会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す - 役に立つ最新の米国株情報とポートフォリオの考え方を発信します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)と配当株の米国株でお金持ちを目指します。最新の米国株関連、米国文化等役に立つ情報を発信します。2,000万円以上のポートフォリオを運営しながら、ポートフォリオについても研究します。

ダウ先物木曜日の夜はプラスになっています。しかし、一方で
 S&P 500はやや下げ、そしてナスダックは下げとなっています。
 S&P 500とダウは最高値を更新しましたが、アマゾン(AMZN)とピンタレスト(PINS)
が決算発表後売られています。

アマゾン(AMZN)は売上予想に届かなかったことで売られ、
ピンタレスト(PINS)はユーザ数が失望されたことで売られています。


無題

ピンタレスト(PINS)は時間外で19%の下げになっています。
ピンタレスト(PINS)の早期エントリーポイントは81.87で、
公式な買いポイントは90となっています。

無題
アマゾン(AMZN)ですが、利益は予想より良かったですが、売上が
期待はずれでした。そして、第2四半期のガイダンスも予想に届きませんでした。
アマゾン(AMZN)株価は時間外で7%の下げとなっていて、底値をさぐる
展開となりそうです。3,524.96のカップウィズハンドルを保ててはいるものの
注意が必要です。

無題

テスラ(TSLA)ですが、株価はリバンドしており
早期買いポイントは700.10 で、テクニカルのキーポイントは 780.89
となっています。

注目です。

 https://www.investors.com/market-trend/stock-market-today/dow-jones-futures-amazon-pinterest-skyworks-slump-on-earnings-after-s-and-p-500-hits-highs-tesla-stock-flashes-buy-signal/

今現在、銀行株の成長はスローになっているようです。
しかし、投資家が銀行株に投資しておくには
理由があります。それは
銀行株の信頼できる配当です。特に、金利が低くなっているときは
配当でそれなりにもらえるというのはありがたいことです。

今10年金利は1.2%より低くなっています。そして、それが銀行株低迷の
理由にもなっています。しかし、そのような時には
銀行株はそれなりの配当利回りで株を保有するチャンスでもあります。


 無題

以下が配当株として3%以上の利回りを持つ、注目すべき地方銀行株になります。

Note: P/TBV=price to tangible book value

Source: FactSet


注目です。


より多くのエコノミストがインフレーションについて警告しています。
そして、その理由で多くの投資家がインカムをゲットできる銘柄に
フォーカスしています。
配当株というのはインカムをゲットできるとともに、キャピタルゲインも
狙うことができます。

リサーチによると投資家は良い配当を求めて株価を求める傾向もあります。


無題

ここでファンダメンタルも強く、利益も安定している、配当株で安定している
銘柄が以下の7つになります。10年の長期投資にも適していると
考えられます。


1、Abbvie (NYSE:ABBV)

2、Altria (NYSE:MO)

3、Annaly Capital Management (NYSE:NLY)

4、AT&T (NYSE:T)

5、Equitrans Midstream (NYSE:ETRN)

6、iShares Global Utilities ETF (NYSEARCA:JXI)

7、SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF (NYSEARCA:SPYD)

注目です。

 

ファイザー(PFE)株価は7月後半にブレイクアウトの領域に入りました。
その時、ファイザー(PFE)はデルタ株に取り組むと発表しました。

また、ファイザー(PFE)はバイオンテック(BNTX)と共同して
デルタ株のブースター接種のテストもしています。

過去ではバイデン大統領がワクチンの知的財産を放棄するという発表を
したとき、ファイザー(PFE)の株価は下げました。

ファイザー(PFE)株価は2つ目のカップウィズハンドルを形成して
買いポイントよりやや上にいっています。
ファイザー(PFE)は年度のガイダンスを上方修正しました。

7月22日に買いポイント 41.19 でのカップウィズハンドルを形成しました。
7月9日には50日移動平均線を取り戻しました、そして、200日移動平均線よりも
上で推移しています。そのトレンドが22日まで続いています。

ファイザー(PFE)株は現在買いなのか?

インベスタービジネスデイリー(IBD)では今は買いと言っています。
株価はカップウィズハンドルからちょっと抜けたところで、まだ買いゾーンよりは上に
抜けていません。買いポイントまで行って、5%以内のところで買うのがベストになります。
また決算では第2四半期は強気になっています。

また、今後のワクチン製造の状況も見守る必要があります。


無題
注目です。

↑このページのトップヘ