・クレイマーがプラグパワー(PLUG)のCEO兼プレジデントの
Andy Marshと対談しました。


無題

プラグパワー(PLUG)といえば、水素のフォークリフトを
製造していて、代替エネルギー変革の先端をいっている企業として有名です。
そして、先日にも韓国のSKグループとパートナシップを結んだことを
発表しました。
ジム・クレイマー
「パートナシップについてはどう考えていますか?」

Andy Marsh
「韓国の財閥も我々と組むことで水素燃料ステーション建設からからグリーン水素と
バックアップ施設まで全部できるよう確信し、我々とパートナシップを結びました。」

ジム・クレイマー
「どのくらいのポテンシャルになりますか?」

Andy Marsh
「2040年には グリーン水素は$40 billionになると予想されています。
韓国ではUSで使用されている150倍のグリーン水素を使用するよう計画しています。
また、アジアやヨーロッパでさらなるニュースもあるとおもいます。」

ジム
「ありがとうございます。」
ジム
「ワシントンはいま、混乱しているけど、企業はこのようなことには対策はたてているので
心配しなくていい。」




 

ベストな証券会社といわれているところは、木だけでなく、森もみて
銘柄を推奨します。
オッペンハイマー証券のチーフ投資ストラジストであるJohn Stoltzfusは
森も大局観もまじえながら、話します。

80%以上の上昇余地のある3つの銘柄として
以下3つを上げています。

1、ミラジェン・セラピューティクス(Miragen Therapeutics Inc.) (MGEN)
2、Oric Pharmaceuticals (ORIC)
3、Triterras (TRIT)


1、ミラジェン・セラピューティクス(Miragen Therapeutics Inc.) (MGEN)ですが
甲状腺眼症 Thyroid eye disease関連でいままでに適切に治療できなかった医薬品の候補
VRDN-001, an anti-IGF-1R monoclonal antibodyとして、クリニカルステージのリサーチを
行っている最中です。
目標価格は$37になっています。

無題


ミラジェン・セラピューティクス(Miragen Therapeutics Inc.) (MGEN)株価
無題

2、Oric Pharmaceuticals (ORIC)ですが、多くの病気が薬に対して耐性を
もってきています。Oric Pharmaceuticals (ORIC)はとくにガンの耐性に
関する研究をしています。期待されている
glucocorticoid receptor (GR) antagonistとして
ORIC-101はフェイズ1にはいっています。
目標株価は$62です。

Oric Pharmaceuticals (ORIC) 株価
無題


3、Triterras (TRIT)
Triterras (TRIT)はフィンティックの会社になります。
オンライントレードや、トレードファイナンスのプラットフォームを
ブロックチェーン技術で提供します。
目標株価は$19です。


無題

注目です。

 

↑このページのトップヘ