会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

現在ワクチン銘柄は注目されていますが、
その中でもノババックス(NVAX)とヴァックスアート(VXRT)は
とくに注目されているようです。
ノババックス(NVAX)株価は2,700%、ヴァックスアート(VXRT)は
4,000%の上昇をみせています。

無題

投資家の関心はどちらの銘柄が勝ち馬になるのかどうかということかもしれません。

この記事ではどちらが勝ち馬になりうるのか検討しています。

COVID-19のワクチンレース状況ですが、
ノババックス(NVAX)とヴァックスアート(VXRT)を比べると
進捗ではノババックス(NVAX)のほうが明らかに先をいっているようです。

ノババックス(NVAX)は5月末に1/2 clinical の研究を発表し、今月には
結果の発表がある予定です。一方でバックスアートはプレクリニカル
の段階です。夏の終わりにはフェイズ1の研究を始めたい意向です。

ノババックス(NVAX)が優位なのはファンディングもあります。
オペレーションワープスピード計画から
 $1.6 billionのファンドもうけることがきまっています。


ヴァックスアート(VXRT)の優位性は錠剤で飲めるというところにあります。
ほとんどのワクチンが注射でそのワクチンは冷蔵で保管しなければいけないところを
錠剤ならば室温で保管できます。これは数多く供給しなければいけない
ということを考えると大きい優位点となります。

結論をいえば、ノババックス(NVAX)とヴァックスアート(VXRT)を
比べた場合はより勝ち組はノババックス(NVAX)のようです。
しかし、空振りの確率も高いですが、当たったときにより大きいリターンを
もたらすのはヴァックスアート(VXRT)のようです。

注目です。


 

7月17日(金)でもっとも注目され、上昇したのはワクチン銘柄とヘルスケア銘柄
でした。新型コロナウィルス感染者数が上昇しているなかで、
力強く上昇する銘柄は知っておきたいところです。以下が
5つが金曜日強く上昇した銘柄になります。

無題

1、VBI ワクチンズ(VBIV)
2、モデルナ(MRNA)
3、ノババックス(NVAX)
4、ダイナバックステクノロジー(DVAX)
5、クワイデル(QDEL)


になります。

1、VBI ワクチンズ(VBIV)株価
無題

2、モデルナ(MRNA)
無題

3、ノババックス(NVAX)
無題

4、ダイナバックステクノロジー(DVAX)
無題

5、クワイデル(QDEL)
無題

4月15日にはクワイデル(QDEL)$109前後でしたが、3か月後に
$267になっていると予想できた人はいないだろうと思う銘柄です。。。

上記5つは注目です。

モデルナ(MRNA)ですが、今週抗体に関して良いデータを
示したことで赤線の10週移動平均線を超えてきました。
これまで30%の上昇をみせ、カップウィズハンドルを
形成しつつあり、さらに注目です。

無題



モデルナ(MRNA)株価
 無題
Investor daily.com


モデルナ(MRNA)ですが7月20日(月)からナスダック100
に採用されることが決まりました。


無題
モデルナ(MRNA)の株価は今後上昇基調になるかどうかは
注目すべきところです。
先月ナスダック100に採用されたドキュサイン(DOCU)ですが
6月15日に発表され、その時は株価$162くらいですが、現在は$190-$200
まで来ています。

ジェフリー投資証券によるとモデルナ(MRNA)の売上は
年間$5Billionにもなると予測しているところもあります。

モデルナ(MRNA)株価
 無題





↑このページのトップヘ