会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

フェデクッス(FDX)ですが、
 293.4のBuyポイントを通過して、ブレイクアウト
寸前のようです。

無題

サンクスギビング休暇前でオンライン注文の増加の恩恵をうける
銘柄としても注目のようです。

Relative Strength Lineも過去最高のようです。

無題

https://www.investors.com/research/ibd-stock-of-the-day/fedex-stock-breaks-out-holiday-surge/

The Atlanticの1999年に発行された記事ですが、ダウは36,000にはいくだろう
と言っています。
そして節目となる、30,000には11月24日に達成しました。


無題

過去を振り返ると
1980年から1990年までダウは800から11,000まで上がりました。
しかし、アナリスト達や、ファイナンシャルジャーナリスト達は
その間株価は高すぎる、とても危険だと言い続けていました。

1990年の後半でさえ、アナリスト達は株価は高すぎると
いっていましたが、彼らは間違っていたようです。

この記事ではダウはとりあえず36,000に達するだろうことと、その後は
ゆっくり上昇するだろうと言っています。

この記事ではいくつかのレッスンを提示していますが、
そのうちの一つは
「株というのはどんな時でも(悪いときも良いときも)着実に上昇していくものだ!!」
というのがあります。

注目ですね。

 

11月第3週にアマゾン(AMZN)は医薬品の新しいサービスを発表しました。
これについて、グッドアールエックス(GDRX)CEOのダグが
Yahoo financeでコメントしました。

無題

Yahoo finance
「アマゾン(AMZN)のロジスティクスのパワーを考えると
この発表は脅威になりえますか?」

ダグ
「一般的な考えとは違うかもしれないが、我々のビジネスには
特別的な影響はないよ。」

「アマゾン(AMZN)のこの発表の意図は間違えられて伝えられている。
アマゾン(AMZN)はアメリカの複雑な医療制度の一部で、サードパーティー
に多くを頼らなくてはいけない。サードパーティーが価格を決めるとかね。
医療医薬品のビジネスでできることは
アマゾン(AMZN)でも限られるよ。」

「アマゾン(AMZN)は郵送オーダーシステムを改善しようとしている、そして
医療医薬品も消費者に送ろうとしている。でも、それはとても
困難なことなんだ。」

専門家によるとアマゾン(AMZN)は保険の範囲でないジェネリック医薬品など
だけしか、取扱いできず、クリニカルサービスやワクチンなどの管理者には
なりえないと言っています。

ダグ
「我々はアマゾンのパートナーのインサイドRxともパートナーだった。
アマゾン(AMZN)のできないことの一つは90-day prescriptionsで定期配達できないことだよ。
90-day prescriptionsは90日ごとに定期配達するものだけど、
伝統的なサービスでキーになるものだからね。」

「医薬品の郵送サービスというのは減少しています。パンデミィックでも急増していません。」

「アマゾン(AMZN)の医薬品サービスはこれから厳しい道が続くよ。」

グッドアールエックス(GDRX)株価
無題

著名な投資家ジム・クレイマーが最近のマーケット
と”UP”の10の銘柄について語りました。

無題

ジム・クレイマー
「毎日、毎日、逆風が吹いたり、追い風が吹いたり、どっち
いいかさだまらない日が続いている。我々が考えている予想をまとめよう。」

「今は株価が高くなったり、すぐ急落したりしている。風向きがいろいろ
かわっている。」

「今”UP”銘柄というのを考えた。どんな時も株価が上がっていく銘柄だ。
このような銘柄は下がったら、買いだ。」


「これらUP銘柄10だが、年末ラリーではBuyだ。ただし、一度に買うのでなくて
分けて買うのも有効だ。」

1、スクエア(SQ)

2、ペイパル(PYPL)

3、テスラ(TSLA)
ジム
「これは愛されている銘柄だ。
フォード(F)の時価総額より高くなったときは、株価は高すぎるといわれていたよね。
その次はGMの時価総額より高くなったときも、株価は高すぎるといわれたよ。
上記2つを合わせても今は高くなったよ、次はどうなるのかね??」

4、ロク(ROKU)

5、アマゾン(AMZN)

6、サービスナウ(NOW)

7、オクタ(OKTA)

8、リングセントラル(RING)

9、トゥイリオ(TWLO)

10、ターゲット(TGT)

注目です。

↑このページのトップヘ