会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。1,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

インベスターズビジネスデイリー(IBD)からの記事ですが、
サービスナウ(NOW)、アドビ(ADBE)、エヌビディア(NVDA)
、クアルコム(QCOM)、ヴィーバ(VEEV)などが来週からの注目銘柄になります。

これらはメジャーな指数が50日移動平均のサポート線を割って下がっているにも
かかわらず、サポート線を守っています。

無題

現在マーケットは調整中というトレンドなので、これらの5つの
中を買う場合でも慎重にポジションを小さめに10週間移動平均のあたりで
とっていくのがいいようです。また新しいベースを形成するのを待ち、ブレーク
アウトを狙うのがいいようです。

アドビ(ADBE)ですが、2.6%上昇しバイレンジの470.11 から戻ってきました。
また50日移動平均のサポートもみつかっています。

無題
注目です。

 https://www.investors.com/news/servicenow-stock-nvidia-qualcomm-buy-points-stock-market-rally/

9月23日(水)にIPOしたグッドアールエックスGoodRX(GDRX)ですが、
著名な投資家ジム・クレイマーはグッドアールエックスGoodRX(GDRX)のCEO
と1年前に語っていました。


 無題

ジム
「アメリカの医療制度の問題の1つは透明性がないことだ。
グッドアールエックスGoodRX(GDRX)はそれを解決しようとしている。」
「タグ、なんでみんなグッドアールエックスGoodRX(GDRX)が必要なんだ?
教えてくれ?」

ダグ:共同CEO
「医療をうけるなかで、人によっては医師にアドバイスもらうまでに
2週間待たなければ、ならない人もいます。
グッドアールエックスGoodRX(GDRX)なら、アプリですぐ
医師のアドバイスをもらい、処方薬を薬局に送ってもらうことができます。」

グッドアールエックスGoodRX(GDRX)の医師のアドバイスサービス
無題


ジム
「クーポンのサービスもすごいよね?前$5,000かかっていたのが、
クーポン使って、$1,200で買えるところ
さがせて、本当にドリームだよ!!素晴らしいサービスだよ」

ダグ:共同CEO
「ありがとうございます。現在の医療制度では透明性がなく莫大な
費用がかかっています。薬局でも高くチャージしたくないところもあるので、
アメリカのすべての薬局とも協力しました。」

クーポンに関しては、日本は薬価で薬局が違っても価格が同じですが、
アメリカでは国が決めている薬価というのがないので、店舗ごとに
同じ薬でも価格が相当違うようなので、アメリカならではのサービスと
おもいますが、注目です。

グッドアールエックスGoodRX(GDRX)の処方薬価格一覧
無題


グッドアールエックスGoodRX(GDRX) 株価
無題

米国マーケット9月25日(金)はハイテク株のラリーでした。
テスラ(TSLA)、アップル(AAPL)株が上昇し、ナスダックは2.26%
の上昇でした。
しかし、インベスター・ビジネス・デイリー(IBD)によると
現在のアウトルックはマーケットはまだ調整中。アップトレンド
に転換するのを見守る必要があるようです、転換するのはいつかは
わからないが
すぐ起きる可能性もあるようです。

現在の戦略としてはこの調整でも強さをみせている銘柄をみつけ
ウォッチリストを作成して、アップトレンドの転換になったときに
それらにのれるように準備するのがいいようです。

IBDがこの調整でも強さをみせている銘柄を2つあげています。

1つめはサービスナウ(NOW)、2つ目はヴィーバ(VEEV)なります。


サービスナウ(NOW)はすでに50日移動平均からリバウンドをみせています。

サービスナウ(NOW)株価
無題


注目です。


 https://www.investors.com/market-trend/the-big-picture/stock-market-rally-attempt-continues-nasdaq-leads-servicenow-veeva-systems-buy-points/



BMOキャピタルのチーフ インベストメント ストラジスト Braian Belski
が現在のマーケットについて語りました。


 無題

Braian Belski
「現在の下げは健康的なマーケットではよくある下げです。
9月は昨年は良かったですが、例年いつも最悪の月になります。

現在はパンデミィックで混乱になっていることはわかりますが、
3月に暴落したときは我々は何もしらなかったですが、今は
ウィルスと生きるという方向に向かっています。また、人々は
政治的なことに重きをおきすぎです。

FRBの低金利が今後最低でも2年続くと言うのにマーケットは今年では
フラットになっています。11月、12月に上昇すると私はみており、
ターゲットでは年末にはS&P500は3,650にいくと思っています。」

「ポートフォリオをつくるときは政治的な思惑から作り始めるのはよくありません。
企業のファンダメンタルをみて、ポートフォリオを作成するのがいいです。」


無題


注目です。

↑このページのトップヘ