会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

投資家は利回りが欲しくてたまりません。
 ある手段をいれるとさらにS&P 500は3%近くにと
利回りは高くなります。

インデックスストラジストのHoward Silverblattによると
膨大な自社株買いをいれると1.54% 配当利回りが1.42%が追加され
3%近くになるということです。

自社株買いの良いところはまだ、税がかかるものではないと
いうことです。

2021年も強いキャッシュフローが見込め、多くのヘッドラインで
新型コロナでリザーブしていたキャッシュをきりかえ、
自社株買いが取りあげられるだろうとのことです。

無題


S&P 500の会社は 2021年の第1四半期では$178.1 billionを自社株買いにあてました、
2020年の第4四半期から37%のジャンプとなっています。
自社株買いは配当の支払い額を減らしたり、一株当たりの利益を増やすことにも
なります。以下が
自社株買いトップの会社になります。


S&P 500 Top Buybacks

In the first quarter of 2021

CompanySymbolSectorBuybacks ($ billions)
Apple(AAPL)Information Technology$18.8
Alphabet(GOOGL)Communication Services$11.4
Microsoft(MSFT)Information Technology$6.9
Berkshire Hathaway(BRKB)Financials$6.6
Facebook(FB)Communication Services$5.0
JPMorgan Chase(JPM)Financials$4.8
Oracle(ORCL)Information Technology$4.1
Home Depot(HD)Consumer Discretionary$3.8
Charter Communications(CHTR)Communication Services$3.7
Goldman Sachs Group(GS)Financials$3.6


無題

注目です。

https://www.investors.com/etfs-and-funds/sectors/sp500-double-your-yield-by-including-this-hidden-payment/


インベスタービジネスデイリー(IBD)が厳選している長期リーダーは
より成熟した企業で、安定した成長、安定した株価成長と機関投資家
もホールドしているものになりまっす。
これらの株価はジェットコースターのようなものでないので、
50日移動平均線で拾っていくというのが良い戦略となります。

投資家は50日移動平均線の10%以内で買うことができます。
しかし、今年は難しいマーケットなので、通常の買いポイントか
10週移動平均線のトリガーポイントにより近いところで
買ったほうがいいです。

マーケット不安定でもいける長期銘柄5選は
ペイパル(PYPL)、マイクロソフト(MSFT)、アルファベット(GOOGL)、 Entegris (ENTG) 
Pool Corp. (POOL)
になります。


無題

ペイパル(PYPL)は先週4.4%上がりました。
買いポイントは309.24になります。しかし、アーリーエントリーのポイントは
4月中旬の高値の上277.96になります。先週木曜日、金曜日と
取引ボリュームも増えて、レジスタンスをクリアしてきました。

50日移動平均線を7.9%超えてきて、その他の長期リーダー銘柄よりも
上をいっています。
決算もマーケット予想を超えていました。


無題

注目です。




先週はナスダックは高値圏を維持する一方、ダウや
S&P 500はキーサポートを割るワイルドな週でした。

スナップチャット(SNAP)、ペイパル(PYPL)、ヴェール(VALE)、
インチュイティブサージカル(ISRG)、アマゾン(AMZN)が買いポイントに
近い、買いゾーンに入っています。

アマゾン(AMZN)は先週4.2%上昇して、買いポイント3,554.10
のすぐした、3,486.90までリカバリしてきました。
前年の9月からはずっと底値を固めるうごきでした。

アマゾン(AMZN)のrelative strength lineは上がってきていますが
昨年の高いレベルからは落ちています。
アマゾン(AMZN)プライムデーが21日月曜日から始まります、そこで
どれくらいプライムメンバーを獲得できるかも焦点になってきます。


無題

今なにをすべきか??

現在のマーケットでは新しい買いはややリスキーになります。
比較的良いのがアマゾン(AMZN)、ペイパル(PYPL)、マイクロソフト(MSFT)
などですが、そのほかはそれほどありません。
現在はマーケットへのエクスポージュアを増やすべきではないようです。

先週のマーケットをみて、ハイテクに流れているのを見てポートフォリオ
も検討して、準備をすべきそうです。



https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-market-rally-warnings-amazon-prime-day-amzn-stock-near-buys-bitcoin-pirce/

著名な投資家ジム・クレイマーがマーケットについて
コメントしました。

ジム・クレイマー
「FRBは今警告モードだ、警告しているので、惨いことになるかもしれない。
歴史的にも6月末はタフなんだ。悪いニュースとしては
このセルオフはまだ終わっていないかもしれない。」


無題

21日月曜日
ジム・クレイマー
「St. Louis Fed President のJames Bullardがまだ2022年の金利上げについて
話をやめなければ、ダウなどは下げるだろうね、そしてそれはハイグロース株に
お金が向かうことになるだろう。経済が低成長なままでもそれらは光かがやくだろうから。
アドビ(ADBE)、エヌビディエダ(NVDA)なんかがそうだね。いくつかの
建設株、農業機械、宇宙、工業、石油関連なんかもそうだね。」

22日火曜日
「もし、パウエル議長がBullardのコメントを無効化しなければ、マーケットは
下がるだろうね。そしたら、一握りの株を買うよ。アドビ(ADBE)、アマゾン(AMZN)、
AMDだね、買うとしたら」


無題


注目です。



 

↑このページのトップヘ